介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護の専門性とは

日々の業務の中で感じていることを書いていきたいと思います。

感謝する心

 80代女性の利用者さんと話をした。利用者さん「私の子 供の頃は、母親が今日はご飯が白いご飯よ。と言って白 いご飯が食べられる日が珍しかった。今では五穀米とか 言って健康に良いとか言うけど、白米だけの白いご飯が 有り難かった。」とおっしゃる。その言葉を聞くと、私 は思うことがある。物のない時代に生活をした方は…

続きを読む

コメント(0)

人の感覚

 階段をどうやって登っているかを考える時がある。口で どうやって説明をするか?悩む。足を上げてつまずかな いようにしているのだが、体が勝手にやっている。きっ と体の感覚なのだろう。高齢者の介助を行うと、どちら の足を出したら良いのか?分からなくなる時がある利用 者さんがいらっしゃる。右足を出してと言うと出して…

続きを読む

コメント(0)

出会いは必然

 10年位前に、102歳の男性利用者さんの買い物同行中に 色々な話をした。その中でも出会いは、「必然である。 」という言葉が今でも思い出す。「上から見たら出会い は、必然なんだよ。」と利用者さんがおっしゃっていた 。私は、最初に聞いた時は、何となく分かったような? 分からないような?変な感覚であった。徐々に私…

続きを読む

コメント(0)

他人に関わる気持ちを出す勇気

 正月に出勤した時に、サービスから事務所に戻ると、事 務員さんから声をかけられる。公園に寝ている人がいる 。倒れているのか?寝ているのか?分からない。とのこ と。私が公園に行き、事務員さんも付いてくる。事務員 さんが「声をかけるんですか?]と言うので、私が「ほっ とけないでしょ。だからあなたも私に声をかけたの…

続きを読む

コメント(0)

ケアマネージャーさんとの話

 あるケアマネジャーさんと話をした。そのケアマネさん がおっしゃる。「利用者さんから有難い言葉を頂いた。 あんたは、国から月1万3千円をもらっている。私(利用 者さん)の負担はないが、1万3千円でこれだけのことを やってくれている。有難いことだ。とおっしゃってくれ た。」そんな話をケアマネさんから聞いた。その…

続きを読む

コメント(0)

プロフィール

現在、所長兼サ責をしています 。身体から、生活まで、こなし ています。
病院で栄養科で調理をしていた 経験あり。刻み食、ミキサー食 も在宅で調理しています。
もともと、調理師からこちらの 世界に入りました。
講師もやっていて、介護の現場 から色々と訴えていきたいと思 います。
遣り甲斐のある仕事なので、そ れを若い人に伝えていきたいで す。
私の記事が載っています。興味 のある方は見てください。
http://www.yomidr.yomiuri.c o.jp/page.jsp?id=33932

ブログも見てください。
http://fanblogs.jp/kaigosen monsei/