介護・福祉の最新ニュース

地域のニュース

  • 2014-04-14 08:00
    川崎市「介護人材育成雇用事業」をパソナに委託「介護の仕事をしたいけれど、どうすれば良いのかわからない」、「親を介護した経験を生かしたい」など、福祉や介護の仕事に意欲を燃やす人をサポートする、人材育成事業がスタートする。 川崎市が「川崎市 介護人材育…

    続きを見る
  • 2014-04-12 21:00
    もう少し自信を持ちたい!山口県介護支援専門員協会(山口県山口市)では、平成26年6月8日(日)午前10時から、「もう少し自信を持ちたい!」をサブテーマに、施設介護支援専門員研修会を開催する。 (画像はホームページより) グループワークも参加対象は、入所系施…

    続きを見る
  • 2014-04-11 18:00
    2013年よりインターネット上での販売開始フランスの世論調査によると、97パーセントのフランス人が、セルフメディケーションを実行し、そのうち10パーセントが、インターネット上で日常的に市販薬を購入している。 セルフメディケーションとは、健康維持や軽度の不…

    続きを見る
  • 2014-04-10 09:00
    安心して暮らしてほしいという願い愛知県は、4月8日、地域包括ケアモデル事業を実施する市町村を、選定委員会における審査の上決定したことを発表した。 高齢者向けに「地域包括ケアシステム」を構築することで、医療、介護、予防、住まい、生活支援サービスを継続…

    続きを見る
  • 2014-04-07 15:00
    事業計画と活動予算を公表特定非営利活動法人 長崎県介護支援専門員連絡協議会(長崎県長崎市、理事長:山田峰雄、以下協議会)は、ホームページに平成26年度の事業計画と活動予算を掲載した。 (画像はホームページより) 5月17日に総会を開催協議会では、介護支援…

    続きを見る
  • 2014-04-06 06:00
    県内12番目の支援センター愛知県は、障害者の就業と生活を両面から支援する「西三河南部西障害者就業・生活支援センター・くるくる」を県の支援センターとして指定した。同センターは、平成26年4月1日から国と県から委託を受けて、事業を実施する。 愛知県では、障…

    続きを見る
  • 2014-04-04 13:00
    認知症介護の個別ケアをアドバイス札幌市は4月1日、「札幌市認知症ケアスーパーバイズ事業」をスタートさせた。フォローアップ研修を終了した認知症介護指導者(以下、スーパーバイザー)が事業所を訪問し、認知症の個別ケアについてのアドバイス等を行う。 事業の…

    続きを見る
  • 2014-04-04 12:00
    「夢ウエル丸」事業終了日本初「デイサービス船」として、笠岡諸島を巡ってきた笠岡市の福祉船「夢ウエル丸」(99トン)は、3月31日、その役目を終えた。 これにともない、最南端の六島前浦港で終了記念式が開催され、笠岡市の三島市長をはじめ、約50人が出席。関係…

    続きを見る
  • 2014-04-03 18:00
    買い物をお手伝いしながら、孤立を防止千葉県浦安市は、高齢者を対象にした「買い物代行・同行サービス」を開始する。 日頃の買い物に不安や不便を感じている高齢者を支援するためのもので、サービスは浦安市のNPO法人が担当する。 買い物代行サービスは週に1度…

    続きを見る
  • 2014-04-02 05:00
    障害を持つ人のためのグループホームに愛知県は、「既存の戸建て住宅を障害者グループホームとして活用する場合の取扱い要綱」を策定し、取扱いを平成26年4月1日から実施する。 既存の戸建て住宅でも、「寄宿舎」への用途変更の手続きなどを不要とし、既存の住宅の…

    続きを見る
  • 2014-04-01 18:00
    県内32店舗で優待サービス生活協同組合コープみらい(本部:埼玉県さいたま市、事業エリア:千葉県・埼玉県・東京都)は4月1日(火)より、埼玉県が65歳以上の高齢者を対象に「閉じこもり」防止対策として県内の市町村で実施している介護予防事業である「コバトンお達者倶…

    続きを見る
  • 2014-03-28 08:00
    ピークは2030年の、685.6万世帯東京都は3月25日、「東京都世帯数の予測」の概要を公表した。2010年(平成22年)の国勢調査結果をもとに2015(平成27)年、2020(平成32)年、2025(平成37)年、2030(平成42)年、2035(平成47)年と、5年ごとの世帯数を予測したもの。…

    続きを見る
  • 2014-03-27 12:00
    今年度で2500人 大阪府の茨木市(市長 木本保平)は18日、推進している認知症サポーターの養成状況を市のホームページで公表した。 茨木市の認知症サポーターは平成20年度に402人が養成され、それ以降毎年1000人前後が養成されてきた。平成25年度は2月末時点です…

    続きを見る
  • 2014-03-26 21:00
    車いすで快適に移動できる方法を紹介弘前市は、快適で楽しい弘前観光をしてもらうため、動画「バリアフリー快適弘前 弘前公園編」を作成した。 2011年、弘前市は弘前公園の1部をアスファルト舗装へ変更。今では車いす利用者と介助者は園内をスムーズに移動できると…

    続きを見る
  • 2014-03-25 20:00
    多機能トイレ情報共有サービス多機能トイレ情報共有サービス「Check A Toilet みんなで作るユニバーサルトイレマップ」を運営する、特定非営利活動法人Check(本社:東京都世田谷区、以下NPO法人Check)は、都内のお花見の名所を高齢者・障がい者・子育て中の父母が安心…

    続きを見る
  • 2014-03-24 06:00
    今回は、福祉住環境コーディネーター大阪府立中之島図書館と大阪商工会議所は、4月に無料で、資格の概要について伝える第12回資格セミナーを、大阪府立中之島図書館にて開催する。今回は、福祉住環境コーディネーターについて紹介する。(画像はホームページより) …

    続きを見る
  • 2014-03-24 06:00
    生活の質 向上に向けてシャープ株式会社(以下、シャープ)と奈良県橿原市は、タブレット端末を用いた、高齢者向け健康管理サービスの実証実験を実施した。 (画像は「橿原市」ホームページより) 現代にマッチしたサービス今回の実験は、橿原市内に住む高齢者…

    続きを見る
  • 2014-03-23 07:00
    平成37年度には、山形県の介護職員を24,300人に山形県は介護職員不足に対応するため、「山形県介護職員サポートプログラム」を策定した。 このサポートプログラムは介護職員の育成と確保を目的に、介護職員を総合的にサポートする施策等を取りまとめたもので、全国…

    続きを見る
  • 2014-03-22 00:00
    在職者の介護技術と知識の向上 埼玉県は3月19日、在職者向けの平成26年度の介護スキルアップ講習と介護福祉士国家試験準備講習の開催を県のホームページに公表し、参加者を募集している。 介護技術と知識の向上および国家試験準備を目的として県内各地で開催する。…

    続きを見る
ページの先頭に戻る