介護・福祉の最新ニュース

新しい糖尿病の治療法 フランス

2014-05-29 05:00

2型糖尿病の治療に有効な新しい薬を発見
フランスの医療雑誌、「Top Santé」によると、糖尿病の専門医が、2型糖尿病の治療に有効な新しい薬を発見した。この治療薬を発見した専門医の名前は発表されなかったが、この治療薬の分子名は、「6bk」と名づけられたという。

2型糖尿病とは、血中の糖分が高くなりすぎる病気で、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きが低下し、血液中の血糖値の調整が難しくなる。フランスでは、2型糖尿病患者は約200万人いるとされている。

Image:by .v1ctor Casale.(画像はイメージです)

2型糖尿病患者の抱えるリスク
2型糖尿病患者の抱えるリスクとしては、心臓血管機能の低下、糖尿病腎症、糖尿病網膜症などの視力障がいなど、糖尿病に関連する様々な疾病が挙げられる。

未治療もしくは血糖値が良好にコントロールされていない状態のまま数年以上放置しておくことにより、これらの病気を合併するリスクが増加する。

今回発見された「6bk」という分子は、血糖値を調節するインスリンの働きを妨げる、インスリン分解酵素(IDE:insulin-degrating enzyme)の働きをブロックすることが可能である。

この発見が、新しい2型糖尿病の治療法へと発展することが期待される。


▼外部リンク

Top Santé
http://www.topsante.com/

キーワード: 総合

関連ニュース

ケアサービス子会社「エンゼルケアサービス」の2拠点目をオープン 中…

中国にてエンゼルケア事業を積極展開ケアサービス(以下、同社)は、3月17日、同社の中国子会社「上海福原護理服務有限公司(以下、上海ケアサービス)」が、4月下旬より上海市閔行区葬儀場にて、エンゼルケア事業をスタートすることを発表した。 上海…

続きを見る

おしゃれなユニバーサルデザインで介護を楽に楽しく!

ユニバーサルデザインのブランド「AUN(アウン)」2017年4月24日までの期間、株式会社エナジーフロントはユニバーサルデザインのブランド「AUN(アウン)」を広める為、クラウドファンディングプラットフォームCAMPFIRE(キャンプファイ…

続きを見る

「バーチャル旅行体験が認知症予防にもたらす効果」の検証をスタート

脳活性化への効果を検証合同会社toraruは、2月24日、認知症予防を研究する「奈良県立医科大学」ならびに、福祉・介護施設を運営する「株式会社ナッセ」とともに、「バーチャル旅行体験が認知症予防にもたらす効果」について、5月より共同研究をスタ…

続きを見る

2016年「老人福祉・介護事業」の倒産が急増 東京商工リサーチ調…

昨年の統計を取りまとめ東京商工リサーチは、1月11日、2016年(1-12月)の「老人福祉・介護事業」の倒産状況の調査結果を発表した。 なお、この調査対象の「老人福祉・介護事業」は、有料老人ホーム、通所・短期入所介護事業、訪問介護事業など…

続きを見る

「みまもりタグ」 優秀賞を獲得 介護や警備事業のノウハウを結集

大切な人を見守る商品ALSOKは、1月4日、同社の徘徊対策商品「みまもりタグ」および、専用靴を利用した認知症高齢者の見守りシステムが、日本経済新聞社主催の「2016年 日経優秀製品・サービス賞」において、「優秀賞 日経産業新聞賞」を獲得した…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る