介護・福祉の最新ニュース

新しい糖尿病の治療法 フランス

2014-05-29 05:00

2型糖尿病の治療に有効な新しい薬を発見
フランスの医療雑誌、「Top Santé」によると、糖尿病の専門医が、2型糖尿病の治療に有効な新しい薬を発見した。この治療薬を発見した専門医の名前は発表されなかったが、この治療薬の分子名は、「6bk」と名づけられたという。

2型糖尿病とは、血中の糖分が高くなりすぎる病気で、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きが低下し、血液中の血糖値の調整が難しくなる。フランスでは、2型糖尿病患者は約200万人いるとされている。

Image:by .v1ctor Casale.(画像はイメージです)

2型糖尿病患者の抱えるリスク
2型糖尿病患者の抱えるリスクとしては、心臓血管機能の低下、糖尿病腎症、糖尿病網膜症などの視力障がいなど、糖尿病に関連する様々な疾病が挙げられる。

未治療もしくは血糖値が良好にコントロールされていない状態のまま数年以上放置しておくことにより、これらの病気を合併するリスクが増加する。

今回発見された「6bk」という分子は、血糖値を調節するインスリンの働きを妨げる、インスリン分解酵素(IDE:insulin-degrating enzyme)の働きをブロックすることが可能である。

この発見が、新しい2型糖尿病の治療法へと発展することが期待される。


▼外部リンク

Top Santé
http://www.topsante.com/

キーワード: 総合

関連ニュース

WWIP 日中医療・介護技術交流協会の運営業務を受託

介護のノウハウなどを中国にて提供株式会社ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン(以下「WWIP」)は、2018年7月19日、一般社団法人 日中医療・介護技術交流協会(以下「JCMC」)の運営業務を受託したと発表した。 WWIP…

続きを見る

東大 軽度認知障がいにおける認知機能低下の加速因子を同定

認知症の前段階と考えられる軽度認知障がい東京大学大学院医学系研究科は、2018年7月17日、軽度認知障がいにおける認知機能低下の加速因子を同定したと発表した。 軽度認知障がいは、認知機能が同年齢と比較して有意に低下しているが、日常生活では…

続きを見る

ビズネットが「高度管理医療機器等販売業」の業認可取得

医療や介護の領域へ商材を拡大ビズネット株式会社はBtoBにおける調達・販売業務においてネット化を推進し、最適な業務改善や購入した商品実績の一元管理、企業のコスト削減・調達業務の効率化などを図るニーズに対し、サービスを提供している。 今回、…

続きを見る

認知症情報サイト「笑顔とこころでつながる認知症医療」 掲載施設数が…

認知症に携わる人々の取り組みを紹介小野薬品工業株式会社は、2018年7月12日、同社運営の認知症関連情報WEBサイト『笑顔とこころでつながる認知症医療』にて取材記事を掲載している施設数が、400軒に達したと発表した。 『笑顔とこころでつな…

続きを見る

ミクニグループ 車いす等の合弁事業をスタート

世界的リーダーと合弁会社を設立ミクニは、7月10日、連結子会社で福祉介護機器事業を展開している「ミクニライフ&オート(以下、MLA)」が、ドイツのマルシュに本社を置く「Sunrise Medical Holdings Limited(以下、…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る