介護・福祉の最新ニュース

介護現場を笑顔にするプロを育成 「レクリエーション介護士1級」が登場

2016-05-19 18:00

目指すは1級
レクリエーション介護士制度を手掛ける、スマイル・プラスは、5月17日、「レクリエーション介護士1級」を4月に創設し、今月よりこの資格講座の受講を開始したことを発表した。

レクリエーション介護士とは、介護レクリエーションを行うことで、高齢者の人々を笑顔にする民間資格。5月3日時点では、9,312人がレクリエーション介護士2級を取得している。

1級を取得するために
1級の創設は、介護レクリエーションのプロフェッショナル人材を育成することが目的だ。

受講対象者は2級取得者限定とし、実技研修やフォローアップ研修等の教育コンテンツをさらに充実。2級で学んだアイスブレイク理論を、実技を通して体験するほか、全4日間の必須講座、ホスピタリティトレーニング等のフォローアップ研修を受講する。

また、現場実習では、勤務先の事業所や施設以外で、ボランティアや講師として、レクリエーション活動を3回以上実施しなければならない。

さらに、認定試験を実施。150点満点中60%以上の合格点を満たした人が、1級の資格を取得できるという。

介護現場に笑顔を
同社は、東京で6月コースを、大阪にて8月コースをそれぞれ開講。

今後も受講コースを実施していく予定で、介護現場に笑顔を広げるプロフェッショナル「レクリエーション介護士1級」の取得を、ぜひ目指してもらいたいとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

スマイル・プラス プレスリリース(PR TIMES)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/

「レクリエーション介護士1級」の案内
https://www.japan-ac.jp/feature/first-class/index.html

スマイル・プラス ホームページ
http://smile-plus.co.jp/index.html

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

東北大学病がアルツハイマー型認知症の治療法確立のため治験を実施

マウス実験で効果を確認東北大学病院は6月19日、世界初となるアルツハイマー型認知症に対する「超音波治療」の医師主導治験を行うと発表した。東北大学大学院 医学系研究科 循環器内科学分野の下川宏明教授らの研究グループが行うもの。 研究グループ…

続きを見る

無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年7月号」発刊

テーマは老人ホームの探し方ザップは、無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年7月号」を、6月28日(木)に発刊する。 今回も充実した内容を掲載「あいらいふ 2018年7月号」では、あなたにふさわしい「老人ホームの探し方」(前編)を特集する…

続きを見る

認知症に関する基礎知識の理解が進む 全日本民医連「認知症実践ハンド…

全国で展開されている取り組みも紹介全日本民主医療機関連合会(以下「全日本民医連」)は、2018年6月19日、『認知症実践ハンドブック』についてのプレスリリースを発表した。 このハンドブックは、今年3月、保健医療研究所より発行されたもの。認…

続きを見る

プロトラブズの射出成形 介護・医療向け遠隔操作ロボット「OriHi…

「その人がそこにいるような感覚」を伝えるプロトラブズ合同会社は、2018年6月19日、介護・医療向け遠隔操作ロボット『OriHime』の最終製品パーツの製造において、同社の射出成形サービスが採用されたと発表した。 『OriHime』は、株…

続きを見る

障がい者のスポーツ体験 大阪市

障がい者スポーツ体験兵庫県を中心に運営する株式会社ITCのITCテニススクールは、2018年6月23日(土)に大阪市にあるITC靭(うつぼ)テニスセンターにて、「ITCパラスポーツフェスタ」を開催することを決定した。 全員が一緒に楽しめる…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る