介護・福祉の最新ニュース

夜勤の職員不足で虚偽報告・グループホームを処分 甲府市

2015-03-07 02:00

虚偽報告で効力の一部停止
山梨県甲府市は、社会福祉法人「ひかりの里」が運営する、甲府市の認知症対応型共同生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護を行う「グループホームめだかの学校悠ゆう」が、虚偽報告を行ったとして行政処分することを、2015年3月2日に発表した。
2015年3月1日付けで、効力の一部停止処分が行われた。

3ヶ月新規利用者の受け入れを停止
甲府市によると、「グループホームめだかの学校悠ゆう」が、2012年12月に、指定の更新申請をする際、実在しない介護従業者の名前を書類に記載し、虚偽報告したことが、処分理由だとしている。

2011年度と2012年度、夜勤の職員が足りなかったことから、同施設管理者が、基準となる労働時間を超え夜勤していた。

更新申請の際、職員の不足を隠すために、偽名を使って、別人が働いているかのように勤務表を作成、提出していた。

法律で定められている労働時間の上限を隠そうとして行った虚偽報告。甲府市は、「グループホームめだかの学校悠ゆう」に対して、2015年3月1日から5月31日まで、3ヶ月新規利用者の受け入れを停止する処分を行った。

(画像はホームページより)


▼外部リンク

指定地域密着型サービス事業者等に対する行政処分について(甲府市)
http://www.city.kofu.yamanashi.jp/kaigohoken/

キーワード: 事件・事故

関連ニュース

船橋市「アスモ介護サービス」に行政処分

指定を一部停止船橋市は、虚偽の介護サービス記録を提出したとして平成29年4月12日付けで「アスモ介護サービス西船橋」に対して、事業所の指定を一部について、効力を停止すると発表した。 処分理由について株式会社アスモ介護サービスが運営する「ア…

続きを見る

「介護老人福祉施設よなご幸朋苑」にてインフルエンザ集団発生 鳥取県

老人ホームでインフルエンザが発生鳥取県は、4月12日、「社会福祉法人こうほうえん」が運営する「介護老人福祉施設よなご幸朋苑」にて、インフルエンザ患者の集団発生が起きたことを発表した。 同法人は、1986年に設立。以来、多くの特別養護老人ホ…

続きを見る

高齢者の万引きが増えている現状を報告 東京都

高齢者の万引きについての研究結果を公表東京都は3月23日、「高齢者による万引きに関する報告書」を公表した。 高齢者の万引きの増加が近年問題となっているため、東京都では2016年6月に「万引きに関する有識者研究会」を設置。さまざまな観点から…

続きを見る

返還額は約140万円 「有限会社伸栄介護サービス」を処分 横須賀市

半年間の停止処分横須賀市は、3月8日、介護保険法(平成9年法律第123号)の規定に基づき、「有限会社伸栄介護サービス」が運営する指定訪問介護事業所に対し「指定の効力の全部停止処分6か月」の行政処分を下したことを明らかにした。 6回にわたっ…

続きを見る

介護保険料を誤って賦課及び徴収 川崎市

誤徴収が発生川崎市は、3月3日、幸区役所及び川崎区役所田島支所において、誤って保険料の増額賦課をしたうえ、徴収していたことを明らかにした。 なお、増額賦課した保険料の合計額は、2か所合わせて90万円以上にのぼる。 合計68名に誤って賦課…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る