介護・福祉の最新ニュース

3人に1人がトイレ使用中に自動ドアが開いた経験あり

2015-01-27 18:00

多機能トイレの自動ドアについての調査結果を発表
NPO法人CheckとNPO法人全国自動ドア産業振興会は、障がい者200名を対象に「多機能トイレの自動ドアに関する調査」を実施し、結果を2015年01月22日に発表した。
調査結果から、3人に1人が、トイレの使用中に自動ドアが開いてしまった経験があることが判明した。

改善策『おとなのトイレマナー』を発表
トイレから出ようとしたが、トイレ内にある「開けるボタン」が押せなくて、閉じ込められたことがあるかとの問いには、200名中29名が「はい」と答えた。

また、トイレから出ようとして、トイレ内の「閉めるボタン(施錠)」を押して出た経験があるかとの問いには、41名が「はい」と回答。約5人に1人が経験していた。

この他にも、トイレ内の開閉ボタン設置位置が、障がい物で操作がしにくかったり、できなかったりしたことがあったかとの問いには、61名が「はい」と回答していた。

ボタンがドアに近すぎて手が届かなかったり、ベビーベッドやゴミ箱がおかしな位置に設置されていたりしたためだと言う。

多機能トイレを利用、運用する際には、「一般向けマナー」と「管理者マナー」が重要であることが、これらの結果から分かり、同法人らは、多機能トイレのマナー事例『おとなのトイレマナー 』を作成し、発表した。

『おとなのトイレマナー』では、自動ドアのボタン周辺には、物を置かない、など改善策が掲載されている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

「多機能トイレの自動ドアに関する調査」(NPO法人Check)
http://www.check.or.jp/about/press150122.pdf

『おとなのトイレマナー』
http://www.checkatoilet.com/manner/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

在宅介護支援現場にて高齢者との対話の改善に向けた実証実験を開始 川…

新たなライフスタイルの構築に挑戦川崎市は、6月21日、在宅介護支援現場にて高齢者との対話の改善に向けた実証実験を開始したと発表した。 この実験は、ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社の『comuoon mobile(コミューンモバイル)…

続きを見る

「うっかり 物忘れで悩む家族のための認知症セミナー2017」7月1…

認知症の早期予防・改善を伝える認知症事業を行っているメディカルリサーチ株式会社が、『「うっかり」「物忘れ」で悩む家族のための認知症セミナー2017』を7月1日(土)東京で開催する。 2025年には認知症患者が700万人になると予測されてお…

続きを見る

5名の講師による「介護のリハビリ研修会2017」 横浜市

高齢者リハビリについて日本通所ケア研究会では、介護現場におけるリハビリに関する研修会を実施する。 「介護のリハビリ研修会2017」 日時:2017年7月8日(土) 10:00~16:00 場所:ウィリング横浜(神奈川県横浜市) 参加費:12…

続きを見る

7月29日 30日「第10回日本在宅薬学会学術大会」開催

医療・介護包括ケアに向けた実践へ一般社団法人日本在宅薬学会が、7月29日(土)、30日(日)に「第10回日本在宅薬学会学術大会」を開催する。『医療・介護・行政と薬剤師のかかわり~「あるべき論」から「実践へ」~』を今回のテーマとし、パシフィコ…

続きを見る

適切な介護記録表現とリスクマネジメント対策を学ぶ 福岡県春日市

実地指導対策と身を守る術について福岡シティ福祉サービスは、介護記録とリスクマネジメントに関するセミナーを開催する。 「適切な介護記録表現とリスクマネジメント対策を身につけよう ~実地指導対策と身を守る術の対策と傾向~」 日時:(1回目)平成…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る