介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

病院の矛盾と思う事

 病院って、病や怪我を治療する場所よね?
入院した利用者のほぼ100%が、褥瘡こさえて帰ってくる。
で、施設で治療する。

おかしな話だ。

患者の痛みに鈍感なのかな?
訴えあっても薬打って落ち着かせるのが仕事だしね。

「馬鹿にしてるの?」

ええ。病院ワーカー、馬鹿にしてるよ。
馬鹿にされてるってわかってるなら、馬鹿にされない様に褥瘡対策したり、誤嚥性肺炎対策したりしてくれ。

…あ、増えたの気付いた?そう。誤嚥性肺炎も「患って」帰ってくる利用者、多いんだ。

もう一度聞いて良い?
病院って、病や怪我を治療する場所よね?

コメント

こんばんは!
 今の日本の医療は、医は算術ですね。 病とケガを治すだけです。 全体を見ません。誤嚥性肺炎で認知症の人が、入院する と、誤嚥性の肺炎は治っても、ほとんどの人が認知症が 悪くなる。そして、多くの人が褥瘡を作って帰ってくる よ。 だって、治療はしても、ケアはしないからね。
 今の病院は、その場しのぎで、その場の病とケガだけを 治すところです。そして、医療費がかかりすぎると治ら なくても退院させてしまう所です。

zoo

認知症になってしまった超高齢者は、誤嚥性肺炎をおこ しやすい。
誤嚥性肺炎になって入院と、ならないようにすることが 、施設介護職の仕事です。

・医師からみた「生きている」という定義は「心臓が拍 動している」ことです。

★「心臓が拍動しているだけでは『人は生きている』とは 、言えない。』と、僕は心の中では思っている。

「生きている」≠「活きている」

山部呼六

おつかれ様です。

爪水虫悪化して戻ってくる方も多いです…
(*´ω`*)

病院ワーカーはナースに逆らえないことも多いので、ワ ーカーよりナースや医師の問題もあると思います。

るしあ

介護初めての職場が病院でした。

医者は入院した原因を治療し終えたら基本Nsに丸投げ。
Nsは、夜間巡視はワーカー任せで「生きてるか死んでる か確認して、死んでたら教えて」と指示飛ばしたらNsセ ンターで雑談。
ワーカーは言われた通りに動くのみ。体位変換は、パッ ド交換の時のみ。
月イチのミーティングで「褥瘡予防の体位変換しません か?」と提案しても誰も動かず。
先輩の目を盗んで体位変換しても「そんな事して、患者 が骨折でもしたら俺(リーダー)が叱られるんだ」と理 解に苦しむお叱りを受け。

…かれこれ12年くらい前の事なので、今は違う対応をして いるのかもしれませんが、ワシの勤め先の近隣の病院か ら退院してくる利用者の、本当にほぼ100%が、褥瘡こさ え、誤嚥性肺炎未完治状態という有様。


なんか介護保険制度の解釈通知を読んでたら、ふと思い 立ってしまい、勢いでブログ投下した次第です。

御三方様、コメントありがとうございます(^-^)

legna

あれ、私はこれから病院に勤務するのですが…。病院のや り方で、悪化させてしまう所が有るとは!

おさる3572

コメントするには会員登録が必要です

ログイン/会員登録

プロフィール