介護・福祉の最新ニュース

地域包括ケアシステムを学ぶ「老いと健康を考える集い」 秋田県

2017-01-08 06:00

在宅介護が必要になったらどうする?
秋田県は2月18日、地域包括ケアシステムについての理解を深めるセミナー「老いと健康を考える集い」を開催する。

地域包括ケアシステムは医療や介護が必要になっても、住み慣れた地域で安心して暮らすための医療や介護、福祉の連係システム。今回のセミナーでは将来、医療や介護が必要になったときの心構えなどについて考える。

各種相談・展示コーナーも開設
当日は地域包括ケアシステムに関する取組についての説明、2つの講演に加え、医療相談、口腔ケア相談、薬の相談、介護相談、物忘れチェックや血圧測定、リハビリ体型コーナーといった各種相談や展示コーナーも設ける。

講演は仙北市西明寺診療所・桧木内診療所の市川晋一所長による「退院を勧められたら~あなたもできる在宅介護~」と、日本笑い学会秋田県人会の人星亭喜楽駄朗氏による「笑う力は生きる力」。

開催日は2月18日、13時~15時30分。会場は、大仙市大曲交流センター(大仙市大曲日の出町2-7-53)。

参加費は無料だが、事前に参加申込みが必要。参加希望者は秋田県のホームページから、案内チラシ(申込書)をダウンロードし必要事項を記入の上、FAXまたはメールにて申し込む。申し込み締め切り日は、2月15日。

(画像は、秋田県のホームページより)


▼外部リンク

「老いと健康を考える集い」を開催します - 秋田県
http://www.pref.akita.lg.jp/pages/

キーワード: 地域

関連ニュース

「認知症の人の見守り実証実験事業」にLiveRidge参画 福岡

福岡市との間で協定を締結株式会社LiveRidgeは、2018年4月17日、認知症見守りIoT事業『Fukuoka City LoRaWANを活用した認知症の人の見守り実証実験事業』の協定を、福岡市との間で締結したと発表した。 この事業は…

続きを見る

Zelkova シニア向けパソコン&カルチャー教室「いこいば」開校…

地域包括ケアシステムへの積極的な参加を促す株式会社Zelkovaは、2018年4月20日、宮城県柴田郡柴田町にてシニア向けパソコン&カルチャー教室『パソコン教室 いこいば』を開校したと発表した。 同社は、宮城県内にて2店舗の調剤薬局を経営…

続きを見る

「介護人材新規参入促進事業」で最大6万円を交付 岩手県

介護人材確保と資質向上のため岩手県は、4月16日、介護サービスに従事する介護職員の確保、ならびに資質の向上を図ることを目的として、「平成30年度 介護人材新規参入促進事業」をスタートすることを発表した。 すべての条件をクリアした人に交付こ…

続きを見る

神奈川県と横浜F・マリノスが認知症改善プログラムを開催 神奈川県

「お孫さんと一緒にサッカー教室」を開催神奈川県とJリーグの横浜F・マリノスは4月13日、共同で認知症未病改善プログラムを実施すると発表した。プロのスポーツクラブによる認知症発症リスクの軽減を目的とした取り組みは、全国で初の試み。 認知症高…

続きを見る

在宅医療介護連携への活用 新「とねっと」がスタート 加須市

幅広い医療・介護の連携を実施埼玉県加須市は、4月10日、新しい「とねっと」がスタートしたことを発表した。 「とねっと」は、埼玉利根保健医療圏医療連携推進協議会が構築した、住民の命と健康を守るシステム。昨年、機能を改善し、今回新たに生まれ変…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る