介護・福祉の最新ニュース

介護サービスに人工知能の活用を

2016-07-27 18:15

介護事業者がスタンフォード大学と共同研究
介護サービスを手掛けるセントケア・ホールディングは7月25日、米国のスタンフォード大学と共同で介護に人工知能を活用するための共同研究を行うと発表した。

スタンフォード大学のスタンフォード人工知能研究所および、スタンフォード臨床研究センターと「ケアの質改善における人工知能の活用」に関する共同研究で、6月28日に合意した。

介護職員の不足を人工知能でカバー
要介護者数は年々増加しており、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年の要介護者数は、2015年の620万から700万人に、介護給付費は約10兆円から21兆円に増大すると予想される。

今後少子化が進むにつれ介護職員が不足すると考えられるため、高齢者への良質な介護サービスを提供するためには、今以上に効果的なサービスへと転換していく必要がある。

セントケア・ホールディングは介護職の人材不足を補うため、人工知能を活用できないか検討を進めている。今回のスタンフォード大学との共同研究を通じて、セントケア・ホールディンググループが培ってきた介護ノウハウをもとに、介護サービス分野での実用化についての検証を行う。

この研究によって、介護分野での人工知能活用の可能性が実証されれば、将来的には人工知能を使用して高齢者一人ひとりに最適な介護サービスの提供など、介護分野での実用化が進むと期待される。


▼外部リンク

セントケア・ホールディング株式会社のプレスリリース
http://www.saint-care.com/ir/pdf/

セントケア・ホールディング株式会社のホームページ
http://www.saint-care.com/

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

「木下の台所」が「味彩」の匠の技を獲得

「味彩」の全営業権を取得「木下の介護」のグループ企業である「木下の台所」は、4月17日、寿司店を発祥とする「味彩」より、全ての営業権を取得したことを発表した。 「味彩」の強み「木下の台所」のテーマは「おいしさで、笑顔と健康を」。介護付き有…

続きを見る

中京圏にて初出店 JR西日本グループがデイサービス事業所をオープン…

店舗網をさらに拡大JR西日本グループの「ポシブル医科学」は、4月11日、スポーツ施設やデイサービスの経営・運営受託を手掛ける「ザ・ビッグスポーツ」から愛知県東海市のデイサービス事業所2施設の事業を譲り受け、4月1日付けにて「ポシブル太田川」…

続きを見る

高齢者住宅「OUKAS船橋」10月開業

生涯の在宅・自立生活を支援する野村不動産株式会社と野村不動産ウェルネス株式会社が、生涯の在宅・自立生活を支援する高齢者住宅の新ブランド「OUKAS(オウカス)」の第一弾として、「OUKAS船橋」を2017年10月に開業する。「OUKAS」の…

続きを見る

自動排せつ支援ロボット「ドリーマー」 無料お試し利用付き新提携モデ…

無料お試しを文字通り実現株式会社えがおは、4月11日、同社が日本総販売代理店を務める自動排せつ支援ロボット「ドリーマー」について、貸与事業所との無料お試し利用付き新提携モデルを発表した。 この新提携モデルは、製品の特性上難しい「ドリーマー…

続きを見る

「かんでんライフサポート」が誕生 関西電力が京阪ライフサポートを子…

京阪電車の介護サービス事業が電力会社傘下に関西電力は、4月11日、同社と関電セキュリティ・オブ・ソサイエティが、京阪ホールディングスが保有する京阪ライフサポートの全株式4,000株を、京阪ホールディングスより取得したことを明らかにした。 …

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る