介護・福祉の最新ニュース

保険外の訪問リハビリをリリース

2014-05-22 04:00

誰でも自宅で
株式会社ARROWは、東京都で運営している「トレーニングスペース アロー」において、「自費訪問リハビリテーションサービス」を2014年5月20日にリリースすることを発表した。理学療法士による保険対象外のサービスを、誰でも自宅で受けることができるというもの。
(画像はプレスリリースより)

保険適用外なので医療保険、介護保険のケアプラン以外でリハビリを受けたい人にとって、ケアプランに影響すること無く併用できる。健康のためにトレーニングを受けたいが、介護をしているために自宅を離れられない、といった事情の人にとっても便利なサービスとなりそうだ。

リハビリ難民のために
リハビリテーションは、疾患ごとに受けられる算定日数に制限があるために、満足にリハビリテーションを受けられないという現状を抱える日本。

リハビリテーションを受けたいのに受けられない「リハビリ難民」。日本にはリハビリ難民が全国で約264万人いると言われている。2045年には約345万人になると予想されている。

このような「リハビリ難民」問題を解消するために「自費訪問リハビリテーションサービス」はリリースされた。

理学療法士が自宅まで訪問し、リハビリ・パーソナルトレーニングを行ってくれる。必要に応じ、介助方法も指導する。身体麻痺や筋力が低下している人には、ベッド周りの動作や屋内外の移動の練習も行うという。

世田谷区を中心とした周辺エリアを、訪問可能エリアとしている。料金は1回55分で7,000円。自宅でリハビリを受けられるのなら、予防のために利用したい人も、気軽に始められるかもしれない。


▼外部リンク

株式会社ARROW
http://ts-arrow.com/

株式会社ARROWのプレスリリース(@Press)
http://www.atpress.ne.jp/view/46180

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

見守り機器は2025年問題を救うか-シード・プランニングが市場調査

見守り機器導入トップはベッド周辺センサ市場調査・コンサルティングを手がけるシード・プランニングは1月17日、「介護施設における『見守り機器』ニーズ調査 第2弾」の調査結果を発表した。調査対象は介護老人保健施設2,000施設で、回答数208件…

続きを見る

「あへあほ体操 for Pepper」による健康づくり体験を受付中

北海道から全国へ展開北海道札幌市に本社を置く「AHプロジェクト」は、1月22日、ロボットによる「あへあほ体操トレーニングの体験会」を受付中であることを発表した。 同社は、システム会社である「アジェンダ」とともに、ロボットによる日常的な健康…

続きを見る

脳活性化メゾットを体験するイベント「シナプソロジーフェスタ」開催

笑顔が生まれるプログラム株式会社ルネサンスは、同社が開発した脳活性化メソッド「シナプソロジー」のイベント「シナプソロジーフェスタ」を開催する。 シナプソロジーを知っている人も、初めての人でも、気軽に参加でき、気軽に楽しく参加することができ…

続きを見る

無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年2月号」を発刊

老人ホーム選びに失敗しない心得を伝授ザップは、1月17日、介護情報誌「あいらいふ 2018年2月号」を、1月25日(木)に発刊することを発表した。 主な内容紹介2月号では、前号に続いて、編集部が伝えたい11個の「見学準備のポイント」を掲載…

続きを見る

刻まない介護食「モバイルプラス やわら御膳」関東エリアでも提供開始

エリアを拡大して課題を解決日清医療食品は、1月10日、近畿エリアの施設にて提供してきた介護食「モバイルプラス やわら御膳」を、関東圏にも拡大して提供をスタートすることを発表した。 現在、多くの施設では、噛む力が弱い高齢者向けに、食事を細か…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る