介護・福祉の最新ニュース

介護サービスに人工知能の活用を

2016-07-27 18:15

介護事業者がスタンフォード大学と共同研究
介護サービスを手掛けるセントケア・ホールディングは7月25日、米国のスタンフォード大学と共同で介護に人工知能を活用するための共同研究を行うと発表した。

スタンフォード大学のスタンフォード人工知能研究所および、スタンフォード臨床研究センターと「ケアの質改善における人工知能の活用」に関する共同研究で、6月28日に合意した。

介護職員の不足を人工知能でカバー
要介護者数は年々増加しており、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年の要介護者数は、2015年の620万から700万人に、介護給付費は約10兆円から21兆円に増大すると予想される。

今後少子化が進むにつれ介護職員が不足すると考えられるため、高齢者への良質な介護サービスを提供するためには、今以上に効果的なサービスへと転換していく必要がある。

セントケア・ホールディングは介護職の人材不足を補うため、人工知能を活用できないか検討を進めている。今回のスタンフォード大学との共同研究を通じて、セントケア・ホールディンググループが培ってきた介護ノウハウをもとに、介護サービス分野での実用化についての検証を行う。

この研究によって、介護分野での人工知能活用の可能性が実証されれば、将来的には人工知能を使用して高齢者一人ひとりに最適な介護サービスの提供など、介護分野での実用化が進むと期待される。


▼外部リンク

セントケア・ホールディング株式会社のプレスリリース
http://www.saint-care.com/ir/pdf/

セントケア・ホールディング株式会社のホームページ
http://www.saint-care.com/

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

第一興商 大好評の「健康倶楽部まるごとトレーニング教室」を無料開催…

宇治市からの受託事業第一興商は、7月11日、グループ会社である京都第一興商が、宇治市が指定する施設12会場にて、「健康倶楽部まるごとトレーニング教室」を実施することを発表した。 大好評のプログラム「健康倶楽部まるごとトレーニング教室」は、…

続きを見る

調布駅近に有料老人ホームが誕生

利便性の高い商業地に立地する有料老人ホームヒューリックは7月10日、東京都調布市小島町1-14-3に有料老人ホーム「ヒューリック調布」が、今年3月に完成したと発表した。 都心へのアクセスが良好な京王線「調布」駅から徒歩約5分の商業地に立地…

続きを見る

アンガーマネジメントで高齢者虐待を防止

高齢者虐待防止研修会2017年8月8日(火)、都城市は、高齢者虐待防止研修会を開催する(13:30開始、15:30終了)。 今回の高齢者虐待防止研修会のテーマは、「高齢者虐待防止とアンガーマネジメント~自分のアンガータイプを知ろう~」。江…

続きを見る

さわやか倶楽部 被災高齢者をグループ施設へ無償受け入れ

豪雨被災者を施設に受け入れウチヤマホールディングスは、7月6日、主要連結子会社である「さわやか倶楽部」が、九州北部地域の記録的豪雨で被災した、高齢者の人々を、同社の介護施設にて無償で受け入れることを発表した。 主な受け入れ条件「さわやか倶…

続きを見る

ケアパートナーなど「折り紙活用とQOL向上に関する実証研究」をスタ…

折り紙の効果を検証大東建託は、7月6日、子会社であるケアパートナーが、折り紙業界の草分け的存在である「トーヨー」ならびに「静岡県立大学短期大学部社会福祉学科」と連携し、「高齢者施設における折り紙活用とQOL向上に関する実証研究」を、6月より…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る