介護・福祉の最新ニュース

「日本の伝統文化」をテーマにした独自レクリエーションを開発

2016-12-24 06:00

毎月テーマを決め創作
介護事業等を展開しているヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社が「日本の伝統文化」をテーマにしたレクリエーションプログラムを直営のデイサービス92カ所で開始する。

同社は全国195カ所で居宅介護支援、訪問介護、小規模多機能ホーム、有料老人ホーム、デイサービス、グループホーム等、多岐にわたる介護サービス事業を運営している。

1月は飾り羽子板作り
同社が開発したレクリエーションは毎月季節に合ったテーマが設定され、介護職員と制作する。2017年1月には干支の酉がデザインされた「飾り羽子板」を作る。羽子板は神社等で魔除けや占いの神事に使われ、室町時代以降は正月の遊戯や贈り物に用いられるようになった。2月以降も日本の伝統文化をテーマにした創作や、日本の伝統的な料理やおやつを作る。

コミュニケーションを増やし、伝統文化形成の場に
このレクリエーションを通して、利用者が自身の体験を思い出し、職員や他の利用者、家族とのコミュニケーションが増えることにより、社会性の回復や心の安定につながる。また、手順を考え手先を動かすことにより、脳が活性化され認知症の進行を抑制される等を期待している。

それぞれの地域で根付いてきた伝統文化は急速な生活の変化に伴い、消えようとしているものもある。同社は、利用者が親しんできた文化を大切にし、職員とのコミュニケーションを通じて、介護現場が文化形成の場となること。さらに、次世代へ継承される場になることを目指している。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ヒューマンホールディングス株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000305.000005089.html

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

AIがデータを解析して介護計画書を自動作成する

金沢工業大学と株式会社ロジックによる共同研究2018年4月11日、金沢工業大学は、株式会社ロジックと共同研究を開始する事を発表した。 この共同研究の第1フェーズでは、AIで介護計画書を自動作成することを実現する。介護現場における事務処理は…

続きを見る

サ高住「グランメゾン迎賓館 京都嵐山」に新館登場 京都市

嵯峨嵐山で人気のサ高住に新館登場ジェイ・エス・ビーは5月から京都市右京区に、サービス付き高齢者向け住宅「グランメゾン迎賓館 京都嵐山II」を開業する。 「グランメゾン迎賓館 京都嵐山II(以下、嵐山II)」はJR嵯峨野線「嵯峨嵐山」駅から…

続きを見る

多言語で介護記録を簡単に入力できる

「介護記録システム」の多言語対応機能2018年4月3日、株式会社カナミックネットワークは、タブレット型「介護記録システム」の多言語対応機能をリリースしたことを発表した。 「介護記録システム」の多言語対応機能は日本語以外に、英語、中国語、ベ…

続きを見る

ツクイ 「エンディングサポート」サービスを開始

35年におよぶ経験をいかしてツクイは、4月5日、「エンディングサポート」サービスをスタートすることを発表した。 主なサービス概要今回同社は、「Future Diary 未来への伝言」「お別れ会・葬儀」「エンディング入浴(湯灌)」「終活セ…

続きを見る

要介護者の排泄自立をサポートする新サービス

DFree排泄自立支援プラン2018年4月1日より、トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社は、新サービス「DFree排泄自立支援プラン」の提供をスタートした。 「DFree排泄自立支援プラン」では、「DFree」が得たデータ(膀胱のデータ…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る