介護・福祉の最新ニュース

ICTを活用した新しい「認知症高齢者徘徊模擬訓練」を実施 鹿児島県肝付町

2016-12-29 19:45

今回はICTを利用
LiveRidgeは、12月28日、鹿児島県肝付町の徘徊模擬訓練において、認知症高齢者の見守り捜索クラウドサービス「LiveAir」のプロトタイプを用いて、捜索実証実験を実施したことを発表した。

鹿児島県肝付町では、今回が7回目となる徘徊模擬訓練。前回までは、認知症に関する理解等を目的に訓練を実施してきたが、今年、
徘徊による行方不明者が3名発生し、1名は死亡発見、1名は未発見という事態に。そこで、今回、ICTを利用した徘徊模擬訓練を行うことにしたという。

訓練では2人を発見
「LiveAir」は、LPWA(Low Power、Wide Area)と呼ばれる、低消費電力で長距離通信を実現するIoT向け次世代通信技術を利用した、低コストかつ耐久性の高い「見守りサービス」。

取得した高齢者(送信機)の位置情報を、その家族や事前に指定した支援者(介護事業者や地域住民など)がインターネットから閲覧することが可能だ。

今回の徘徊模擬訓練では、徘徊者役5名が送信機を持って、あらかじめ設定された徘徊エリアへ移動し、指定時刻に支援者に捜索メールを配信。

一方、各エリアでメールを受け取った「支援者」は、スマートフォンや携帯電話に「LiveAir」のWeb画面を表示させ、高齢者の位置情報を確認しながら捜索捜索を開始した。その結果、2人目までを発見できたが、その後、通信の不具合にて訓練は途中で終了となった。

2017年春に市場に導入
高齢化の進展に伴い、人口が減少した地方自治体における人的な見守りは、地域住民の努力だけでは難しいのが現実。

同社は、「LiveAir」の2017年春の本格市場導入を目指して、システム開発を進め、認知症高齢者の家族、地域コミュニティの課題解決をサポートしていく考えだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

LiveRidge プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000022569.html

「LiveAir」紹介ページ
http://www.liveair.liveridge.com/

キーワード: 地域

関連ニュース

正しい知識を持った認知症サポーターになろう

認知症サポーター養成講座2018年1月29日、ケア24永福は、認知症サポーター養成講座「事例を通して地域で考える認知症」を開催する。 認知症サポーター養成講座「事例を通して地域で考える認知症」は、午前10時より開始(午前11時30分に終了…

続きを見る

「ご当地体操」をテレビ番組で紹介 長野県

信州ACEプロジェクトの一環長野県は、1月15日、各地の「ご当地体操」が、NHK総合テレビ長野放送局「イブニング信州」のエクササイズコーナーで、1月30日(火)に紹介されることを発表した。 これは、健康づくり県民運動「信州ACE(エース)…

続きを見る

テレビ電話を活用したきめ細かな見守りサービス

見守りサービスをスタート2018年1月15日、株式会社iSEEDと株式会社i-Mage.は、静岡県西部地区において、見守りサービスを開始することを発表した。 この見守りサービスでは、株式会社iSEEDのIoT見守り機器である、パルモシリー…

続きを見る

フリフリグッパー体操など「物忘れ予防講座」開催 茨城県利根町

認知症と健康寿命を延ばす栄養について学ぶ講座茨城県利根町は2月9日、「第57回もの忘れ予防講座」を開催する。 利根町では認知症に関するもの忘れ予防講座を年3回開催している。第57回となる今回は「認知症」と、「健康寿命を延ばす栄養」について…

続きを見る

地域と行政が協力して見守るネットワーク

地域における要援護者の見守りネットワーク事業2018年1月9日、大阪市はホームページで、「地域における要援護者の見守りネットワーク事業」を紹介した。 「地域における要援護者の見守りネットワーク事業」では、城東区社会福祉協議会に「見守り相談…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る