介護・福祉の最新ニュース

インフルエンザ「流行警報」異例の早さ 東京都

2015-01-08 18:30

1か月も早い「流行警報」の発令
東京都は1月7日、インフルエンザ「流行警報」を発令した。

東京都内のインフルエンザ患者報告数は、昨年の12月22日から28日にかけて急速に増加し、流行警報基準を超えた。

例年は1月中旬から2月にかけて警報が発令されるが、今年は異例の早さとなった。新型インフルエンザが流行した2009年を例外として、1999年に調査が開始されて以来、最も早い流行となっている。

高齢者のインフルエンザに注意
今シーズンの都内で発生したインフルエンザウイルスは、96.0%がAH3型。B型は4.0%だ。

東京都ではインフルエンザの感染や、拡大防止への注意を促すとともに、感染が疑われる場合は、早めに医療機関で受診するよう呼びかけている。

都内の医療機関から報告された情報によると、インフルエンザで入院した患者の31.0%が80歳以上、14.1%が70歳代、7.0%が60歳代となっており、高齢者の入院が半数以上を占めている。

高齢者のインフルエンザ対策ではワクチンの予防接種が有効とされている。しかしワクチンを接種したからといって、油断は大敵だ。こまめな手洗いや、室内の適度な加湿と換気に気をつけ、抵抗力を下げないように、十分な休養と栄養、水分補給を心がけたい。

(画像は、東京都の報道発表資料より)


▼外部リンク

東京都の報道発表資料
http://www.metro.tokyo.jp/20p17300.htm

キーワード: 地域

関連ニュース

レクリエーションとコミュニケーションを学ぶ介護講座を開催 奈良県

日々の介護に役立つ実践的な講座奈良県は10月24日、「介護講座」を開催する。「介護とレクリエーション コミュニケーションの上手なとり方」をテーマにした講演が行われる。講師は、ていくあい有限会社 代表取締役の竹村ひとみ氏。 高齢者向けのレク…

続きを見る

介護サポーターに登録できる!介護業務1日体験講座を開催 兵庫県

介護現場の人材確保に兵庫県は、9月19日、介護の現場を知ってもらい、継続的に介護現場の情報提供を受けることで、介護業界への就職につなげることを目的に、「ひょうご介護サポーター研修(介護業務1日体験講座)」を開催することを発表した。 「ひょ…

続きを見る

認知症について学ぶセミナー開催 大阪市

市大病院が認知症をテーマにしたセミナーを開催認知症は誰もがかかりうる病気といわれており、加齢が危険因子ともいわれていることから、誰もが大きな関心を寄せている。 そこで大阪市立大学医学部附属病院は一般市民に向けたセミナー、「第1回認知症セミ…

続きを見る

特許出願「河内晩柑果汁飲料」が認知症改善に効果あり 愛媛県

河内晩柑の皮が認知症に効果愛媛県は9月15日、「河内晩柑果汁飲料」が認知症改善に効果があることが認められたとして、愛媛県、松山大学、愛媛大学、えひめ飲料が共同で特許出願を行ったと公表した。 河内晩柑の皮には、オーラプテンという機能成分が多…

続きを見る

高齢者の家庭内事故にご注意 東京都

事故は家庭内のいたるところで起こる可能性あり高齢者は身体機能の低下などにより、住み慣れた家庭内でも転倒などの事故を起こしやすい。家庭内の事故は骨折など重篤化する恐れも高く、それが原因で寝たきりになる事例も少なくない。 このような背景から東…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る