介護・福祉の最新ニュース

新しい糖尿病の治療法 フランス

2014-05-29 05:00

2型糖尿病の治療に有効な新しい薬を発見
フランスの医療雑誌、「Top Santé」によると、糖尿病の専門医が、2型糖尿病の治療に有効な新しい薬を発見した。この治療薬を発見した専門医の名前は発表されなかったが、この治療薬の分子名は、「6bk」と名づけられたという。

2型糖尿病とは、血中の糖分が高くなりすぎる病気で、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きが低下し、血液中の血糖値の調整が難しくなる。フランスでは、2型糖尿病患者は約200万人いるとされている。

Image:by .v1ctor Casale.(画像はイメージです)

2型糖尿病患者の抱えるリスク
2型糖尿病患者の抱えるリスクとしては、心臓血管機能の低下、糖尿病腎症、糖尿病網膜症などの視力障がいなど、糖尿病に関連する様々な疾病が挙げられる。

未治療もしくは血糖値が良好にコントロールされていない状態のまま数年以上放置しておくことにより、これらの病気を合併するリスクが増加する。

今回発見された「6bk」という分子は、血糖値を調節するインスリンの働きを妨げる、インスリン分解酵素(IDE:insulin-degrating enzyme)の働きをブロックすることが可能である。

この発見が、新しい2型糖尿病の治療法へと発展することが期待される。


▼外部リンク

Top Santé
http://www.topsante.com/

キーワード: 総合

関連ニュース

都築電気 シニアヘルスケア分野のロボットAIプラットフォーム活用を…

介護業務全般をサポートする『KitFit SilverLand』都築電気株式会社は、2018年5月14日、シニアヘルスケア分野におけるロボットAIプラットフォーム活用事業について、富士通株式会社との協業を合意したと発表した。 この協業は、…

続きを見る

脳活性化メソッド「シナプソロジー(R)」で健康寿命を延伸 韓国

韓国の高齢社会に貢献ルネサンスは、5月10日、同社が開発した脳活性化メソッド「シナプソロジー(R)」について、韓国法人チャンネルファクトリーと、韓国における総代理店契約を締結したことを発表した。 韓国では、2050年における65歳以上の高…

続きを見る

介護・福祉施設向けデリバリーサービス「スマート介護」 vol.5カ…

社内カンパニーであるジョインテックスが展開プラス株式会社は、2018年5月10日、介護・福祉施設向けデリバリーサービス『スマート介護』のvol.5カタログを発刊した。 『スマート介護』は、プラスの社内カンパニーであるジョインテックスが展開…

続きを見る

情報の一元管理で介護業務の負荷を軽減

Smart Home Medical Care」2018年4月26日、株式会社オプティムは、在宅医療支援サービス「在宅医療あんしんパック」のサービス名称を「Smart Home Medical Care」に改めて、全国の医療機関に提供するこ…

続きを見る

コミュニケーション・ロボットを活用した見守り

愛媛県西条市の「高齢者見守り支援サービス」2018年4月20日、日本電気株式会社(NEC)は、愛媛県西条市の「高齢者見守り支援サービス」を支援することを発表した。 スマートシティ構築に取り組む、愛媛県西条市では、「高齢者見守り支援サービス…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る