介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護の専門性とは

日々の業務の中で感じていることを書いていきたいと思います。

生活援助の重要性

生活援助が45分になることを話し合われています。在宅 では、生活援助が大事なサービスだと思います。掃除屋 ではないことをアピールしていかなくてはなりません。 掃除屋さんとの違いは、転倒の危険性のある利用者さん に、散らかっているいる部屋を片付けて転倒の危険性を 減らしたりできる。調理では、その方の病態を考えて…

続きを読む

コメント(2)

訪問介護の役割

地域の栄養士の方達の集まりに参加してきます。内容は 、「訪問介護の現場から見た高齢者の栄養」と題して11 月に講師をしてきます。栄養士さんも在宅での高齢者さ んがどのようにして暮らしているかを知りたいというこ とで、実現しました。こちらからも色々と発信しながら 、他職種との交流を図っていければと思います。高齢…

続きを読む

コメント(2)

紙パンツをしてみて

紙パンツ、尿取りパットをして日中過ごしてみました。 私の感想ゴワゴワ感があって、履くだけでなんとなく嫌 な気分になりました。自転車に乗って買い物や普通に生 活しました。通気性も良くゴムで締め付けられている感 じもありませんでした。履いている違和感はありました 。排尿をしてみると、漏れたんじゃないかと思ったら、 …

続きを読む

コメント(2)

食事は大事。

私が、介護に入りたての頃は温かいものは、温かいうち に。冷たいものは冷たいうちに食べてもらうことがQOLに つながると教えてもらいました。今では、配食弁当を頼 む方が多くなって、本当に弁当だと味気ないだろうな。 と思います。食は大事と言われているが、高齢者の食事 は置いていかれているような気がします。コンビニ…

続きを読む

コメント(2)

講師をしてきました。

施設や病院では管理栄養士さんがいるが、在宅では糖尿 病や、腎臓の方の調理をお願いされてもどうして良いか わからないことが多い。私は、病院の栄養課で調理した 経験があるので、栄養についてはちょっとした経験があ る。知らないのと少しでも知っているのでは大きな違い がある。ヘルパーが栄養について知識を得れば利用者さ …

続きを読む

コメント(0)

プロフィール

現在、所長兼サ責をしています 。身体から、生活まで、こなし ています。
病院で栄養科で調理をしていた 経験あり。刻み食、ミキサー食 も在宅で調理しています。
もともと、調理師からこちらの 世界に入りました。
講師もやっていて、介護の現場 から色々と訴えていきたいと思 います。
遣り甲斐のある仕事なので、そ れを若い人に伝えていきたいで す。
私の記事が載っています。興味 のある方は見てください。
http://www.yomidr.yomiuri.c o.jp/page.jsp?id=33932

ブログも見てください。
http://fanblogs.jp/kaigosen monsei/