介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

地域ケアとは

  昨日、地域ケアシステムについての講演会に参加してきました。

そこで、地域活動をしている人からの提案で、「専門職が枠をつくっている」

っていうのがありました。

介護保険が出来て、介護の専門職が出来、また、障害者の専門職がいて、

「高齢者だから」「障害者だから」「子供だから」ってんで、

対象が、その人だけしか見ていない

でも、地域には、0歳から90歳以上の人もいるし、障害者の人も暮らす必要も

ある。

これからの地域は、丸ごとでやらないとダメと言う。

そして、いままでの制度とか申請とか、とかくめんどくさい。取っ払っちゃわないと

出来ないと言う。

また、これからの専門職は、アウトリーチで、地域に溶け込めないと真の地域ケアなんか

出来ないと言っていた。


ぼくも、今は、GHに居ますが、仕事を止めたら、地元(生まれ育った現在地)の

地域活動に本格的に参加する予定です。

おととしまで、参加していた活動は、空き家を開放して、幼稚園の子供からお年寄り

までの人が集まっているような場所の提供の世話人をしておりました。

東京の多摩地区も、最近は、高齢者率も高まりました。元気なお年寄りが、近所の

人の世話をするという活動もあるようです。 また、うちの市では、認知症の人の見守りボランティア活動

もあります。

昨日の講演会には、厚労省のお役人も来ておりました。 も~~~!お仕着せの社会保障は、限界なんでしょう。

3丁目の夕日の世界に戻らないとダメなのかもしれませんね。

介護が、お仕着せでは、済まなくなったようです。

ぼくも、仕事が暇になったら、いろいろとやってみたいです。 

コメント

zooさん
お疲れ様です。

お忙しい中、地域ケアの勉強会に行ってこられたのです ね。

内容を載せてくださってありがとうございます!!
私、頷くことばかりです。

色々、今まで見てきて、体験してきて
地域ぐるみでやらないとと思っているところで~~
まさに、私がやりたいことです!!

今月で仕事辞めるので、
落ち着いたら私やってみます。
どこまで出来るかわからないけど~
また色々教えていただきたいです。

ありがとうございます!!

agunes

agnesさんコメントありがとうございます
 ぼくは、生まれてからずっと、同じ所に居ます。
周りが子供の頃からの知り合いもいます。 60過ぎたおじさんですが、近所の人が「〇〇ちゃん」な んて言う人もいます。 戦後の新興住宅地ですが、今や高齢化率も高くなり、そ んな中で、やはり地域って何かを常に考えており、今回 の講演会に参加しました。
 一昨年まで、地元の民生委員の人がやっていた、地域振 興の活動に参加しておりました。 ホントに、地域ケアとは、行政のお仕着せでなく、住民 自らが行わないといけないって事ですよね。
 一緒にがんばりましょうね。

zoo

コメントするには会員登録が必要です

ログイン/会員登録

プロフィール

zooさん

zoo

家族介護から介護の世界に入り ました。 認知症介護専門にがんばってい ます。 社会福祉士と精神保健福祉士の 資格を取得しました。平成28年 9月より、GHの管理者になり ましたが、いろいろありまして 、平成29年6月よりケアマネ兼 介護職に戻りました。 どういうわけか、来年の1月よ り管理者に復帰することになり ました。よろしくお願いいたし ます。

カテゴリ

過去の記事