介護・福祉の最新ニュース

地域包括ケアシステムを学ぶ「老いと健康を考える集い」 秋田県

2017-01-08 06:00

在宅介護が必要になったらどうする?
秋田県は2月18日、地域包括ケアシステムについての理解を深めるセミナー「老いと健康を考える集い」を開催する。

地域包括ケアシステムは医療や介護が必要になっても、住み慣れた地域で安心して暮らすための医療や介護、福祉の連係システム。今回のセミナーでは将来、医療や介護が必要になったときの心構えなどについて考える。

各種相談・展示コーナーも開設
当日は地域包括ケアシステムに関する取組についての説明、2つの講演に加え、医療相談、口腔ケア相談、薬の相談、介護相談、物忘れチェックや血圧測定、リハビリ体型コーナーといった各種相談や展示コーナーも設ける。

講演は仙北市西明寺診療所・桧木内診療所の市川晋一所長による「退院を勧められたら~あなたもできる在宅介護~」と、日本笑い学会秋田県人会の人星亭喜楽駄朗氏による「笑う力は生きる力」。

開催日は2月18日、13時~15時30分。会場は、大仙市大曲交流センター(大仙市大曲日の出町2-7-53)。

参加費は無料だが、事前に参加申込みが必要。参加希望者は秋田県のホームページから、案内チラシ(申込書)をダウンロードし必要事項を記入の上、FAXまたはメールにて申し込む。申し込み締め切り日は、2月15日。

(画像は、秋田県のホームページより)


▼外部リンク

「老いと健康を考える集い」を開催します - 秋田県
http://www.pref.akita.lg.jp/pages/

キーワード: 地域

関連ニュース

明治安田生命保険「高齢者が元気に過ごせる社会」に協力 愛媛県

県と連携して地方創生明治安田生命保険は、3月23日、愛媛県と、地域社会の連携や地域活性化に向け、「愛媛県と明治安田生命保険相互会社との包括連携協定」を複数分野で締結したことを発表した。 高齢者が元気に過ごせる社会に今回両者が協定を締結した…

続きを見る

認知症介護研修の受講者を募集 宮崎県

認知症介護の専門職員を養成する研修宮崎県は3月23日、「平成29年度認知症介護研修」の受講者の募集を開始した。 認知症の介護を行う実務者やその指導者、認知症介護を提供する事業所の管理者などを対象とした研修で、認知症介護の専門職員を養成する…

続きを見る

高齢者虐待の状況を発表 千葉県

家庭での虐待は1,309件厚生労働省が3月21日、平成27年度の高齢者虐待に対する対応状況についての調査結果を発表したのに合わせ、千葉県も同日、県内の調査結果を発表した。 これによると千葉県内で「家庭での高齢者虐待」に関する相談や通報があ…

続きを見る

認知症介護指導者養成研修の受講者を募集 熊本県

認知症介護の指導者を目指す人、募集中熊本県は3月17日、「平成29年度認知症介護指導者養成研修」の受講者の募集を開始した。 この研修は認知症介護の指導者を要請するもので、認知症の専門知識や介護技術を修得するための研修を4週間にわたって実施…

続きを見る

エーザイと認知症に関する連携活動を開始 三重県

三重県とエーザイが認知症に関する連携活動三重県は3月17日、エーザイ株式会社と「認知症とともに生きる地域づくりの実現に関する連携協定」を締結すると発表した。 三重県とエーザイが連携して、認知症についての正しい理解を普及させるための活動を行…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る