介護・福祉の最新ニュース

包括的な終活支援「エンディングプラン・サポート事業」 横須賀市

2015-06-24 20:00

終活課題を解決する窓口を設置
神奈川県横須賀市は、7月1日から「エンディングプラン・サポート事業」を始めることを発表した。終活課題について相談窓口を求める声を受けて、同事業の実施が決定した。

エンディングプラン・サポート事業とは
対象は身寄りの無いひとり暮らしの高齢者で、収入・資産が一定額以下という条件がある。一定額を上回る人や身寄りのある人に対しては、弁護士会や司法書士会などの情報が提供される。

内容としては、葬儀・納骨・死亡届出人・延命治療の希望(リビングウィル)についての相談と、プランの決定、登録、プランに基づいた支援を市が行う。生前に終活課題を解決しておくことで、生き生きとした人生を送ってもらうことを目的とする。

ひとり暮らしの高齢者は1万人を超える
横須賀市によると、現在、市内には1万人超のひとり暮らしの高齢者がおり、増加傾向にある。身元が分かっているにも関わらず、引き取り手のいない遺体は年間50体にのぼる。

市民からは、ひとり暮らしの高齢者の終活課題について、相談に乗ってほしいという声が上がっていたものの、市内には終活を扱う相談窓口は無かった。自治体がこのような事業を行うのは全国でも例が無いという。


▼外部リンク

横須賀市「エンディングプラン・サポート事業」
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

介護現場で頑張るあなたを応援!「電話相談窓口」を開設中 高知県

介護職員の悩みを相談できる場所高知県は、2月16日、同県介護福祉士会への委託により、「介護職員電話相談窓口」を開設中であることを発表した。 主な取り組み概要「介護職員電話相談窓口」では、豊富な介護の知識と現場経験を有する相談員が、業務内容…

続きを見る

介護者の負担を軽減できるケア技法

ユマニチュード(R)2018年2月14日、株式会社エクサウィザーズは「ユマニチュード(R)」を紹介した。 ケア技法「ユマニチュード(R)」とは、知覚や感情、言語による包括的なコミュニケーションをベースにしている。 「ユマニチュード(R)…

続きを見る

まずはできることから!「認知症サポーター養成講座」

認知症サポーター養成講座2018年2月27日、ケア24梅里は、家族介護教室「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」は、認知症サポーターを養成することを目的とする。講師は「ケア24梅里」の職員が務める。 認知…

続きを見る

大阪読売防犯協力会と「高齢者にやさしい地域づくり推進協定」を締結 …

安心できる街づくり大阪府は、2月13日、認知症徘徊行動等による行方不明高齢者の早期発見・保護への協力や見守り等を通じた、高齢者にやさしい地域づくりの実現を目指し、大阪読売防犯協力会と、「高齢者にやさしい地域づくり推進協定」を締結したことを発…

続きを見る

県による認証制度「信州ふくにん」をスタート長野県

介護や福祉人材の確保に長野県は、2月13日、県内で介護保険サービス、障がい福祉サービス及び児童福祉サービスを運営する法人を対象に「信州福祉事業所認証・評価制度(略称、信州ふくにん)」をスタートすることを発表した。 制度の概要これは、介護や…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る