介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

もう辞めたんだけどね。。。

 やはり一番気になるのは入居者様の事。。。

スタッフの絶対数が不足してるし、そのスタッフの質にしても以前から評判悪い人だけが残っている。

それが私のいた施設の現在。。。オープンしてから一番最悪な環境が今ここにある。

辞めたスタッフ各々が入居者様達を心配している。

施設を辞めた今、何故かチームワークが発揮されている。

やはり辞めて行ったスタッフは入居者様達の事を思っていたからこそ、未だに何か出来ればという想いがある。


先日サ責とお茶しながら話をした。
今までは仕事中は忙しいから、業務連絡とたま〜に仕事の相談しかしたことはなかった。
だからお互いに腹を割って、長時間話しをするのは初めてでした。

サ責も辞めたものの、何とか入居者様を救いたいと思っている。
最近の施設の状況を耳にすると、自分が決断を下す余裕もあまりない。
自分が戻り、施設を立て直しするには信頼出来る仲間が必要。
いざとなったらヤル気はあるが、果たしてその選択は正しいのか???

そんな感じでした。
サ責も今までとは違う【何か】を肌で感じていたようです。
それは私も一緒。

『辞めてしまえば、あとは野となれ山となれ。』

そう思えない【何か】がある。確実に!
それはやはり今まで入居者様との関わりの中で私達が育んできたものがあるから。
だからこそ後ろ髪引かれるものがある。。。

『施設長をクビにしてもらい、サ責が戻ってやればいいんだよ。』
『サ責が戻ってやるなら、私も手伝う。』

そんな声も囁かれるが、私はそれはちょっと違うと思っている。

『サ責がやれば。。。』って、他力本願な意見をまことしやかに言う人。私は嫌い。

もし自分がサ責の立場だったらどう思う?
担ぎ上げられたけど、協力者が集まらなかったら?

たった一人だけの力や想いだけじゃ、立ちはだかる困難には立ち向かえないよね。

『じゃあ、そう言う貴女はサ責を担ぎ上げるだけの行動は出来ますか?』

私は友人になった元スタッフにそうメッセージ送信した。にじり寄った。
するとその彼女から返って来た言葉は、

『私は◯◯だから、無理なんだよね〜』

ほ〜ら、やっぱり!
ついさっきまで理想論を掲げていたけど、現実的には無理なんじゃん!(-_-#)

『出来ない事は言わないで。』

そう私がその彼女に伝えた後、彼女は殻に閉じ籠られましたね〜。

『◯◯ちゃんがやるなら、私もやる〜♪』

そういうのはある程度年を重ねて来たら止めて頂きたいわ。。。

『私は〜〜するけど、貴女はどうする?』

自分自身の身の処し方を決めた上で、他者に提案して欲しい。


いつでもブレない自分軸を作り上げて行きたいです。





コメント

お疲れ様です。

せっかく辞めたあとも
コンタクトがとれているのに
イマイチ、皆さん悩まれてどうしたら良いか
考えあぐねていますね。

どこからともなく
この状況、何とかしなくてはいけませんよね?と
声が上がって自然発生的に、
『入居者さま救済活動』が芽生えてほしいと
願わくは、一役どこかで出来ることがあったら?という のが
本音かもしれない。

でも、どっちにしろ悩ましいですね。
元サ責さんをはじめ、
みなさん辞めてしまっているから


主体性のない元スタッフが言った
『◯◯ちゃんがやるなら、私もやる〜♪』
という態度は
私もちょっといい歳をして(社会人として)
自分で決められないの?と思います。

agunes

agunesさん、こんばんは!

一応サ責と私の会話の中で、突然サ責が
『今から役所行こっか!』
『行きましょう!!』
となり、役所には苦情を入れに行きました。

そこで高齢福祉課の課長さんから衝撃の事実を聞かされ た私達。。。

『やっぱ、会社(社長)自体もヤバいな…』

って思っちゃった。

今は行政がどう動くのか、待つのみですね。

とりあえず施設長がいなくなったら【入居者様のお友達 】として顔を見せに行きたいですね♪(*^-^*)

せしりあ

コメントするには会員登録が必要です

ログイン/会員登録

プロフィール

母の療養生活がきっかけで介護 に興味を持ちました。
【個人の尊厳】を大切にする介 護者になるべく、日々利用者様 と向き合ってます。
経験値は低いですが【思いやり 】を大事に、これから経験を積 んで行きたいです。
近い将来の夢は介護福祉士資格 の取得。
その先の夢は【ケアする人のケ ア】の水先案内人です。

広い意味での【目に見えない物 】を信じるし、そういう部分に 大変興味があります。