介護・福祉の最新ニュース

高齢者の見守りや看取りを行う資格「シニア福祉アドバイザー」

2015-04-12 19:00

超高齢化社会でも安心して暮らせる仕組みづくり
職業技能振興会は「シニア福祉アドバイザー」の資格を創設し、4月10日より応募受付を開始した。

「シニア福祉アドバイザー」は高齢者の見守りや看取りについて必要な知識を習得した人に与えられる資格である。

超高齢化社会を支える担い手の育成が目的で、高齢化が進んでも、誰もが安心して暮らせる社会の実現を目指す。

今回は初級コース試験。仕事に活用するなら上級コースを
今回実施されるシニア福祉アドバイザーは、基本的な知識を学ぶ初級コースの試験。職業技能振興会では、仕事に活用する人は、今後実施を予定しているシニア福祉アドバイザー(上級)の取得を勧めている。

シニア福祉アドバイザー(上級)では日々の見守りから看取りまでの実践的なスキルが身につき、高齢者が信頼できる人材を育成するのが目的だ。

「シニア福祉アドバイザー(初級)」試験概要
シニア福祉アドバイザー(初級)の受験資格は特になく、誰でも受検できる。

試験日時は5月31日、14時から15時10分。願書受付期限は4月30 日。受験料は8,000円で、4月27日までに振り込みを行う。また、認定証の交付を希望する人は、認定登録料2,000円が必要。

試験は東京の「東京都トラック総合会館」、名古屋の「TKP 名古屋伏見ビジネスセンター」、大阪の「追手門学院 大阪城スクエア」の3会場で行われる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

財団法人 職業技能振興会のプレスリリース
http://prtimes.jp/main/html/rd/000013419.html

財団法人 職業技能振興会
http://fos.or.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

「認知症を抱える人」が接客 「注文をまちがえる料理店」リリース

心あたたまるノンフィクションあさ出版は、11月15日、小国士朗著「注文をまちがえる料理店」を、11月10日(金)に発行したことを発表した。 接客は認知症の人「注文をまちがえる料理店」は、不思議であたたかい人たちが登場するレストランの物語。…

続きを見る

ノロスターシリーズ手指消毒用タイプ新発売

12月1日から発売株式会社ニイタカが、アルコール消毒薬が効きにくいと言われる、複数のノンエンベロープウイルスに効果があるアルコール消毒薬「Nスター」を12月1日に新発売する。同社の主力製品、ウイルス対応型アルコール系除菌剤「ノロスターシリー…

続きを見る

最高水準の看護サービス!「ポピンズナースケア」をスタート

顧客の声を反映した在宅型医療ケアポピンズは、11月14日、新しいタイプの訪問看護自費サービス「ポピンズナースケア」をスタートしたことを発表した。 この新サービスは、これまでポピンズのVIPケアサービスを利用していた顧客の、医療ケアに対する…

続きを見る

「エイジフリーハウス プレミア」シリーズの展開始まる

住み慣れた町で安心して暮らせる住宅パナソニック エイジフリー株式会社は、サービス付き高齢者向け住宅「パナソニック エイジフリーハウス」で、ハイグレードなサービスを提供する「プレミア」シリーズの展開を始める。 その第一弾として、2017年1…

続きを見る

笑いヨガを毎日続けたい 誤嚥を防ぐためのセミナー終了後調査

「誤嚥を防ぐために!!食事と口腔ケアから」アンケート調査結果相愛大学が10月15日に行った、高齢者支援セミナー「誤嚥を防ぐために!!食事と口腔ケアから」のアンケート調査の結果を公表した。同セミナーは、大阪市イノベーション創出支援補助金による…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る