介護・福祉の最新ニュース

「自動排泄支援ロボット ドリーマー」無料お試し利用サービス開始

2016-12-29 10:00

最新型自動排泄処理装置12月より無料お試し
最新型自動排泄処理装置「自動排泄支援ロボット:ドリーマー」の日本総販売代理店である株式会社えがおが、ドリーマーの無料お試し利用サービスを12月より始めた。「自動排泄支援ロボット:ドリーマー」は介護保険でレンタルができ、介護オムツのように装着するだけで排泄物を吸引し、洗浄、乾燥、除湿を全自動で行うトイレ介護の新しい介護ロボットである。

「自動排泄支援ロボット:ドリーマー」の特徴
今までのような尿だけを吸収するタイプではなく、便も吸収する。尿や便を感知すると自動で吸引し、洗浄・乾燥・除湿までを行うので清潔に保たれ、匂わない。また、専用カップは超軟質の素材を使用しているので、肌への負担も少なく、被介護者のストレスを低減。オムツ感覚で簡単に着用でき、装着したままで寝返りや体位交換、キャッチアップ等、動くことができる。

実際に利用している人は夕食後に装着し、翌朝ヘルパーが来るまでの夜間に使用している人が多い。つけ心地にも好評を得ている。2週間、無料でお試し利用ができ、専門スタッフが利用者の体格や介護環境に合わせた装着方法を提案する。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

Dream News
http://www.dreamnews.jp/press/0000145043/

株式会社えがお
https://egao-care.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

オリックス・リビング 高齢者ケア・イノベーション・アワードで最優秀…

5月16日にシンガポールで表彰式オリックス・リビング株式会社は、2018年5月24日 第6回『Asia Pacific Eldercare Innovation Awards 2018(アジア太平洋地域 高齢者ケア・イノベーション・アワード…

続きを見る

認知症嗅覚テスト「はからめ」が健康月間キャンペーンを5月27日より…

6月14日「認知症予防の日」に因んで株式会社GEウェルネスは、2018年5月27日より6月30日までの期間、「『はからめ』で健康月間キャンペーン」を開催する。 GEウェルネスは、認知機能低下の傾向を早期に発見する嗅覚テスト「もの忘れアルか…

続きを見る

「介護福祉人材戦略シンポジウム」6月末開催 大阪

日本通所ケア研究会が主催株式会社QOLサービスは、2018年6月24日、『介護福祉人材戦略シンポジウム』を大阪にて開催すると発表した。 同シンポジウムは、介護の高度化・多様化に対応できる介護人材の質的向上の具体策について、意見を述べ合い考…

続きを見る

おしゃれ感も 介護経験者のアイデアで制作された尿バック用オリジナル…

日本理美容福祉協会札幌センターが制作ノーリエ合同会社は、2018年5月23日、介護経験者のアイデアをもとに商品化したという尿バック用オリジナルカバーについてのプレスリリースを発表した。 同商品は、同社内の日本理美容福祉協会札幌センターがハ…

続きを見る

クラウドケア 介護保険外サービスの利用動向調査を実施

訪問介護サービスを提供している企業株式会社クラウドケアは、『シェアリングエコノミー型の介護保険外サービスの利用動向調査(訪問介護)』を実施し、その結果概要を2018年5月22日に発表した。 同社は、シェアリングエコノミー型の訪問介護サービ…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る