介護・福祉の最新ニュース

高齢者が食べたい「昭和のお弁当」で東ティモールの子どもを支援

2015-06-21 06:00

高齢者の食事環境を考えるイベント開催
特定非営利活動法人シェア(以下、シェア)は、2015年7月4日、昔懐かしいお弁当を食べながら栄養について考えるイベント「昭和のお弁当 思い出語り会」を開催する。

世界には低栄養に苦しむ子どもたちが大勢いる。シェアは1983年より、東ティモールをはじめとする海外や日本で、保健医療支援活動を行ってきた。

5歳未満児の死亡原因のうち約半数が、栄養不良に起因する。なかでも東ティモールの栄養阻害率は世界最高で、5歳未満児の58%が慢性的な栄養不良に苦しんでいる。

日本でも進む高齢者の栄養失調
しかし「栄養不良」は、豊かな日本でも起こっている。現在日本では高齢者の栄養失調が進んでおり、70歳以上の5人に1人が栄養不足だとの報告がある。

このような状況を背景にシェアは、JIBA Café Kitchenと共催して「昭和のお弁当 思い出語り会」を開催する。

高齢者が懐かしく感じ、食べてみたいと思う昭和風のお弁当を、みんなで食べるイベントだ。

イベントでは参加者が、それぞれの思い出のお弁当について語り、栄養価の高い食事や食事環境の大切さについて考える。

また、イベントの参加費は全額、東ティモールの学校保健プロジェクトに寄付される。

イベントの開催日時は7月4日、12時~15時。会場はRental Kitchen(東京都文京区湯島3-35-6 2F)。参加費は500円。参加希望者はシェアのウェブページにある専用フォームから申し込む。

(画像は、シェアのホームページより)


▼外部リンク

(認定)特定非営利活動法人シェア=国際保健協力市民の会のプレスリリース
http://share.or.jp/share/news/20150616.html

昭和のお弁当 思い出語り会申し込みフォーム
https://docs.google.com/forms

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

広島で「日本通所ケア研究大会・認知症ケア研修会」開催

デイ・デイケアに強く求められるものは何か株式会社QOLサービスの研修部門である日本通所ケア研究会は、地域包括ケアシステム構築に向けた2018年度同時改定後のデイの役割をテーマに「第16回日本通所ケア研究大会(合同開催)」「第13回認知症ケア…

続きを見る

こだわりぬいた「正月二段重セット」「愛知県三河一色産 うな重」が誕…

独自技術を駆使した摂食回復支援食イーエヌ大塚製薬は、10月13日、「あいーと」の季節限定商品として、「正月二段重セット」と「愛知県三河一色産 うな重」を日本全国で、10月23日(月)より販売開始することを発表した。 「あいーと」は、通常の…

続きを見る

転倒危険度評価システム「Step+」にトレーニング機能追加

「転倒予防の日」である10月10日より販売株式会社日本シューターが、「転倒危険度評価システム『Step+(ステップ プラス)』」にトレーニング機能を追加した。 「Step+」は、転倒リスクと相関性があるとされる、二つ以上の課題を同時にこな…

続きを見る

介護職員を支援する「職場環境向上支援員認定講座」開催

介護職員に必要とされる人材を育成するための講座一般社団法人日本元気シニア総研が、11月4日に「職場環境向上支援員認定講座〈介護事業編〉」を開催する。同講座は、GTI、元気で楽しく、生きがいを持ってをコンセプトに、介護職員が必要とする支援がで…

続きを見る

「介護作文・フォトコンテスト」 応募総数720件から入賞者決定

9月27日(水)に開催した最終審査会で決定公益社団法人全国老人福祉施設協議会は、今年で10回目を迎える「介護作文・フォトコンテスト」の応募を行った。 同コンテストは「Cheers!(チアーズ)誰かがあなたを応援してる」をテーマに、年齢・性…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る