介護・福祉の最新ニュース

電磁波過敏症に対する初めての保障 フランス

2014-04-20 20:00

エソンヌ県に住む30代の電磁波過敏症患者
フランスのパリ郊外、イル=ド=フランス地域圏に属するエソンヌ県(Essonne)に住む30代の電磁波過敏症の男性が、県の障害児・者センターMDPH(Maison départementale des personnes handicapées)より、補助金を受け取ることになった。

電磁波過敏症が、障害と認められ、フランス国内で、障害保障を受けるのは、これが初めてである。

エソンヌ県南部に住む32歳のこの男性は、数年前、職務中に大きな電磁波にさらされ、それ以後、電磁波に対し過敏になり、休職していた。

金額はまだ明らかになっていないが、エソンヌ県の障害児・者センターは、この男性に、補助金を支払う決断をとった。

補助金で電磁波から身を守るグッズを購入する予定
男性は、この補助金で、電磁波測定器、電磁波を遮る効果のある衣服、寝ている時も、パソコンや、携帯電話などの、Wi-Fi機能などから発せられる電磁波を遮るための、囲いのついたベッドなどを購入する予定であると語った。

電磁波過敏症患者で、障害者として認められ、障害者雇用の対象となった人は今までにもいたが、電磁波過敏症に対する補助金を受け取るケースは今回が初めてである。

電磁波過敏症は、まだ世の中に広く知れ渡っていない病気であるが、その数は、年々増え続けていると言われている。


▼外部リンク

France TV Info
http://www.francetvinfo.fr/

キーワード: 総合

関連ニュース

中鎖脂肪酸が認知症に与える改善効果を発表

新たな研究成果を発表日清オイリオグループは、6月19日、宜野湾市にて開催された「第18回日本認知症ケア学会大会」にて発表した「中鎖脂肪酸の新たな研究成果」の内容を明らかにした。 3つの症例から改善内容が明らかに介護老人保健施設に入所してい…

続きを見る

介護をきっかけに健康のための栄養成分を気にする

未来のアクティブシニアへのアンケートアクティブシニア「食と栄養」研究会が、食と栄養素を中心とした現在の生活状況と意識に関するアンケート調査を実施した。対象者は健康意識の高い未来のアクテブシニア(45~64歳)の男女。3割が介護中・介護経験が…

続きを見る

認知症予防ソリューションのブレインケア 軽度認知障がいプロジェクト…

キャピタルメディカ・ベンチャーズと提携ブレインケア株式会社は、6月14日、株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズと業務提携し、認知症に関する研究を開始すると発表した。 ブレインケアは、認知症予防ソリューションや医療データ解析を提供する企…

続きを見る

人間らしいケア「ユマニチュード」に関するアンケート調査結果を発表

今、注目を浴びる介護技術ウェルクスは、6月7日、フランス生まれの介護技術で、人間らしいケアと称される「ユマニチュード」の認知度と活用状況、実際の効果について、認知症の介護経験者100名を対象にアンケート調査を実施したことを発表した。 結果…

続きを見る

「親の在宅介護」思っていたよりも 若い年齢から始まる

「介護と年齢」の意識調査国内の人口26.7%が、65歳以上の高齢者となっている現在、自宅での「親の介護」が増加すると予想されている。 29日、大王製紙株式会社のプレスによると、在宅介護をしている男女300名を対象に実施した「介護と年齢…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る