介護・福祉の最新ニュース

「自動排泄支援ロボット ドリーマー」無料お試し利用サービス開始

2016-12-29 10:00

最新型自動排泄処理装置12月より無料お試し
最新型自動排泄処理装置「自動排泄支援ロボット:ドリーマー」の日本総販売代理店である株式会社えがおが、ドリーマーの無料お試し利用サービスを12月より始めた。「自動排泄支援ロボット:ドリーマー」は介護保険でレンタルができ、介護オムツのように装着するだけで排泄物を吸引し、洗浄、乾燥、除湿を全自動で行うトイレ介護の新しい介護ロボットである。

「自動排泄支援ロボット:ドリーマー」の特徴
今までのような尿だけを吸収するタイプではなく、便も吸収する。尿や便を感知すると自動で吸引し、洗浄・乾燥・除湿までを行うので清潔に保たれ、匂わない。また、専用カップは超軟質の素材を使用しているので、肌への負担も少なく、被介護者のストレスを低減。オムツ感覚で簡単に着用でき、装着したままで寝返りや体位交換、キャッチアップ等、動くことができる。

実際に利用している人は夕食後に装着し、翌朝ヘルパーが来るまでの夜間に使用している人が多い。つけ心地にも好評を得ている。2週間、無料でお試し利用ができ、専門スタッフが利用者の体格や介護環境に合わせた装着方法を提案する。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

Dream News
http://www.dreamnews.jp/press/0000145043/

株式会社えがお
https://egao-care.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

在宅介護支援現場にて高齢者との対話の改善に向けた実証実験を開始 川…

新たなライフスタイルの構築に挑戦川崎市は、6月21日、在宅介護支援現場にて高齢者との対話の改善に向けた実証実験を開始したと発表した。 この実験は、ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社の『comuoon mobile(コミューンモバイル)…

続きを見る

「うっかり 物忘れで悩む家族のための認知症セミナー2017」7月1…

認知症の早期予防・改善を伝える認知症事業を行っているメディカルリサーチ株式会社が、『「うっかり」「物忘れ」で悩む家族のための認知症セミナー2017』を7月1日(土)東京で開催する。 2025年には認知症患者が700万人になると予測されてお…

続きを見る

5名の講師による「介護のリハビリ研修会2017」 横浜市

高齢者リハビリについて日本通所ケア研究会では、介護現場におけるリハビリに関する研修会を実施する。 「介護のリハビリ研修会2017」 日時:2017年7月8日(土) 10:00~16:00 場所:ウィリング横浜(神奈川県横浜市) 参加費:12…

続きを見る

7月29日 30日「第10回日本在宅薬学会学術大会」開催

医療・介護包括ケアに向けた実践へ一般社団法人日本在宅薬学会が、7月29日(土)、30日(日)に「第10回日本在宅薬学会学術大会」を開催する。『医療・介護・行政と薬剤師のかかわり~「あるべき論」から「実践へ」~』を今回のテーマとし、パシフィコ…

続きを見る

適切な介護記録表現とリスクマネジメント対策を学ぶ 福岡県春日市

実地指導対策と身を守る術について福岡シティ福祉サービスは、介護記録とリスクマネジメントに関するセミナーを開催する。 「適切な介護記録表現とリスクマネジメント対策を身につけよう ~実地指導対策と身を守る術の対策と傾向~」 日時:(1回目)平成…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る