介護・福祉の最新ニュース

電磁波過敏症に対する初めての保障 フランス

2014-04-20 20:00

エソンヌ県に住む30代の電磁波過敏症患者
フランスのパリ郊外、イル=ド=フランス地域圏に属するエソンヌ県(Essonne)に住む30代の電磁波過敏症の男性が、県の障害児・者センターMDPH(Maison départementale des personnes handicapées)より、補助金を受け取ることになった。

電磁波過敏症が、障害と認められ、フランス国内で、障害保障を受けるのは、これが初めてである。

エソンヌ県南部に住む32歳のこの男性は、数年前、職務中に大きな電磁波にさらされ、それ以後、電磁波に対し過敏になり、休職していた。

金額はまだ明らかになっていないが、エソンヌ県の障害児・者センターは、この男性に、補助金を支払う決断をとった。

補助金で電磁波から身を守るグッズを購入する予定
男性は、この補助金で、電磁波測定器、電磁波を遮る効果のある衣服、寝ている時も、パソコンや、携帯電話などの、Wi-Fi機能などから発せられる電磁波を遮るための、囲いのついたベッドなどを購入する予定であると語った。

電磁波過敏症患者で、障害者として認められ、障害者雇用の対象となった人は今までにもいたが、電磁波過敏症に対する補助金を受け取るケースは今回が初めてである。

電磁波過敏症は、まだ世の中に広く知れ渡っていない病気であるが、その数は、年々増え続けていると言われている。


▼外部リンク

France TV Info
http://www.francetvinfo.fr/

キーワード: 総合

関連ニュース

腰の負担を軽減する体幹筋サポーター

POJI体幹筋サポーター2018年4月より、株式会社POJIは、「POJI体幹筋サポーター」を発売した。 「POJI体幹筋サポーター」は、屈曲や伸展のような動きに対して、強伸縮バンドが動作をサポートする。介護職などの職務において、動作と腰…

続きを見る

人々との触れ合いで成長する「aibo(アイボ)」

自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」2018年4月6日、ソニー・ライフケア株式会社は、自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」を介護付有料老人ホーム等に導入したことを発表した。 今回、「aibo」が導入され…

続きを見る

「ビフィズス菌A1」が 軽度認知障がいが疑われる人の認知機能を改善

ヒトに対する効果を検証森永乳業は、3月22日、認知症を発症する前段階である軽度認知障がいの疑いがある人を対象に、「ビフィズス菌A1」を摂取する前後比較試験を実施したところ、軽度認知障がいが疑われる人の認知機能を改善する可能性を確認できたこと…

続きを見る

ロングライフホールディングがジェトロのニューズレターにて紹介 中国

テーマは高齢者産業ロングライフホールディングは、3月16日、JETRO(日本貿易振興機構、以下、ジェトロ)が発行する「ジェトロ中国高齢者産業ニューズレター」 に、中国へ参入した企業として同社が紹介されたことを発表した。 ニューズレターの主…

続きを見る

ダンスで楽しく介護予防

JDACダンス介護予防指導士2018年4月1日より、株式会社プレミア・ケアと一般社団法人ダンス教育振興連盟JDAC(ジェイダック)は、指導者の資格制度「JDACダンス介護予防指導士」をスタートする。 高齢化社会において、介護職員の人手不足…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る