介護・福祉の最新ニュース

ICTを活用した新しい「認知症高齢者徘徊模擬訓練」を実施 鹿児島県肝付町

2016-12-29 19:45

今回はICTを利用
LiveRidgeは、12月28日、鹿児島県肝付町の徘徊模擬訓練において、認知症高齢者の見守り捜索クラウドサービス「LiveAir」のプロトタイプを用いて、捜索実証実験を実施したことを発表した。

鹿児島県肝付町では、今回が7回目となる徘徊模擬訓練。前回までは、認知症に関する理解等を目的に訓練を実施してきたが、今年、
徘徊による行方不明者が3名発生し、1名は死亡発見、1名は未発見という事態に。そこで、今回、ICTを利用した徘徊模擬訓練を行うことにしたという。

訓練では2人を発見
「LiveAir」は、LPWA(Low Power、Wide Area)と呼ばれる、低消費電力で長距離通信を実現するIoT向け次世代通信技術を利用した、低コストかつ耐久性の高い「見守りサービス」。

取得した高齢者(送信機)の位置情報を、その家族や事前に指定した支援者(介護事業者や地域住民など)がインターネットから閲覧することが可能だ。

今回の徘徊模擬訓練では、徘徊者役5名が送信機を持って、あらかじめ設定された徘徊エリアへ移動し、指定時刻に支援者に捜索メールを配信。

一方、各エリアでメールを受け取った「支援者」は、スマートフォンや携帯電話に「LiveAir」のWeb画面を表示させ、高齢者の位置情報を確認しながら捜索捜索を開始した。その結果、2人目までを発見できたが、その後、通信の不具合にて訓練は途中で終了となった。

2017年春に市場に導入
高齢化の進展に伴い、人口が減少した地方自治体における人的な見守りは、地域住民の努力だけでは難しいのが現実。

同社は、「LiveAir」の2017年春の本格市場導入を目指して、システム開発を進め、認知症高齢者の家族、地域コミュニティの課題解決をサポートしていく考えだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

LiveRidge プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000022569.html

「LiveAir」紹介ページ
http://www.liveair.liveridge.com/

キーワード: 地域

関連ニュース

明治安田生命保険「高齢者が元気に過ごせる社会」に協力 愛媛県

県と連携して地方創生明治安田生命保険は、3月23日、愛媛県と、地域社会の連携や地域活性化に向け、「愛媛県と明治安田生命保険相互会社との包括連携協定」を複数分野で締結したことを発表した。 高齢者が元気に過ごせる社会に今回両者が協定を締結した…

続きを見る

認知症介護研修の受講者を募集 宮崎県

認知症介護の専門職員を養成する研修宮崎県は3月23日、「平成29年度認知症介護研修」の受講者の募集を開始した。 認知症の介護を行う実務者やその指導者、認知症介護を提供する事業所の管理者などを対象とした研修で、認知症介護の専門職員を養成する…

続きを見る

高齢者虐待の状況を発表 千葉県

家庭での虐待は1,309件厚生労働省が3月21日、平成27年度の高齢者虐待に対する対応状況についての調査結果を発表したのに合わせ、千葉県も同日、県内の調査結果を発表した。 これによると千葉県内で「家庭での高齢者虐待」に関する相談や通報があ…

続きを見る

認知症介護指導者養成研修の受講者を募集 熊本県

認知症介護の指導者を目指す人、募集中熊本県は3月17日、「平成29年度認知症介護指導者養成研修」の受講者の募集を開始した。 この研修は認知症介護の指導者を要請するもので、認知症の専門知識や介護技術を修得するための研修を4週間にわたって実施…

続きを見る

エーザイと認知症に関する連携活動を開始 三重県

三重県とエーザイが認知症に関する連携活動三重県は3月17日、エーザイ株式会社と「認知症とともに生きる地域づくりの実現に関する連携協定」を締結すると発表した。 三重県とエーザイが連携して、認知症についての正しい理解を普及させるための活動を行…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る