介護・福祉の最新ニュース

3人に1人がトイレ使用中に自動ドアが開いた経験あり

2015-01-27 18:00

多機能トイレの自動ドアについての調査結果を発表
NPO法人CheckとNPO法人全国自動ドア産業振興会は、障がい者200名を対象に「多機能トイレの自動ドアに関する調査」を実施し、結果を2015年01月22日に発表した。
調査結果から、3人に1人が、トイレの使用中に自動ドアが開いてしまった経験があることが判明した。

改善策『おとなのトイレマナー』を発表
トイレから出ようとしたが、トイレ内にある「開けるボタン」が押せなくて、閉じ込められたことがあるかとの問いには、200名中29名が「はい」と答えた。

また、トイレから出ようとして、トイレ内の「閉めるボタン(施錠)」を押して出た経験があるかとの問いには、41名が「はい」と回答。約5人に1人が経験していた。

この他にも、トイレ内の開閉ボタン設置位置が、障がい物で操作がしにくかったり、できなかったりしたことがあったかとの問いには、61名が「はい」と回答していた。

ボタンがドアに近すぎて手が届かなかったり、ベビーベッドやゴミ箱がおかしな位置に設置されていたりしたためだと言う。

多機能トイレを利用、運用する際には、「一般向けマナー」と「管理者マナー」が重要であることが、これらの結果から分かり、同法人らは、多機能トイレのマナー事例『おとなのトイレマナー 』を作成し、発表した。

『おとなのトイレマナー』では、自動ドアのボタン周辺には、物を置かない、など改善策が掲載されている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

「多機能トイレの自動ドアに関する調査」(NPO法人Check)
http://www.check.or.jp/about/press150122.pdf

『おとなのトイレマナー』
http://www.checkatoilet.com/manner/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

脳活性化メゾットを体験するイベント「シナプソロジーフェスタ」開催

笑顔が生まれるプログラム株式会社ルネサンスは、同社が開発した脳活性化メソッド「シナプソロジー」のイベント「シナプソロジーフェスタ」を開催する。 シナプソロジーを知っている人も、初めての人でも、気軽に参加でき、気軽に楽しく参加することができ…

続きを見る

無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年2月号」を発刊

老人ホーム選びに失敗しない心得を伝授ザップは、1月17日、介護情報誌「あいらいふ 2018年2月号」を、1月25日(木)に発刊することを発表した。 主な内容紹介2月号では、前号に続いて、編集部が伝えたい11個の「見学準備のポイント」を掲載…

続きを見る

刻まない介護食「モバイルプラス やわら御膳」関東エリアでも提供開始

エリアを拡大して課題を解決日清医療食品は、1月10日、近畿エリアの施設にて提供してきた介護食「モバイルプラス やわら御膳」を、関東圏にも拡大して提供をスタートすることを発表した。 現在、多くの施設では、噛む力が弱い高齢者向けに、食事を細か…

続きを見る

業界初!ハンディキャッパーの夢を叶えるクルマが誕生

さらに進化した新型福祉車両ケイワークスは、1月10日、すべてのハンディキャッパーやその家族が「気軽に、安心して、思い立った時にすぐ」アクティブに行動するための、車椅子対応キャンピングカー、新型「Live」を開発したことを発表した。 革命的…

続きを見る

介護スタッフの負担を軽くする見守りサービス登場

富士通が介護事業所向けにサービスを拡充富士通は1月9日、遠隔見守りシステム「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE 居住者の見守りソリューション」のサービスを拡充し、1月下旬から提供を開始すると発表した。 …

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る