介護・福祉の最新ニュース

パーキンソン病 ウォーキングの効果 アメリカ

2014-07-06 00:00

45分間の軽いウォーキングがパーキンソン病の進行を遅らせる
最近の研究で、パーキンソン病を患っている人で、症状が比較的軽い場合、日常的に行うウォーキングにより、体の運動能力を回復することができることが分かった。

パーキンソン病は、中枢神経の特定の神経細胞群が徐々に死んでゆく病気で、神経変性疾患と呼ばれており、その患者数は、アルツハイマー病についで、フランスでは2番目に多いとされている。

フランスでは、およそ15万人の患者が、パーキンソン病と戦っているが、この病気の治療法はまだ見つかっていない。患者の体に、震え、凝りが起こりやすくなり、運動能力が徐々に減少し、やがて、歩行困難な状態へと変化していく。

2日に1回、45分間のウォーキングの効果
今回、アメリカのアイオワ大学で実施された新しい研究では、2日に1回、45分間のウォーキングを行うと、パーキンソン病の進行を食い止めることが可能であることが分かった。

研究チームは、60人の患者に対し、45分間のウォーキング指導を週3回、6ヶ月間行った。

たとえ歩く距離が短くても、45分間歩くことで、運動能力を回復させ、疲労やストレスなどからも解放され、患者たちの注意力も増加した。


▼外部リンク

Top Santé
http://www.topsante.com/

Destination santé
https://destinationsante.com/

キーワード: 総合

関連ニュース

認知症になる可能性を早期に発見する機械学習プログラム

認知症になる可能性がある人を早期発見2018年7月26日、ジョージ・アンド・ショーン合同会社は、認知症になる可能性がある人を早期発見できる、機械学習プログラムの実証実験の第1期終了を発表した。 ジョージ・アンド・ショーン合同会社が開発した…

続きを見る

早期アルツハイマー病が対象の「BAN2401」試験結果 米学会にて…

アルツハイマー病協会国際会議にて発表エーザイ株式会社および米バイオジェン社は、2018年7月26日、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体「BAN2401」の臨床第2相試験における詳細結果を、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC201…

続きを見る

次世代アルツハイマー病治療剤「elenbecestat」 試験結果…

アルツハイマー病協会国際会議にて発表エーザイ株式会社および米バイオジェン社は2018年7月26日、経口βサイト切断酵素(BACE)阻害剤「elenbecestat」の臨床第2相試験における詳細結果を、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC2…

続きを見る

国立長寿医療研究センター アルツハイマー病に関する論文が国際科学雑…

『Human Genetics』誌に掲載国立研究開発法人 国立長寿医療研究センターは、2018年7月19日、同センター臨床ゲノム解析推進部・重水大智ユニット長が共著者を務めたアルツハイマー病に関する論文が、国際科学雑誌に掲載されたと発表した…

続きを見る

WWIP 日中医療・介護技術交流協会の運営業務を受託

介護のノウハウなどを中国にて提供株式会社ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン(以下「WWIP」)は、2018年7月19日、一般社団法人 日中医療・介護技術交流協会(以下「JCMC」)の運営業務を受託したと発表した。 WWIP…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る