介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

高齢者サポート


 高齢化が進み、認知症も身近な病気になっています。
認知症を発症すると、コミュニケーションや日常生活に支障をきたすようになり、自立した生活が困難になります。
本人も家族も戸惑いや不安を抱えますが、正しい知識をもつことで、余計な不安やイライラが軽減されて、向き合い方が見えてきます。
早期の受診や対応の工夫、治療から予防まで、認知症について知っておきたいことをまとめてご紹介します。
介護保険法とは、1997年12月に公布された法律で、要支援や要介護状態の方のために、 
保健医療サービスや福祉サービスの給付を行うことを目的にしています。 
要支援・要介護とも同様の手続きになり、利用者の負担や、介護する家族の負担を軽減できるようなサービスを自由に選択できるように改められ、介護を国民全体で支える新しい仕組みとして誕生しました (介護保険制度として2000年4月に導入)。
介護が必要になった場合に、まず相談したいのが地域包括支援センターです。高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けられるよう、介護サービスや日常生活支援などの相談に応じています。 「高齢者サポートセンター」など、各自治体で名称が異なる場合がありますが、いずれも「地域包括ケア」の中核を担う役割を持っています。

関連記事:
http://yamamoto123.dokkin.com/nk-20180831.html 
http://whazzup-u.com/profiles/blogs/6598105:BlogPost:11860047

コメント

コメントするには会員登録が必要です

ログイン/会員登録

プロフィール