介護・福祉の最新ニュース

3人に1人がトイレ使用中に自動ドアが開いた経験あり

2015-01-27 18:00

多機能トイレの自動ドアについての調査結果を発表
NPO法人CheckとNPO法人全国自動ドア産業振興会は、障がい者200名を対象に「多機能トイレの自動ドアに関する調査」を実施し、結果を2015年01月22日に発表した。
調査結果から、3人に1人が、トイレの使用中に自動ドアが開いてしまった経験があることが判明した。

改善策『おとなのトイレマナー』を発表
トイレから出ようとしたが、トイレ内にある「開けるボタン」が押せなくて、閉じ込められたことがあるかとの問いには、200名中29名が「はい」と答えた。

また、トイレから出ようとして、トイレ内の「閉めるボタン(施錠)」を押して出た経験があるかとの問いには、41名が「はい」と回答。約5人に1人が経験していた。

この他にも、トイレ内の開閉ボタン設置位置が、障がい物で操作がしにくかったり、できなかったりしたことがあったかとの問いには、61名が「はい」と回答していた。

ボタンがドアに近すぎて手が届かなかったり、ベビーベッドやゴミ箱がおかしな位置に設置されていたりしたためだと言う。

多機能トイレを利用、運用する際には、「一般向けマナー」と「管理者マナー」が重要であることが、これらの結果から分かり、同法人らは、多機能トイレのマナー事例『おとなのトイレマナー 』を作成し、発表した。

『おとなのトイレマナー』では、自動ドアのボタン周辺には、物を置かない、など改善策が掲載されている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

「多機能トイレの自動ドアに関する調査」(NPO法人Check)
http://www.check.or.jp/about/press150122.pdf

『おとなのトイレマナー』
http://www.checkatoilet.com/manner/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

介護職員としての態度を身につける「接遇研修」 沖縄県

介護福祉士会主催一般社団法人 沖縄県介護福祉士会では、接遇研修を開催する。 「介護職員のための接遇研修」 日時:平成29年5月1日(月)9:30~16:30(9:00~受付) 会場:沖縄県総合福祉センター 東棟4階 401研修室(予定) 受…

続きを見る

パナソニック 「聞き間違えない話し方講座」ウェブサイトを無料公開

高齢者と関わりのあるサービスに向けてパナソニック株式会社は、4月21日、『聞き間違えない話し方講座』のウェブサイトを無料公開した。 同サイトは、高齢者と関わりのあるサービス業務において、聞き間違えやすい言葉とそれを避ける言い換え方法などを…

続きを見る

おひとりさま向け終活サービス「finale」 パンフレット第2版を…

iPS細胞研究所やアムネスティも参画株式会社macoto.creative(マコトクリエイティブ)は、4月20日、いわゆる「おひとりさま」向けの終活サービス『finale:(フィナーレ)』のパンフレット第2版を発行した。 同冊子では、遺産…

続きを見る

高齢期の豊かなくらしセミナー

高齢期のくらしの備えについて考える朝日新聞厚生文化事業団は、高齢期の住まいや生活について考え「高齢期の豊かなくらしセミナー 高齢期の住まいとくらしⅠ~住み替える~」を開催する。 高齢期の生活方法は人それぞれ住み慣れた家で最期を迎えたと思う…

続きを見る

株式会社Moffが「世界に誇れる長寿国日本」を実現するスタートアッ…

スタートアップ企業に選出株式会社Moffは、「“世界に誇れる長寿国日本”を実現するビジネスコンテスト-AGING2.0 TOKYO GLOBAL STARTUP SEARCH-」のスタートアップ企業(6社)に選ばれたことを発表した。 コンテ…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る