介護・福祉の最新ニュース

移民の受け入れ賛成?反対署名が1万人突破

2014-04-16 22:00

政府が検討、年間20万人の移民受け入れ
「移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会」は、実施している署名「年間20 万人移民 受け入れに断固反対します!」が、1 万人を超えたことを、4月9日に発表した。

この署名は、3月21日より実施されている。同会は、短期間にこれだけの署名が集まったことについて、「国民がこの問題に関心を寄せている表れだ」とコメントしている。署名は、引き続き募集する。
(画像はホームページより)

「移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会」は、会社員など一般国民による有志グループ。移民や外国人労働者の受け入れ、多文化共生政策に対し、慎重な見方を持つ。

介護業界も関係している、外国人労働者問題
移民受け入れへの反対については、「外国人差別ではないか」との声も聞かれる。同会では、「安い賃金で外国人を雇い、日本人が敬遠する労働に就かせようとしている点で、外国人の人権を無視しているのでは」と答えている。

また、介護業界では人手不足が続いており、既に外国人労働者の受け入れを行っている。移民受け入れ及び大量の外国人労働者の受け入れについては、数々の課題がある。治安の維持や安全保障問題、教育、伝統・文化の維持など、重要な課題が立ちはだかる。


▼外部リンク

移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会
http://www.change.org/ja/

同会のプレスリリース(Value Press!)
http://www.value-press.com/pressrelease/124363

キーワード: 総合

関連ニュース

世界初!介護者も助けるデジタルメディスン「エビリファイ マイサイト…

新しい価値を提供する製品が誕生大塚製薬は、11月14日、世界初のデジタルメディスン「エビリファイ マイサイト(Abilify MyCite(R))」が、米国FDAにて承認されたことを発表した。 3者間の円滑なコミュニケーションを促進「エビ…

続きを見る

市販の介護食利用者は約40%「介護にまつわる意識調査」の結果を発表

「介護の日」に向けた取り組みキユーピーは、11月8日、「介護にまつわる意識調査」の結果を発表した。 食事に関する困りごとを持つ人は約30%介護の必要な同居家族がいる人に対し、「介護にどの程度携わっているか」を尋ねたところ、「主に携わってい…

続きを見る

アルツハイマー型認知症に伴う行動障がい向け 「追加フェーズ3試験」…

さらに次のステップへ大塚製薬は、11月1日、抗精神病薬「ブレクスピプラゾール(一般名)」のアルツハイマー型認知症に伴う行動障がい(アジテーション)を対象とした「追加フェーズ3試験」を実施することを発表した。 過去の結果はいまひとつブレクス…

続きを見る

朝日生命 全役職員約15000名が「認知症サポーター」として認定

社内で認知症サポーターは15000名以上朝日生命保険相互会社は、認知症サポーター養成の取り組みを進めており、生命保険会社では初めて全役職員15,566人が認知症サポーターとして認定された。 今までの取り組み同社では、平成24年度より、厚生…

続きを見る

あやすと1歳児の言葉をしゃべる「こんにちは赤ちゃん」

こんにちは赤ちゃん2017年10月28日より、トレンドマスター株式会社は、コミュニケーションロボット「こんにちは赤ちゃん」を2種類(男の子、女の子)、全国一斉に発売する。 赤ちゃん型のぬいぐるみの様な外観の「こんにちは赤ちゃん」は、シンプ…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る