介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ほぼ愚痴

客観視できてない、
読みづらい、
主観&自分語りが苦手な方はブラウザバックで。

少しヘコんだ

ここへ来ての私は6割方A先輩でできている。だからとい う訳ではないだろうが時々すごく甘やかされている気が してならない… いつから見ていたのか見られ待ちしてい たよと言いたげにスンとした目と合った。 A先輩「イイ よ」 坂田「…ハイ」 坂田が次になにしたいか(するか)見 切った上で少し迷うのを見越しての後押し…

続きを読む

コメント(0)

仕様なんです

お仕事スイッチが入っているときの対利用者コミュニケ ーションスキルは、数年経てば少しは形にもなるが。ど うも私は、対人というより、対職員コミュニケーション スキルが底辺のようだorz 転職してもう暫く経つのに昼 休みに数分でも電源落とさないと(※)ショートしてしまう レベルで未だに緊張している自覚がある。 ※…

続きを読む

コメント(0)

ツンしか無い

自分の中で、お仕事終わるぞカウントダウンが始まった 頃…その日、初めて至近距離で顔を合わせた利用者からひ とこと。 「おめえ、おかしーんじゃねーの」     ん ま゛ ?    その声色に油断して変な声がでちゃった(爆)自身 の日本語が迷子になったことに焦って正直に、今日はち ょっと調子が悪くてね、と笑った…

続きを読む

コメント(0)

不穏、からの…

不穏で自身の訴えに忠実に、ありったけの気持ちを叫び ぶつけてきた利用者が、ぱちんと明かりをつけるかのよ うに我に返った。 「あんたはよう、諭すタイプなんだあ なあ」「あんたこそ立派な人間んだお」 それまで静かに ゆっくりと正論のみ(笑)を伝えてやることをやっていた 私は、言葉を失い手を止めた。利用者はうしゃし…

続きを読む

コメント(0)

ちゃんと覚えてるよ

お世話になった医師が亡くなって1年が経つ。親も子供も 叱れるいいおばちゃんだった。最後に叱ってもらったの はいつだったか、その頃には既に病魔に侵されていたの だと思うと胸がぎゅっとなった。気丈に振る舞い、身を 切るような思いで言葉を紡いでいたであろう。それは誰 のため…? 継ぐ人もなく空っぽになった小児科。吹…

続きを読む

コメント(0)

プロフィール

病院、デイ、を経験して今は施 設にいます。