介護・福祉の最新ニュース

保険外の訪問リハビリをリリース

2014-05-22 04:00

誰でも自宅で
株式会社ARROWは、東京都で運営している「トレーニングスペース アロー」において、「自費訪問リハビリテーションサービス」を2014年5月20日にリリースすることを発表した。理学療法士による保険対象外のサービスを、誰でも自宅で受けることができるというもの。
(画像はプレスリリースより)

保険適用外なので医療保険、介護保険のケアプラン以外でリハビリを受けたい人にとって、ケアプランに影響すること無く併用できる。健康のためにトレーニングを受けたいが、介護をしているために自宅を離れられない、といった事情の人にとっても便利なサービスとなりそうだ。

リハビリ難民のために
リハビリテーションは、疾患ごとに受けられる算定日数に制限があるために、満足にリハビリテーションを受けられないという現状を抱える日本。

リハビリテーションを受けたいのに受けられない「リハビリ難民」。日本にはリハビリ難民が全国で約264万人いると言われている。2045年には約345万人になると予想されている。

このような「リハビリ難民」問題を解消するために「自費訪問リハビリテーションサービス」はリリースされた。

理学療法士が自宅まで訪問し、リハビリ・パーソナルトレーニングを行ってくれる。必要に応じ、介助方法も指導する。身体麻痺や筋力が低下している人には、ベッド周りの動作や屋内外の移動の練習も行うという。

世田谷区を中心とした周辺エリアを、訪問可能エリアとしている。料金は1回55分で7,000円。自宅でリハビリを受けられるのなら、予防のために利用したい人も、気軽に始められるかもしれない。


▼外部リンク

株式会社ARROW
http://ts-arrow.com/

株式会社ARROWのプレスリリース(@Press)
http://www.atpress.ne.jp/view/46180

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

大好評!「ケアマネジャー手帳2018」今年も刊行

2年目の今年はさらに使いやすい仕様に中央法規出版は、シンプルかつ機能的な手帳「ケアマネジャー手帳2018」の発売をスタートした。 同社は、昨年初めて「ケアマネジャー手帳」を刊行。読者に大変好評だったことから、今年も発売を決め、さらなるバー…

続きを見る

レクリエーション介護士の会報誌「スマレク」第4号を発刊

2016年7月に創刊された『スマレク』BCC株式会社スマイル・プラスカンパニーは、レクリエーション介護士の会報誌『スマレク』第4号を、9月16日に発刊した。 同社は、レクリエーション介護士制度を手掛ける企業。『スマレク』は、2016年7月…

続きを見る

「国際福祉機器展」9月27~29日開催

福祉機器の今・未来を、みて、さわって、たしかめるアジア最大の総合福祉機器展「第44回国際福祉機器展」が、9月27日~29日に東京ビッグサイトで開催される。15か国1地域から528社の企業・団体が、ハンドメイドの自助具から食品、衣類、最先端技…

続きを見る

【新刊】状態に応じた介助方法を写真でわかりやすく紹介『福辺流 力と…

義足の理学療法士が提案する、利用者・介助者双方にやさしい介護技術を紹介中央法規出版は、8月に『福辺流 力と意欲を引き出す介助術』を刊行した。介助される人の可能性を広げるために、状態に応じた介助方法を写真でわかりやすく紹介した一冊となっている…

続きを見る

いざという時のために「災害時の高齢者への対応」 和歌山県

市民公開講座一般社団法人日本認知症ケア学会は、市民公開講座を開催する。 「災害時の高齢者への対応」 日時:2017年 9月30日(土)13:00~15:00(受付開始 12:00~) 場所:和歌山商工会議所 大ホール(和歌山県和歌山市西汀丁…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る