介護・福祉の最新ニュース

パーキンソン病 ウォーキングの効果 アメリカ

2014-07-06 00:00

45分間の軽いウォーキングがパーキンソン病の進行を遅らせる
最近の研究で、パーキンソン病を患っている人で、症状が比較的軽い場合、日常的に行うウォーキングにより、体の運動能力を回復することができることが分かった。

パーキンソン病は、中枢神経の特定の神経細胞群が徐々に死んでゆく病気で、神経変性疾患と呼ばれており、その患者数は、アルツハイマー病についで、フランスでは2番目に多いとされている。

フランスでは、およそ15万人の患者が、パーキンソン病と戦っているが、この病気の治療法はまだ見つかっていない。患者の体に、震え、凝りが起こりやすくなり、運動能力が徐々に減少し、やがて、歩行困難な状態へと変化していく。

2日に1回、45分間のウォーキングの効果
今回、アメリカのアイオワ大学で実施された新しい研究では、2日に1回、45分間のウォーキングを行うと、パーキンソン病の進行を食い止めることが可能であることが分かった。

研究チームは、60人の患者に対し、45分間のウォーキング指導を週3回、6ヶ月間行った。

たとえ歩く距離が短くても、45分間歩くことで、運動能力を回復させ、疲労やストレスなどからも解放され、患者たちの注意力も増加した。


▼外部リンク

Top Santé
http://www.topsante.com/

Destination santé
https://destinationsante.com/

キーワード: 総合

関連ニュース

世界初!ブラジル産プロポリスによる認知症予防効果が判明

ブラジル産のプロポリスが効果を発揮山田養蜂場は、4月20日、ブラジル産プロポリスに、高齢者の認知症予防の可能性があることを発表した。 これは、九州大学大学院歯学研究院への助成を通じて実施された研究の成果。世界で初めて明らかにされ、オランダ…

続きを見る

ロボットアシストウォーカー「RT.2」にトールサイズが登場

ロボットアシストウォーカーRT.2トールサイズ2018年6月より、RT.ワークス株式会社は、「ロボットアシストウォーカーRT.2トールサイズ」を発売する。 2016年7月に発売されて以来、好評の「ロボットアシストウォーカーRT.2」にトー…

続きを見る

腰の負担を軽減する体幹筋サポーター

POJI体幹筋サポーター2018年4月より、株式会社POJIは、「POJI体幹筋サポーター」を発売した。 「POJI体幹筋サポーター」は、屈曲や伸展のような動きに対して、強伸縮バンドが動作をサポートする。介護職などの職務において、動作と腰…

続きを見る

人々との触れ合いで成長する「aibo(アイボ)」

自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」2018年4月6日、ソニー・ライフケア株式会社は、自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」を介護付有料老人ホーム等に導入したことを発表した。 今回、「aibo」が導入され…

続きを見る

「ビフィズス菌A1」が 軽度認知障がいが疑われる人の認知機能を改善

ヒトに対する効果を検証森永乳業は、3月22日、認知症を発症する前段階である軽度認知障がいの疑いがある人を対象に、「ビフィズス菌A1」を摂取する前後比較試験を実施したところ、軽度認知障がいが疑われる人の認知機能を改善する可能性を確認できたこと…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る