介護・福祉の最新ニュース

パーキンソン病 ウォーキングの効果 アメリカ

2014-07-06 00:00

45分間の軽いウォーキングがパーキンソン病の進行を遅らせる
最近の研究で、パーキンソン病を患っている人で、症状が比較的軽い場合、日常的に行うウォーキングにより、体の運動能力を回復することができることが分かった。

パーキンソン病は、中枢神経の特定の神経細胞群が徐々に死んでゆく病気で、神経変性疾患と呼ばれており、その患者数は、アルツハイマー病についで、フランスでは2番目に多いとされている。

フランスでは、およそ15万人の患者が、パーキンソン病と戦っているが、この病気の治療法はまだ見つかっていない。患者の体に、震え、凝りが起こりやすくなり、運動能力が徐々に減少し、やがて、歩行困難な状態へと変化していく。

2日に1回、45分間のウォーキングの効果
今回、アメリカのアイオワ大学で実施された新しい研究では、2日に1回、45分間のウォーキングを行うと、パーキンソン病の進行を食い止めることが可能であることが分かった。

研究チームは、60人の患者に対し、45分間のウォーキング指導を週3回、6ヶ月間行った。

たとえ歩く距離が短くても、45分間歩くことで、運動能力を回復させ、疲労やストレスなどからも解放され、患者たちの注意力も増加した。


▼外部リンク

Top Santé
http://www.topsante.com/

Destination santé
https://destinationsante.com/

キーワード: 総合

関連ニュース

ケアサービス「上海保原健康管理諮詢有限公司」が事業開始 中国

設立記念式典をホテルで開催ケアサービスは、1月12日、保集健康ホールディングスの上海地区を担当する「上海金盛隆養老服務有限公司」および「リブラ」とともに、3社で出資した合弁会社「上海保原健康管理諮詢有限公司」(以下、上海保原)の設立記念式典…

続きを見る

アルツハイマー型認知症予防 「スペアミントのロスマリン酸」に期待大

認知症予防への有効性を検証わかさ生活は、12月7日、鳥取大学との共同研究「アミロイド線維形成抑制に働く天然物化合物の探索」を、学会にて発表したことを明らかにした。 認知症の中でも「アルツハイマー型認知症」患者は、およそ5割を占める。その主…

続きを見る

ケアサービスが合弁会社を設立 中国

中国にて顧客をさらに獲得ケアサービスは、11月24日、中国の上海金盛隆養老服務有限公司とリブラとの共同出資による新会社「上海保原健康管理諮詢有限公司(予定)」を、12月下旬を目途に設立することを発表した。 平成27年8月、ケアサービスでは…

続きを見る

世界初!介護者も助けるデジタルメディスン「エビリファイ マイサイト…

新しい価値を提供する製品が誕生大塚製薬は、11月14日、世界初のデジタルメディスン「エビリファイ マイサイト(Abilify MyCite(R))」が、米国FDAにて承認されたことを発表した。 3者間の円滑なコミュニケーションを促進「エビ…

続きを見る

市販の介護食利用者は約40%「介護にまつわる意識調査」の結果を発表

「介護の日」に向けた取り組みキユーピーは、11月8日、「介護にまつわる意識調査」の結果を発表した。 食事に関する困りごとを持つ人は約30%介護の必要な同居家族がいる人に対し、「介護にどの程度携わっているか」を尋ねたところ、「主に携わってい…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る