介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

こんなこと言ったら怒られるかも知れな い…

誰にも言えず毎日毎食感じている事。

老衰で食べようとしない利用者さんに無理やり食べさせている感。
ゼリー食でさえむせたり飲み込めなかったりするのに、ポジショニング中に既にゴロ音するのに、何度も何度も誤嚥性肺炎で入院しているのに、何のために?誰のために?

利用者さんに長生きしてもらいたい、穏やかに過ごして欲しいといつも思って接しているつもりです。
ご家族の、食べさせてあげたい!という気持ちもとても分かります。
でも、なかなか開眼も開口も出来なくて、30°でティースプーンすり切り一杯のゼリーを2回も3回もごっくんしても飲み込めなくて、辛そうな利用者さんにどんどん食べさせようとするのは辛い。
そして誤嚥も怖い。

もし、仕事じゃなく自分の祖父母とかだったらどうだろう?
やっぱり食べて欲しいかな?辛そうでも?長生きはして欲しい。

ご家族の強すぎる想い、というのはいろんな意見を聞けていい事もあるけど、ご本人の状態からは無理な経口摂取へのこだわりがあったりして悩む。

ドクターから胃瘻を勧められているのに義歯を作成して下さいとか…
どう接していけば良いか難しい。

コメント

悩みながらも、一所懸命に仕事されている、みならいさ んへ。

胃ろうにすると数年単位で寿命が延びますね。
しかし、そういう状態が果たして、本当に「生きている 」といえるのかどうか?という疑問に直面されているの ですね。

高齢者は、多くの方々が「胃ろうにしてまで生き永らえ たくはない!」と、おっしゃいます。

本来は義歯でも【食べる楽しみ】が有るに越したことは ない、と思います。
が、みならいさんの担当のかたは、義歯だけの問題では なさそうですね。

胃ろうにせよ義歯作成にせよ、お金の掛かることなので 、何とも言い難い。

「個人の死生観の違い」といったところでしょうか。

★自分の親だったら...、自分だったら...、自分の 子供だとしたら...
どうされたいのか?どうしたいのか?
模索しながらお仕事ガ・ン・バ・レ~!
(^.^)/~~~

山部呼六

山部呼六さん おはようございます(*´꒳`*)

この利用者さんがもし家族であれば家族として悩むだろ うし、家族じゃないから職員として悩むといった感じで す。
きっと言わないだけで皆が思っていますよね。
どちらを選択しても後悔する。
これが正解です!ってマニュアルでもあればいいのにと 思います(*´꒳`*)

みならい

お仕事お疲れ様です。

みならいさんのお気持ちは利用者目線に立っていると感 じました。
私はとても素敵な事だと思います。

ただみならいさんは御家族ではないので、そこが辛いと ころですよね。
でももし一介護職員として、利用者様と日々接して観察 している人として、みならいさんが御家族様にお会いし た時に客観的な視点での現状報告をする事は可能だと思 います。

御家族様は限定的な部分しか把握出来ていないので、判 断材料も少ないものです。
みならいさんが御家族様とよいコミュニケーションがと れていればそこから信頼関係も生まれます。
そうした中で提案してみることは出来ますよ♪

みならいさんが利用者様を思う気持ちはきっと御家族に も伝わるハズです。

引き続き、みならいさんらしい介護をなさって下さいね !
陰ながら応援しております。。。

せしりあ

せしりあさん こんにちは(*´꒳`*)
応援ありがとうございます。

コメント頂いて、あっ!と思いました。
ご家族は元気だった頃のイメージをいつまでも持ち続け ているから、今現在の様子を伝えていけば温度差が縮ま るかも知れないですね。
私らしく…ちょっとお節介な介護を目指して頑張ります。

みならい

コメントするには会員登録が必要です

ログイン/会員登録

プロフィール

特養勤務。パートの洗濯係から 正職員として未経験で介護に携 わる事になり日々奮闘しており ます。
いろいろなアドバイスをお願い 致します。