介護・福祉の最新ニュース

介護者の介護疲れに関する調査結果 毎日新聞共同調査

2016-03-04 11:00

毎日新聞社との共同調査
3月1日、株式会社インターネットインフィニティーは介護者の介護疲れに関する調査結果を発表した。毎日新聞社との共同調査。調査は1月28日~2月3日に会員ケアマネジャーを対象に実施。730名から有効回答を得ている。

93%が「介護者が追い詰められている」
調査の結果、93%のケアマネジャーが、介護者が追い詰められていると感じた経験「ある」と回答。

介護者が追い詰められていると感じた理由については「暴力的な言動があった」が58.6%。また、介護者は不眠や落ち込み、経済的困窮などに陥りやすい傾向にあるとの回答が確認された。

対応は「相談」「サービス追加」
追い詰められた介護者には「相談にのる」が93.7%、「サービスを増やす」が85.4%と多数が状況について対応している。一方、「自分がどこまで関われば良いのか分からなかった」との回答も54.4%と半数以上。

55%と半数以上のケアマネジャーが、介護殺人・無理心中を危惧したとの回答。介護者の支援に必要なのは「夜間や緊急時に対応できるサービス」が68.2%。在宅介護者への経済的支援を提言するケアマネジャーも62.3%いる。「困難事例」「過剰相談」が業務の大きな負担になっているとの結果になっている。

(画像はインターネットインフィニティーHPより)


▼外部リンク

株式会社インターネットインフィニティー プレスリリース(PR TIMES)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/


キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

介護職に医療知識を解説 「介護現場で使える 医療知識&お薬便利帖」…

ますます重要になりつつある医療知識株式会社翔泳社は、10月23日、書籍『介護現場で使える 医療知識&お薬便利帖(介護と医療研究会・著)』を刊行した。 同書は、現場で働く介護職にとってますます重要になりつつある医療知識を説くというもの。高齢…

続きを見る

介護施設向け徘徊対策システム登場

「“誰”・“どこ”みまもりシステム」新発売ナカヨは10月17日、徘徊対策システム「“誰”・“どこ”みまもりシステム」を発売した。 このシステムは、介護施設や高齢者住宅向けの徘徊対策システム。施設利用者が施設の出入口に近づいたときや呼出しボ…

続きを見る

介護現場を幸せにするヒントが満載「介護も高齢もこわくない!」

介護の現場を幸せにする1冊株式会社学研ホールディングスのグループ会社である株式会社学研メディカル秀潤社は、介護をする人もされる人も楽しくなるためのパフォーマンススキルが身につく「介護も高齢もこわくない!」を10月13日(金)に発売した。 …

続きを見る

「ロコモ予防体操イベント」開催 久留米市

日本調剤と九州共立大学との産学連携プロジェクト第1弾全国で調剤薬局を展開している日本調剤薬局株式会社が、九州共立大学と合同で「ロコモ予防体操イベント」を日本調剤 久留米薬局で開催する。同イベントは産学連携プロジェクトとして第1弾となる。 …

続きを見る

自宅介護の限界とは「あいらいふ」11月号発刊

有料老人ホームへの入居をアドバイスザップは、10月18日、月間介護情報誌「あいらいふ11月号」を、10月26日に発刊することを発表した。 11個のサインを解説自宅で介護をする人の中には、「家族間で暴言や暴力がある」「自力で家に戻れない」な…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る