介護・福祉の最新ニュース

移民の受け入れ賛成?反対署名が1万人突破

2014-04-16 22:00

政府が検討、年間20万人の移民受け入れ
「移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会」は、実施している署名「年間20 万人移民 受け入れに断固反対します!」が、1 万人を超えたことを、4月9日に発表した。

この署名は、3月21日より実施されている。同会は、短期間にこれだけの署名が集まったことについて、「国民がこの問題に関心を寄せている表れだ」とコメントしている。署名は、引き続き募集する。
(画像はホームページより)

「移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会」は、会社員など一般国民による有志グループ。移民や外国人労働者の受け入れ、多文化共生政策に対し、慎重な見方を持つ。

介護業界も関係している、外国人労働者問題
移民受け入れへの反対については、「外国人差別ではないか」との声も聞かれる。同会では、「安い賃金で外国人を雇い、日本人が敬遠する労働に就かせようとしている点で、外国人の人権を無視しているのでは」と答えている。

また、介護業界では人手不足が続いており、既に外国人労働者の受け入れを行っている。移民受け入れ及び大量の外国人労働者の受け入れについては、数々の課題がある。治安の維持や安全保障問題、教育、伝統・文化の維持など、重要な課題が立ちはだかる。


▼外部リンク

移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会
http://www.change.org/ja/

同会のプレスリリース(Value Press!)
http://www.value-press.com/pressrelease/124363

キーワード: 総合

関連ニュース

アプリで行方不明者の情報を共有して早期発見

みまもりあいアプリ2017年8月1日、株式会社ホープは社団法人セーフティネットリンケージと共に、「福岡市認知症高齢者見守りネットワーク事業(捜索システム)」に参画することを発表した。 福岡市が展開する「福岡市認知症高齢者見守りネットワーク…

続きを見る

北京ケアサービスが始動 「介護からエンゼルケアまで」のサービスを…

日本のサービスを中国でもケアサービス(以下、日本ケアサービス)は、8月8日、合弁子会社「北京福原順欣養老管理有限公司(以下、北京ケアサービス)」が、中国釣魚台国賓館にて、会社設立記念式典を開催したことを発表した。 北京ケアサービスは、北京…

続きを見る

iPadとCareKitを組み合わせた服薬管理システムで飲み忘れな…

通信機能付き薬箱2017年7月10日、株式会社デンソーウェーブは、凸版印刷株式会社と共同で、通信機能付き薬箱を開発したと発表した。 Appleの「iPad」を使う、この薬箱では、ICタグ薬包の一括読み取りによる、管理が可能。また、この薬箱…

続きを見る

富士フイルム 「アルツハイマー型認知症治療薬」の臨床効果を確認 ア…

新たなAD治療薬として期待富士フイルムは、7月19日、軽度から中等度のアルツハイマー型認知症(以下、AD)患者を対象としたAD治療薬「T-817MA」の米国第II相臨床試験において、3つの画期的な臨床効果が確認できたことを発表した。 AD…

続きを見る

「ぽじえじ」の自立支援型介護を輸出 中国

中国で前例のない取り組みメディヴァは、7月13日、中国天津市の中福老齢産業開発(天津)有限公司と、高齢者向けデイサービス「ぽじえじステーション」の設立支援に関する契約を締結したことを発表した。 今回の取り組みには、天津市の地元メディアも注…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る