介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

マウンティングを客観的に

すごいねよく耐えられるね、私はもう耐えられない、と言われることがある。

その度になんだか申し訳ない気持ちになる。
 
とあるマウンティングはその傾向上、私にはあまり響いてこず、脊髄反射か承認欲求青天井にしか聞こえない(;´Д`)
それよりすごいのは私じゃなくて、見せつけられ聞かされ同意してもされることはされる…そんな役回りのあなただよと言いそうになる。ちらとしか話さないが私のことも相当聞かされていると思われた。
 
グループ意識のある面子と基本キモチイイだけのマウンティングをする職員は、分かってない!が口癖で、業界慣れしていない職員には苦い薬になっているようだし。
仲良しさんと一緒なら無敵になっちゃう小学生状態の職員からも、見てくれないというボヤキをよく聞く…。
 
 
ううーん (´・ω・`)?
 
よくわかんないな、いやわかる気もするけど。それぞれがそれぞれに何か違うもの求めすぎなんでないかいね。仕事に私情からめたらテンション上がるだろうけど、ずぶずぶはちょっとな…。
 
声張りたくない目立つことも超絶苦手で豆腐メンタルな坂田は思うんだよ。たまには黙ってアイコンタクトすればいいんじゃないかね。見てない認められてないなんて思わなくなってくるよ。
…なんてね。

コメント

コメントするには会員登録が必要です

ログイン/会員登録

プロフィール

今は施設で働いています。
たまに浮気します。