介護・福祉の最新ニュース

「自動排泄支援ロボット ドリーマー」無料お試し利用サービス開始

2016-12-29 10:00

最新型自動排泄処理装置12月より無料お試し
最新型自動排泄処理装置「自動排泄支援ロボット:ドリーマー」の日本総販売代理店である株式会社えがおが、ドリーマーの無料お試し利用サービスを12月より始めた。「自動排泄支援ロボット:ドリーマー」は介護保険でレンタルができ、介護オムツのように装着するだけで排泄物を吸引し、洗浄、乾燥、除湿を全自動で行うトイレ介護の新しい介護ロボットである。

「自動排泄支援ロボット:ドリーマー」の特徴
今までのような尿だけを吸収するタイプではなく、便も吸収する。尿や便を感知すると自動で吸引し、洗浄・乾燥・除湿までを行うので清潔に保たれ、匂わない。また、専用カップは超軟質の素材を使用しているので、肌への負担も少なく、被介護者のストレスを低減。オムツ感覚で簡単に着用でき、装着したままで寝返りや体位交換、キャッチアップ等、動くことができる。

実際に利用している人は夕食後に装着し、翌朝ヘルパーが来るまでの夜間に使用している人が多い。つけ心地にも好評を得ている。2週間、無料でお試し利用ができ、専門スタッフが利用者の体格や介護環境に合わせた装着方法を提案する。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

Dream News
http://www.dreamnews.jp/press/0000145043/

株式会社えがお
https://egao-care.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

高齢者の「衣服の駆け込み寺」サービス開始 兵庫県加古川市

『「ユニユルク」シニアの衣服なんでも相談ラボ』20日スタート株式会社Sydecas(シデカス)が『「ユニユルク」シニアの衣服なんでも相談ラボ』を20日より開始する。第一弾として、兵庫県加古川市の寺家町商店街内のコミュニティスペースに開設する…

続きを見る

離れて暮らしていても安心の「脳にいいアプリ」登場

脳機能を向上させ認知症を予防するアプリベスプラは2月16日、認知症を予防する「脳にいいアプリ」をリリースするとともに、アプリの活動状況や脳の状況を家族と共有できる「家族用サイト」(ベータ版)を開設した。 「脳にいいアプリ」は脳科学の観点か…

続きを見る

認知症予防の最新研究事例と事業における将来性に関するセミナーを開催…

一般社団法人 元気人福井県鯖江市の一般社団法人 元気人では、認知症予防に関するセミナーを開催する。 「認知症予防事業の将来性と最新の認知症予防研究事例セミナー」 日時:2017年3月12日(日)14:00 〜 17:00(開場13:00) …

続きを見る

研修資料に使える 「へるぱる春号」 大幅リニューアルして発売開始

すぐ使えて本当に役立つ世界文化社は、2月16日、介護情報誌「へるぱる2017春号」の内容を、訪問介護事業所内の研修資料にそのまま使えるよう、大幅にリニューアルし、発売開始したことを発表した。 イラストも含めた解説を掲載「へるぱる」は、訪問…

続きを見る

オリックス・リビング 介護ロボット導入好事例として優秀賞を受賞

「介護ロボット導入好事例表彰事業」東京都港区のオリックス・リビング株式会社は、厚生労働省・公益財団法人テクノエイド協会主催の「介護ロボット導入好事例表彰事業」において、優秀賞を受賞したことを発表した。 「介護ロボット導入好事例表彰事業」は、…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る