介護・福祉の最新ニュース

電磁波過敏症に対する初めての保障 フランス

2014-04-20 20:00

エソンヌ県に住む30代の電磁波過敏症患者
フランスのパリ郊外、イル=ド=フランス地域圏に属するエソンヌ県(Essonne)に住む30代の電磁波過敏症の男性が、県の障害児・者センターMDPH(Maison départementale des personnes handicapées)より、補助金を受け取ることになった。

電磁波過敏症が、障害と認められ、フランス国内で、障害保障を受けるのは、これが初めてである。

エソンヌ県南部に住む32歳のこの男性は、数年前、職務中に大きな電磁波にさらされ、それ以後、電磁波に対し過敏になり、休職していた。

金額はまだ明らかになっていないが、エソンヌ県の障害児・者センターは、この男性に、補助金を支払う決断をとった。

補助金で電磁波から身を守るグッズを購入する予定
男性は、この補助金で、電磁波測定器、電磁波を遮る効果のある衣服、寝ている時も、パソコンや、携帯電話などの、Wi-Fi機能などから発せられる電磁波を遮るための、囲いのついたベッドなどを購入する予定であると語った。

電磁波過敏症患者で、障害者として認められ、障害者雇用の対象となった人は今までにもいたが、電磁波過敏症に対する補助金を受け取るケースは今回が初めてである。

電磁波過敏症は、まだ世の中に広く知れ渡っていない病気であるが、その数は、年々増え続けていると言われている。


▼外部リンク

France TV Info
http://www.francetvinfo.fr/

キーワード: 総合

関連ニュース

CAMD アルツハイマー病研究に有用な次世代ショウジョウバエモデル…

糖脂質ガングリオシドを、ショウジョウバエに発現国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター内の認知症先進医療開発センター(CAMD)は、2018年6月13日、アルツハイマー病研究に有用な次世代ショウジョウバエモデルの作成に成功したと発表した。…

続きを見る

悠山会の施設 高齢者見守り・捜索サービスに関する実証実験を開始 名…

中部電力および加藤電機と共に中部電力株式会社と加藤電機株式会社、医療法人悠山会の3者は、2018年6月12日、高齢者見守り・捜索サービスに関する実証実験の開始したと発表した。 この実験は、悠山会が名古屋市昭和区エリアにおいて運営する高齢者…

続きを見る

介護業界の変化を反映 日本福祉大学通信教育部への出願が増加中

2018年度の出願者数が、過去最多学校法人日本福祉大学は、2018年6月6日、同学の通信教育課程である福祉経営学部 医療・福祉マネジメント学科の2018年度の出願者数が、過去最多の2671名に達したと発表した。 日本福祉大学は、1953年…

続きを見る

次世代アルツハイマー病治療剤「Elenbecestat」 安全性と…

18カ月トップラインにおける安全性と忍容性エーザイ株式会社とバイオジェン・インクは、2018年6月5日、軽度認知障がいおよび軽度から中等度のアルツハイマー病を対象とした『Elenbecestat』の臨床第2相試験について、18カ月トップライ…

続きを見る

配偶者より先に死にたい男性8割

「自分が先に死にたい」と回答した男性は8割日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団は、全国の男女 1000名を対象に「余命が限られた場合、どのような医療を受け、どのような最期を過ごしたいか」についてのアンケート調査を実施した。 「配偶者より先に…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る