介護・福祉の最新ニュース

3人に1人がトイレ使用中に自動ドアが開いた経験あり

2015-01-27 18:00

多機能トイレの自動ドアについての調査結果を発表
NPO法人CheckとNPO法人全国自動ドア産業振興会は、障がい者200名を対象に「多機能トイレの自動ドアに関する調査」を実施し、結果を2015年01月22日に発表した。
調査結果から、3人に1人が、トイレの使用中に自動ドアが開いてしまった経験があることが判明した。

改善策『おとなのトイレマナー』を発表
トイレから出ようとしたが、トイレ内にある「開けるボタン」が押せなくて、閉じ込められたことがあるかとの問いには、200名中29名が「はい」と答えた。

また、トイレから出ようとして、トイレ内の「閉めるボタン(施錠)」を押して出た経験があるかとの問いには、41名が「はい」と回答。約5人に1人が経験していた。

この他にも、トイレ内の開閉ボタン設置位置が、障がい物で操作がしにくかったり、できなかったりしたことがあったかとの問いには、61名が「はい」と回答していた。

ボタンがドアに近すぎて手が届かなかったり、ベビーベッドやゴミ箱がおかしな位置に設置されていたりしたためだと言う。

多機能トイレを利用、運用する際には、「一般向けマナー」と「管理者マナー」が重要であることが、これらの結果から分かり、同法人らは、多機能トイレのマナー事例『おとなのトイレマナー 』を作成し、発表した。

『おとなのトイレマナー』では、自動ドアのボタン周辺には、物を置かない、など改善策が掲載されている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

「多機能トイレの自動ドアに関する調査」(NPO法人Check)
http://www.check.or.jp/about/press150122.pdf

『おとなのトイレマナー』
http://www.checkatoilet.com/manner/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症への理解を深めよう

認知症サポーター養成講座2018年9月11日、盛岡市は「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」では、認知症の症状と診断、治療と予防など、基礎知識を学ぶ。認知症への理解を深めることで、認知症の人や家族、介護者の…

続きを見る

認知症の治療法「リコード法」を日本人向けにした1冊

最新認知症治療法株式会社主婦の友社は、日本における認知症研究の第一人者、白澤卓二医師が執筆した「Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる」を2018年7月11日に出版した。 同書は、米国で9割が改善した認知症の治療法「リコード…

続きを見る

高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー開催 島根

7月17日に松江市で、7月18日には浜田市で開催有限会社 齋藤アルケン工業は、2018年7月27日、高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー『高齢者介護の性について考えよう』について、開催レポートを発表した。 同社は、介護事…

続きを見る

歩行分析から認知症の予防につなげる仕組みを開発

3社が共同開発ZEROBILLBANK JAPAN株式会社(ゼロビルバンク ジャパン)・沖電気工業株式会社・株式会社no new folk studio(ノーニューフォークスタジオ)の3社は、靴にセンサーや無線通信機能を組み込むことで歩行時…

続きを見る

「介護のしごとinまつど 合同就職相談会」8月8日開催 千葉・松戸

千葉県介護人材確保対策事業として開催千葉県松戸市は、2018年8月8日、『介護のしごとinまつど 合同就職相談会』を開催する。 同相談会は、千葉県介護人材確保対策事業として、松戸市特別養護老人ホーム連絡協議会が主催するもの。同市内に立地す…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る