介護・福祉の最新ニュース

ベトナム人看護師・介護福祉士候補者の第1陣が就労を開始 厚生労働省

2014-08-09 17:00

いよいよ就労開始
厚生労働省は、8月8日、日・ベトナム経済連携協定(JVEPA)に基づいて、日本へ入国したベトナム人看護師・介護福祉士候補者が、8月15日から、受け入れ先の病院・介護施設での就労を開始することを発表した。

なお、ベトナム人の看護師・介護福祉士候補者の受け入れは今年度から始まった。6月に第1陣として138人(看護師候補者21人、介護福祉士候補者117人)が入国。千葉県千葉市の施設で約2カ月半にわたる日本語研修や看護・介護の導入研修を終えたという。

(画像は厚生労働省のホームページ)

EPAに基づく候補者の受け入れとは
経済連携協定(EPA)に基づく候補者の受け入れは、看護・介護分野の労働力不足への対応ではなく、2国間における経済活動連携強化の観点から、公的な枠組み(外国人の就労が認められていない分野)で特例的に行うものだとしている。

外国人看護師・介護福祉士候補者については、インドネシアとは平成20年度から、フィリピンとは平成21年度から毎年行っており、ベトナム人については今年度が初めて。EPA基づく累計受け入れ人数は2,377人となった。

国家試験合格を目指す
今後、ベトナム人候補者たちは施設での就労・研修を通じて、看護師・介護福祉士の国家試験合格を目指し、厚生労働省でもサポートをしていく。

なお、研修閉講式が8月14日(木)に千葉県の幕張国際研修センターにて開催される予定だ。


▼外部リンク

厚生労働省・報道発表資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000053848.html

キーワード: 介護保険制度・政府

関連ニュース

CYBERDYNE「装着型移乗介助機器」が厚労省による助成金の対象…

助成対象となる介護福祉機器に認定CYBERDYNEは、4月17日、厚生労働省の人材確保等支援助成金(介護福祉機器助成コース)において、HAL(R)腰タイプ介護支援用を含む「装着型移乗介助機器」が、助成対象となる介護福祉機器として、新たに追加…

続きを見る

フィンランドと「保健・福祉分野」で協力 厚労省

保健及び福祉分野での協力を発展厚生労働省は、4月10日、「日本国厚生労働省及びフィンランド共和国社会保健省間の協力に関する覚書」の交換が実施されたことを発表した。 主な協力内容厚生労働省とフィンランド共和国社会保健省は、保健及び福祉分野に…

続きを見る

介護ロボットの開発と普及体制を促進 厚労省

介護現場のニーズに対応するロボットを厚生労働省は、4月1日付けで、老健局内に「介護ロボット開発・普及推進室」を設置し、介護ロボットの開発・普及に関する専門家として、介護ロボット担当の老健局参与として、9人を任命した。 主な取り組み概要今回…

続きを見る

平成28年度「高齢者虐待状況」を発表 厚労省

虐待件数は増加厚生労働省は、3月12日、平成28年度「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」に基づく対応状況等に関する調査結果を発表した。 調査対象は、全国1,741市町村(特別区を含む)及び47都道府県。平成28年…

続きを見る

豊富なデータを活用した予防医療サービス

業務資本提携契約を締結2018年3月5日、メドピア株式会社とスギホールディングス株式会社は、業務資本提携契約を締結した。 また、メドピア株式会社はスギホールディングス株式会社、株式会社Mediplatは株式会社スギ薬局(スギホールディング…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る