介護・福祉の最新ニュース

夜勤の職員不足で虚偽報告・グループホームを処分 甲府市

2015-03-07 02:00

虚偽報告で効力の一部停止
山梨県甲府市は、社会福祉法人「ひかりの里」が運営する、甲府市の認知症対応型共同生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護を行う「グループホームめだかの学校悠ゆう」が、虚偽報告を行ったとして行政処分することを、2015年3月2日に発表した。
2015年3月1日付けで、効力の一部停止処分が行われた。

3ヶ月新規利用者の受け入れを停止
甲府市によると、「グループホームめだかの学校悠ゆう」が、2012年12月に、指定の更新申請をする際、実在しない介護従業者の名前を書類に記載し、虚偽報告したことが、処分理由だとしている。

2011年度と2012年度、夜勤の職員が足りなかったことから、同施設管理者が、基準となる労働時間を超え夜勤していた。

更新申請の際、職員の不足を隠すために、偽名を使って、別人が働いているかのように勤務表を作成、提出していた。

法律で定められている労働時間の上限を隠そうとして行った虚偽報告。甲府市は、「グループホームめだかの学校悠ゆう」に対して、2015年3月1日から5月31日まで、3ヶ月新規利用者の受け入れを停止する処分を行った。

(画像はホームページより)


▼外部リンク

指定地域密着型サービス事業者等に対する行政処分について(甲府市)
http://www.city.kofu.yamanashi.jp/kaigohoken/

キーワード: 事件・事故

関連ニュース

ミラクルクラブなど2事業所 指定の効力停止処分に さいたま市

2事業所の「不正請求」が発覚さいたま市は、3月19日、児童福祉法に基づき、指定障がい児通所支援事業者「いずみサポート ISC」に行政処分を下したことを発表した。 「いずみサポート ISC」は、放課後等デイサービスを行っている「ミラクルクラ…

続きを見る

ビッグプラネット運営「ヘルパーステーションそら」指定取り消し処分に…

3月31日に指定を取り消し和歌山県は、3月19日、介護保険法に基づいて、ビッグプラネットが運営する「ヘルパーステーションそら」の、指定を取り消すことを発表した。 同事業所では、訪問介護、介護予防訪問介護、居宅介護支援に関するサービスを実施…

続きを見る

不正請求額は約1,950万円 指定取り消し処分に 埼玉県

対象事業所は2カ所埼玉県は、2月14日、介護保険法及び生活保護法の規定に基づき、介護保険サービス事業者である「めいとケア」及び指定介護機関が運営する事業所「めいと松原団地訪問介護事業所」「北野訪問介護支援センター」の指定取り消し処分を行った…

続きを見る

豊田市の介護事業所などを不正受給で行政処分

2訪問介護事業所指定取り消し処分豊田市は6日、訪問介護の事業所などが介護報酬を不正に受給したなどとして、「訪問介護事業所心実」、「訪問介護事業所ゆうか」の2つの訪問介護事務所に対し、介護保険事業所を2月23日付で指定取り消し処分を行うと発表…

続きを見る

「リハビリデイサービスなでしこ」指定取り消し処分に 柏原市

法第77条や第115条に抵触大阪府柏原市は、2月7日、介護保険法の規定に基づいて、指定居宅サービス事業者等の指定を取り消す行政処分を下したことを発表した。 対象事業所は、タカノが運営する「リハビリデイサービスなでしこ」。通所介護、介護予防…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る