介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護の専門性とは

日々の業務の中で感じていることを書いていきたいと思います。

信念を感じる。

利用者さんが、ALSになった方がいらした。その方は 、胃ロウにも気管切開はしたくないとおっしゃっていた 。病院の先生は、酸素濃度も下がっているから進めても 拒否。私は、利用者さんの信念を感じた。気管切開や胃 ロウをしたら私は人間ではなくなると。その方の信念を 私は理解した。この方は死に方を選びたいのだと。その …

続きを読む

コメント(3)

専門性とは?

訪問介護の調理が出来なくなってきている。訪問介護の 調理の目的は、温かいものは温かいうちに。冷たいもの は冷たいうちに食べてもらうことがQOLにつながると教え てもらったものだ。現在の訪問介護の現状は、配食弁当 を頼むことが多くなっている。しかし、配食弁当では味 気ないように思う。ヘルパーの入る目的としては、…

続きを読む

コメント(0)

自立支援とは?

自立支援とは何かを考えてみた。「その人らしい生活を 営む為に支援をしていく」というものすごく難しい仕事 に取り組んでいるように思う。自分の価値観を押し付け るのではなく、その人の価値観を共有して、その人のこ だわりにも理解を示しながら、提案をしていくという難 しい仕事だと思う。人は、一人一人価値観や、こだわり …

続きを読む

コメント(2)

食べることは大事

生活援助がだんだん出来なくなってきていて、調理は配 食弁当を頼むのが多くなっています。介護保険が出来た 頃は、冷たい物は冷たいうちに、温かいものは温かいう ちに食べてもらうのがQOLだと教えてもらったが、食 については置き去りになっているような気がします。私 達も、調理について工夫が必要だとは思う。例えば、塩 …

続きを読む

コメント(3)

ターミナルケアからの学び

ターミナルケアで、最後に召し上がったのが、私の作っ た食事でした。食事とは言えるものではなかったが、最 後に言ってくれた言葉が嬉しくも重い言葉だった。「お いしかった。冥土のみやげにするね。」と言って旅立っ て逝った。作ったものは、パウンドケーキ、牛乳、砂糖 を入れてミキサーにかけて食べてもらった。私も夢中だ …

続きを読む

コメント(2)

プロフィール

現在、所長兼サ責をしています 。身体から、生活まで、こなし ています。
病院で栄養科で調理をしていた 経験あり。刻み食、ミキサー食 も在宅で調理しています。
もともと、調理師からこちらの 世界に入りました。
講師もやっていて、介護の現場 から色々と訴えていきたいと思 います。
遣り甲斐のある仕事なので、そ れを若い人に伝えていきたいで す。
私の記事が載っています。興味 のある方は見てください。
http://www.yomidr.yomiuri.c o.jp/page.jsp?id=33932

ブログも見てください。
http://fanblogs.jp/kaigosen monsei/