介護・福祉の最新ニュース

移民の受け入れ賛成?反対署名が1万人突破

2014-04-16 22:00

政府が検討、年間20万人の移民受け入れ
「移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会」は、実施している署名「年間20 万人移民 受け入れに断固反対します!」が、1 万人を超えたことを、4月9日に発表した。

この署名は、3月21日より実施されている。同会は、短期間にこれだけの署名が集まったことについて、「国民がこの問題に関心を寄せている表れだ」とコメントしている。署名は、引き続き募集する。
(画像はホームページより)

「移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会」は、会社員など一般国民による有志グループ。移民や外国人労働者の受け入れ、多文化共生政策に対し、慎重な見方を持つ。

介護業界も関係している、外国人労働者問題
移民受け入れへの反対については、「外国人差別ではないか」との声も聞かれる。同会では、「安い賃金で外国人を雇い、日本人が敬遠する労働に就かせようとしている点で、外国人の人権を無視しているのでは」と答えている。

また、介護業界では人手不足が続いており、既に外国人労働者の受け入れを行っている。移民受け入れ及び大量の外国人労働者の受け入れについては、数々の課題がある。治安の維持や安全保障問題、教育、伝統・文化の維持など、重要な課題が立ちはだかる。


▼外部リンク

移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会
http://www.change.org/ja/

同会のプレスリリース(Value Press!)
http://www.value-press.com/pressrelease/124363

キーワード: 総合

関連ニュース

中鎖脂肪酸が認知症に与える改善効果を発表

新たな研究成果を発表日清オイリオグループは、6月19日、宜野湾市にて開催された「第18回日本認知症ケア学会大会」にて発表した「中鎖脂肪酸の新たな研究成果」の内容を明らかにした。 3つの症例から改善内容が明らかに介護老人保健施設に入所してい…

続きを見る

介護をきっかけに健康のための栄養成分を気にする

未来のアクティブシニアへのアンケートアクティブシニア「食と栄養」研究会が、食と栄養素を中心とした現在の生活状況と意識に関するアンケート調査を実施した。対象者は健康意識の高い未来のアクテブシニア(45~64歳)の男女。3割が介護中・介護経験が…

続きを見る

認知症予防ソリューションのブレインケア 軽度認知障がいプロジェクト…

キャピタルメディカ・ベンチャーズと提携ブレインケア株式会社は、6月14日、株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズと業務提携し、認知症に関する研究を開始すると発表した。 ブレインケアは、認知症予防ソリューションや医療データ解析を提供する企…

続きを見る

人間らしいケア「ユマニチュード」に関するアンケート調査結果を発表

今、注目を浴びる介護技術ウェルクスは、6月7日、フランス生まれの介護技術で、人間らしいケアと称される「ユマニチュード」の認知度と活用状況、実際の効果について、認知症の介護経験者100名を対象にアンケート調査を実施したことを発表した。 結果…

続きを見る

「親の在宅介護」思っていたよりも 若い年齢から始まる

「介護と年齢」の意識調査国内の人口26.7%が、65歳以上の高齢者となっている現在、自宅での「親の介護」が増加すると予想されている。 29日、大王製紙株式会社のプレスによると、在宅介護をしている男女300名を対象に実施した「介護と年齢…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る