介護・福祉の最新ニュース

利用者のニーズ高く 「ロコミル(R)手帳」をついに商品化

2016-12-27 21:00

運動の習慣化をサポート
アルケアは、12月26日、運動記録手帳「ロコミル(R)手帳」を、2017年1月下旬に発売予定であることを明らかにした。

この手帳は、神奈川県大磯町で実施している介護予防事業「おおいそアンチロコモ教室」にて、これまで300名以上の参加者に利用されてきた。参加者からは、教室終了後も活用したいという声が多数寄せられたことから、今回同社では、商品化を決めたという。

「ロコミル(R)手帳」の概要
この手帳は、東海大学体育学部 生涯スポーツ学科 教授、整形外科医の中村 豊先生が監修。

歩行に重要な「下肢」に特化した4つの体操から、その日に自分ができる範囲の運動を選択できるのが特長で、36ページ、7カ月分の運動を記録できる。

なお、「おおいそアンチロコモ教室」では、半年間の手帳記入率の高い人ほど、運動習慣が身に付き、身体機能も向上していることが判明。多くの参加者が、開催日以外の日常生活において各自で運動を実施し、記録した。

ワンコインでロコモ管理
同社では、この手帳が、日々の運動継続をリーズナブルにサポートするツールとして、自治体などの介護予防・健康づくり教室や、その他健康イベントなどで活用されることに期待を寄せる。

なお、メーカー希望小売価格は、50冊で2万5,000円(税別)だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

アルケア プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/118861

アルケア ホームページ
http://www.alcare.co.jp/index.shtml

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

高齢者の「衣服の駆け込み寺」サービス開始 兵庫県加古川市

『「ユニユルク」シニアの衣服なんでも相談ラボ』20日スタート株式会社Sydecas(シデカス)が『「ユニユルク」シニアの衣服なんでも相談ラボ』を20日より開始する。第一弾として、兵庫県加古川市の寺家町商店街内のコミュニティスペースに開設する…

続きを見る

離れて暮らしていても安心の「脳にいいアプリ」登場

脳機能を向上させ認知症を予防するアプリベスプラは2月16日、認知症を予防する「脳にいいアプリ」をリリースするとともに、アプリの活動状況や脳の状況を家族と共有できる「家族用サイト」(ベータ版)を開設した。 「脳にいいアプリ」は脳科学の観点か…

続きを見る

認知症予防の最新研究事例と事業における将来性に関するセミナーを開催…

一般社団法人 元気人福井県鯖江市の一般社団法人 元気人では、認知症予防に関するセミナーを開催する。 「認知症予防事業の将来性と最新の認知症予防研究事例セミナー」 日時:2017年3月12日(日)14:00 〜 17:00(開場13:00) …

続きを見る

研修資料に使える 「へるぱる春号」 大幅リニューアルして発売開始

すぐ使えて本当に役立つ世界文化社は、2月16日、介護情報誌「へるぱる2017春号」の内容を、訪問介護事業所内の研修資料にそのまま使えるよう、大幅にリニューアルし、発売開始したことを発表した。 イラストも含めた解説を掲載「へるぱる」は、訪問…

続きを見る

オリックス・リビング 介護ロボット導入好事例として優秀賞を受賞

「介護ロボット導入好事例表彰事業」東京都港区のオリックス・リビング株式会社は、厚生労働省・公益財団法人テクノエイド協会主催の「介護ロボット導入好事例表彰事業」において、優秀賞を受賞したことを発表した。 「介護ロボット導入好事例表彰事業」は、…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る