介護・福祉の最新ニュース

地域包括ケアシステムを充実させるための研修会を無料開催 宇治市

2017-01-03 21:30

2部構成で進行する研修会
京都府宇治市は、12月28日、「地域包括ケアシステムを充実させるために~地域密着型サービス(認知症対応型通所介護 定期巡回・随時対応型訪問介護看護)に関する研修会~」を、1月28日(土)13時30分~16時30分、宇治市生涯学習センター 第1ホールにて開催することを発表した。

開催概要
この研修会の第1部は、認知症対応型通所介護~初期の段階から支え、認知症ケアの充実へ~をテーマに、また、第2部は定期巡回・随時対応型訪問介護看護~施設ケアから在宅ケアへ、EOLケアの視点に立ったケアを目指して~をテーマに実施。

サービスの要点や事例等の紹介を通じ、地域包括ケアシステムを充実させるために必要な介護保険サービスについて学ぶことができるという。

なお、この研修会の参加対象者は、ケアマネジャーや介護保険サービス関係者向けとしているが、テーマに関心のある宇治市民の人も無料にて参加可能だ。

研修会を通じて理解を
宇治市では、末永く在宅生活が続けられ看取りまで迎えることができるまちづくり、認知症となっても安心して住み続けられる「認知症にやさしいまち・うじ」を推進中。

一方、「認知症対応型通所介護」や「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」は、市民の人に幸せな、豊かな時間を過ごしてもらうための中核を担う「介護保険サービス」と位置付けられているが、いまひとつ理解が難しく、浸透していないという。

なお、市では今回の研修会をきっかけとし、地域包括ケアシステムを充実させるために必要な、これら「介護保険サービス」について、ぜひとも理解を深めてもらいたい考えだ。

(画像は宇治市のホームページより)


▼外部リンク

宇治市 プレスリリース
http://www.city.uji.kyoto.jp/0000017040.html

開催案内
http://www.city.uji.kyoto.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

いつまでも元気に暮らすための介護予防県民大会を開催 長崎県

住み慣れた地域で暮らし続けるために1月28日、「長崎県介護予防推進フォーラム県民大会」が開催される。長崎県民と、保健・医療・福祉分野で介護予防や健康づくりに従事する職員などが一堂に会する県民大会。 高齢になっても住み慣れた地域で生き生きと…

続きを見る

東急グループ7社「高齢者等を支える地域づくり活動」に参加 東京都

東急線沿線にて協力東京急行電鉄は、1月17日、東急ストア、東急リバブル、東急セキュリティ等、東急グループ7社が、1月24日に東京都と「高齢者等を支える地域づくり協定」を締結し、東急線沿線において、高齢者などを支える地域づくり活動に協力するこ…

続きを見る

介護施設にて「生活支援ロボット」の実証実験をスタート 神奈川県

6件について実証実験をスタート神奈川県は、1月16日、公募型「ロボット実証実験支援事業」の一環として「生活支援ロボット」の実証実験を行うことを発表した。 なお、今年度は13件を採択。うち、今回6件の実証実験を行うことを決めた。 主な実験…

続きを見る

「認知症家族の介護相談会」開催 静岡市

誰でも認知症に関する相談ができる静岡市が認知症家族の介護相談会を開催する。認知症とは?、認知症の人の介護方法について、認知症に関する医療・介護サービスについて等、認知症の人の介護に関することならどんなことでも相談できる。 「認知症の人にど…

続きを見る

65歳時の平均自立期間(健康寿命)を算出 奈良県

介護が要らない期間を計算奈良県は、1月13日、平成27年の「健康寿命」を算出したことを発表した。 なお、「健康寿命」とは、日常的に介護を必要とせず、健康で自立した生活ができる期間。「65歳時の平均自立期間」とは、介護保険制度の要介護1まで…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る