介護・福祉の最新ニュース

利用者のニーズ高く 「ロコミル(R)手帳」をついに商品化

2016-12-27 21:00

運動の習慣化をサポート
アルケアは、12月26日、運動記録手帳「ロコミル(R)手帳」を、2017年1月下旬に発売予定であることを明らかにした。

この手帳は、神奈川県大磯町で実施している介護予防事業「おおいそアンチロコモ教室」にて、これまで300名以上の参加者に利用されてきた。参加者からは、教室終了後も活用したいという声が多数寄せられたことから、今回同社では、商品化を決めたという。

「ロコミル(R)手帳」の概要
この手帳は、東海大学体育学部 生涯スポーツ学科 教授、整形外科医の中村 豊先生が監修。

歩行に重要な「下肢」に特化した4つの体操から、その日に自分ができる範囲の運動を選択できるのが特長で、36ページ、7カ月分の運動を記録できる。

なお、「おおいそアンチロコモ教室」では、半年間の手帳記入率の高い人ほど、運動習慣が身に付き、身体機能も向上していることが判明。多くの参加者が、開催日以外の日常生活において各自で運動を実施し、記録した。

ワンコインでロコモ管理
同社では、この手帳が、日々の運動継続をリーズナブルにサポートするツールとして、自治体などの介護予防・健康づくり教室や、その他健康イベントなどで活用されることに期待を寄せる。

なお、メーカー希望小売価格は、50冊で2万5,000円(税別)だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

アルケア プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/118861

アルケア ホームページ
http://www.alcare.co.jp/index.shtml

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

広島で「日本通所ケア研究大会・認知症ケア研修会」開催

デイ・デイケアに強く求められるものは何か株式会社QOLサービスの研修部門である日本通所ケア研究会は、地域包括ケアシステム構築に向けた2018年度同時改定後のデイの役割をテーマに「第16回日本通所ケア研究大会(合同開催)」「第13回認知症ケア…

続きを見る

こだわりぬいた「正月二段重セット」「愛知県三河一色産 うな重」が誕…

独自技術を駆使した摂食回復支援食イーエヌ大塚製薬は、10月13日、「あいーと」の季節限定商品として、「正月二段重セット」と「愛知県三河一色産 うな重」を日本全国で、10月23日(月)より販売開始することを発表した。 「あいーと」は、通常の…

続きを見る

転倒危険度評価システム「Step+」にトレーニング機能追加

「転倒予防の日」である10月10日より販売株式会社日本シューターが、「転倒危険度評価システム『Step+(ステップ プラス)』」にトレーニング機能を追加した。 「Step+」は、転倒リスクと相関性があるとされる、二つ以上の課題を同時にこな…

続きを見る

介護職員を支援する「職場環境向上支援員認定講座」開催

介護職員に必要とされる人材を育成するための講座一般社団法人日本元気シニア総研が、11月4日に「職場環境向上支援員認定講座〈介護事業編〉」を開催する。同講座は、GTI、元気で楽しく、生きがいを持ってをコンセプトに、介護職員が必要とする支援がで…

続きを見る

「介護作文・フォトコンテスト」 応募総数720件から入賞者決定

9月27日(水)に開催した最終審査会で決定公益社団法人全国老人福祉施設協議会は、今年で10回目を迎える「介護作文・フォトコンテスト」の応募を行った。 同コンテストは「Cheers!(チアーズ)誰かがあなたを応援してる」をテーマに、年齢・性…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る