介護・福祉の最新ニュース

3人に1人がトイレ使用中に自動ドアが開いた経験あり

2015-01-27 18:00

多機能トイレの自動ドアについての調査結果を発表
NPO法人CheckとNPO法人全国自動ドア産業振興会は、障がい者200名を対象に「多機能トイレの自動ドアに関する調査」を実施し、結果を2015年01月22日に発表した。
調査結果から、3人に1人が、トイレの使用中に自動ドアが開いてしまった経験があることが判明した。

改善策『おとなのトイレマナー』を発表
トイレから出ようとしたが、トイレ内にある「開けるボタン」が押せなくて、閉じ込められたことがあるかとの問いには、200名中29名が「はい」と答えた。

また、トイレから出ようとして、トイレ内の「閉めるボタン(施錠)」を押して出た経験があるかとの問いには、41名が「はい」と回答。約5人に1人が経験していた。

この他にも、トイレ内の開閉ボタン設置位置が、障がい物で操作がしにくかったり、できなかったりしたことがあったかとの問いには、61名が「はい」と回答していた。

ボタンがドアに近すぎて手が届かなかったり、ベビーベッドやゴミ箱がおかしな位置に設置されていたりしたためだと言う。

多機能トイレを利用、運用する際には、「一般向けマナー」と「管理者マナー」が重要であることが、これらの結果から分かり、同法人らは、多機能トイレのマナー事例『おとなのトイレマナー 』を作成し、発表した。

『おとなのトイレマナー』では、自動ドアのボタン周辺には、物を置かない、など改善策が掲載されている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

「多機能トイレの自動ドアに関する調査」(NPO法人Check)
http://www.check.or.jp/about/press150122.pdf

『おとなのトイレマナー』
http://www.checkatoilet.com/manner/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

間違った「坐り」が不調を招く!シーティングの知識と実践を学ぼう 東…

お茶の水ケアサービス学院にてコメディカルアカデミーは、「坐り」に関する研修を実施する。 「シーティングの効果に驚く その知識と実践」 日時:平成29年9月20日9:30~16:30 場所:お茶の水ケアサービス学院(千代田区岩本町) 受講料:…

続きを見る

パーキンソン病の診断と治療などが学べる研修

埼玉県介護支援専門員レベルアップ研修2017年9月28日(木)、「埼玉県介護支援専門員レベルアップ研修」が埼玉県県民健康センターで開催される。 「埼玉県介護支援専門員レベルアップ研修」は10時より開始(16時終了)。 丸木雄一氏(埼玉精…

続きを見る

「運転 大丈夫ですか?」高齢者ドライバーについて考える 東京

浜離宮朝日ホールにて社会福祉法人朝日新聞厚生文化事業団では、高齢ドライバーに関する講演会を開催する。 「高齢ドライバーについて考える講演会『運転、大丈夫ですか?』」 日時:9月16日(土)13:00~16:30(開場12:15) 場所:浜離…

続きを見る

介護と脱毛の関係をリゼクリニックが調査

介護を意識して脱毛する女性が増加中!?リゼクリニックは8月17日、「【敬老の日】介護とムダ毛」に関する市場調査の結果を発表した。 超高齢化社会が進み、誰もが介護を意識する時代となった。このようななか脱毛業界では、ここ数年のトレンドとして自…

続きを見る

「ヴィンテージ・ヴィラ」入居者が合唱を披露

第3回ヴィンテージ・ヴィラ歌の発表会2017年9月10日(日)、ケア付高齢者住宅「ヴィンテージ・ヴィラ」は「第3回ヴィンテージ・ヴィラ歌の発表会」を開催する。 「第3回ヴィンテージ・ヴィラ歌の発表会」では、ヴィンテージ・ヴィラ全5箇所より…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る