介護・福祉の最新ニュース

インフルエンザ「流行警報」異例の早さ 東京都

2015-01-08 18:30

1か月も早い「流行警報」の発令
東京都は1月7日、インフルエンザ「流行警報」を発令した。

東京都内のインフルエンザ患者報告数は、昨年の12月22日から28日にかけて急速に増加し、流行警報基準を超えた。

例年は1月中旬から2月にかけて警報が発令されるが、今年は異例の早さとなった。新型インフルエンザが流行した2009年を例外として、1999年に調査が開始されて以来、最も早い流行となっている。

高齢者のインフルエンザに注意
今シーズンの都内で発生したインフルエンザウイルスは、96.0%がAH3型。B型は4.0%だ。

東京都ではインフルエンザの感染や、拡大防止への注意を促すとともに、感染が疑われる場合は、早めに医療機関で受診するよう呼びかけている。

都内の医療機関から報告された情報によると、インフルエンザで入院した患者の31.0%が80歳以上、14.1%が70歳代、7.0%が60歳代となっており、高齢者の入院が半数以上を占めている。

高齢者のインフルエンザ対策ではワクチンの予防接種が有効とされている。しかしワクチンを接種したからといって、油断は大敵だ。こまめな手洗いや、室内の適度な加湿と換気に気をつけ、抵抗力を下げないように、十分な休養と栄養、水分補給を心がけたい。

(画像は、東京都の報道発表資料より)


▼外部リンク

東京都の報道発表資料
http://www.metro.tokyo.jp/20p17300.htm

キーワード: 地域

関連ニュース

介護家族をサポート!「介護マーク」を推進中 男鹿市

「介護中」を知らせるマーク秋田県男鹿市は、11月15日、認知症の人や障がい者の人の介護者が、周囲に「介護中」であることを理解してもらうための「介護マーク」の普及を、推進していることを発表した。 「介護マーク」の活用方法「介護マーク」は、デ…

続きを見る

広島赤十字・原爆病院で看取りについて考える「市民の集い」開催 広島…

介護が必要になったらどうしますか?広島赤十字・原爆病院は11月25日、看取りについて考える「市民の集い」を開催する。 住み慣れた場所で、いつまでも自分らしく過ごしたいと願っても、介護が必要になるなどして自分の希望とは違った形で人生の最期を…

続きを見る

垰田和史氏による「医療・介護の腰痛対策の進め方」 愛媛

職場での腰痛対策の第一人者によるセミナー12月2日(土)愛媛県立医療技術大学で、看護実践セミナー「医療・介護の腰痛対策の進め方」が開催される。対象は、看護職、リハビリテーション関係者、介護等福祉関係者、行政関係者等。 講師は、滋賀医科大学…

続きを見る

野村不動産アーバンネット「高齢者等の見守り活動」で協定を締結 東京…

見守りで地域貢献野村不動産アーバンネットは、11月6日、「都と事業者との連携による高齢者等を支える地域づくり協定」を、東京都と締結したことを発表した。 同社は主に、個人に向け不動産の売買仲介や不動産に関するコンサルティングを行っている。一…

続きを見る

「福祉・介護・健康フェア2017」開催 新潟

学び、体験、感動!生活を豊かにする総合イベント11月19日(日)に「福祉・介護・健康フェア2017in新潟」が開催される。“安心できる暮らしを提案~明日のためにできること、地域包括ケアシステム~”として、各種セミナー、講演会、情報展示コーナ…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る