介護・福祉の最新ニュース

「日本の伝統文化」をテーマにした独自レクリエーションを開発

2016-12-24 06:00

毎月テーマを決め創作
介護事業等を展開しているヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社が「日本の伝統文化」をテーマにしたレクリエーションプログラムを直営のデイサービス92カ所で開始する。

同社は全国195カ所で居宅介護支援、訪問介護、小規模多機能ホーム、有料老人ホーム、デイサービス、グループホーム等、多岐にわたる介護サービス事業を運営している。

1月は飾り羽子板作り
同社が開発したレクリエーションは毎月季節に合ったテーマが設定され、介護職員と制作する。2017年1月には干支の酉がデザインされた「飾り羽子板」を作る。羽子板は神社等で魔除けや占いの神事に使われ、室町時代以降は正月の遊戯や贈り物に用いられるようになった。2月以降も日本の伝統文化をテーマにした創作や、日本の伝統的な料理やおやつを作る。

コミュニケーションを増やし、伝統文化形成の場に
このレクリエーションを通して、利用者が自身の体験を思い出し、職員や他の利用者、家族とのコミュニケーションが増えることにより、社会性の回復や心の安定につながる。また、手順を考え手先を動かすことにより、脳が活性化され認知症の進行を抑制される等を期待している。

それぞれの地域で根付いてきた伝統文化は急速な生活の変化に伴い、消えようとしているものもある。同社は、利用者が親しんできた文化を大切にし、職員とのコミュニケーションを通じて、介護現場が文化形成の場となること。さらに、次世代へ継承される場になることを目指している。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ヒューマンホールディングス株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000305.000005089.html

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

高齢者を見守る「もりん」登場

介護士の負担軽減・安心向上ドーンコーラス合同会社は2017年1月12日(木)に、見守り支援システム「もりん」の販売・レンタルを開始したと発表した。 「もりん」を導入することで、転倒事故の防止、徘徊の早期発見、熱中症・風邪予防、夜間見回り回…

続きを見る

老人ホームで「未病の改善」実証プロジェクトを開始 神奈川県

住宅環境の情報などデータ収集で未病を促す神奈川県は1月16日、県内の介護付有料老人ホームにおいて、未病の改善をサポートするサービスの実証プロジェクトを行うと発表した。 神奈川県では県民の「未病の改善」に資する商品やサービスの市場拡大を推進…

続きを見る

社会福祉法人正寿会「かざはやの里2017梅まつり」を開催

藤堂高虎が命名した風早池に隣接社会福祉法人正寿会は、1月16日、三重県津市にある福祉と環境を融合した花園「かざはやの里」~かっぱのふるさと~において、「梅まつり」を2月11日から3月26日に開催することを発表した。 また、この「梅まつり」…

続きを見る

学びながら働く!学費のカバーも可能な通信制高校開校

神村学園 葛飾学習センター学校法人神村学園では、2017年4月1日より神村学園 葛飾学習センター 介護・福祉コースを開校する。 介護を学びながら介護施設で勤務することができ、学費のカバーをすることができる新しい通信制高校だ。 全日制と同じ…

続きを見る

日本教育クリエイトが介護就職を後押し

福祉分野にて就職・転職を考えている人が対象株式会社日本教育クリエイトが運営する福祉教育専門校の三幸福祉カレッジ名古屋校で東海エリア限定、介護就職フェアを2017年2月19日(日)に開催する。場所は名古屋駅から徒歩5分の名古屋医療秘書福祉専門…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る