介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護の専門性とは

日々の業務の中で感じていることを書いていきたいと思います。

困難事例の感想

困難事例の感想をいただきましたので、載せておきます 。 1、私たちも包括で予防プランのケアマネジャーをして いるので、このようなケースにかかわることがあります 。その方の生活歴や家族歴、家族との関係までアセスメ ントができて、このような対応ができているか?改めて 自分を見直しました。お恥ずかしい限りです。(地…

続きを読む

コメント(0)

自社率

あるケアマネさんが打ち明けてくれた。居宅と訪問介護 を持っていると、自社率を上げるために、まずは自分の 会社のために訪問介護事業所に時間が空いているかを聞 いて、自社にお願いするようになっている。上司の命令 だそうです。ケアマネさんとしては、訪問介護事業所に よって、得意な部分と不得意な部分を把握しているので …

続きを読む

コメント(0)

困難ケース事例

8年前に依頼されたケースです。あるケアマネさんから 、事業所を変えたいと依頼があってサービスに入る。夫 婦で暮らしている80代の女性で週1回の清掃であった。 サービスに女性のヘルパーに入ってもらう。3回入った時 のことである。ヘルパーが飴を3個持って帰ったとご本人 から連絡が入る。ヘルパーに聞くと持って帰って…

続きを読む

コメント(1)

サービス提供責任者同士の連携

私は、サービス提供責任者をして9年になりました。介 護保険制度の見直しが度々起きたり、そのたびに振り回 せれて仕事をしているような感じです。サービス提供責 任者の横のつながりもあまりなくて、事業所任せの運営 をしているように思えてなりません。今度、地域のサー ビス提供責任者の集まりをしたいと思っています。サー …

続きを読む

コメント(1)

思い出深い利用者様

これまで、思い出深い利用者はたくさんいますが、なか でも大きな勉強をさせていただいたのは、70代後半のひ とり暮らしの女性・木村さん(仮名)でした。木村さん は、とても気品がある人でしたが、ある日、原因不明の 難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断されました。木村 さんのALS は急速に進行し、嚥下が難しくな…

続きを読む

コメント(2)

プロフィール

現在、所長兼サ責をしています 。身体から、生活まで、こなし ています。
病院で栄養科で調理をしていた 経験あり。刻み食、ミキサー食 も在宅で調理しています。
もともと、調理師からこちらの 世界に入りました。
講師もやっていて、介護の現場 から色々と訴えていきたいと思 います。
遣り甲斐のある仕事なので、そ れを若い人に伝えていきたいで す。
私の記事が載っています。興味 のある方は見てください。
http://www.yomidr.yomiuri.c o.jp/page.jsp?id=33932

ブログも見てください。
http://fanblogs.jp/kaigosen monsei/