介護・福祉の最新ニュース

2016年「老人福祉・介護事業」の倒産が急増 東京商工リサーチ調べ

2017-01-12 20:00

昨年の統計を取りまとめ
東京商工リサーチは、1月11日、2016年(1-12月)の「老人福祉・介護事業」の倒産状況の調査結果を発表した。

なお、この調査対象の「老人福祉・介護事業」は、有料老人ホーム、通所・短期入所介護事業、訪問介護事業などを含む。

結果の概要
2016年1月から12月における倒産件数は、前年比42.1%増の108件。2000年から調査を開始したが、今回最多件数となった。負債総額も前年比47.2%増の94億600万円にのぼり、前年を大きく上回ったことが判明した。

業種別でみた場合では、「訪問介護事業」が前年比65.5%増の48件で最多となった。次いで、施設系のデイサービスを含む「通所・短期入所介護事業」が38件、「有料老人ホーム」が11件と続いた。

また、地区別では、関東が39件で最多。次いで近畿23件、九州16件と続き、これらの地域では、同業他社との厳しい競争を反映していることがうかがえた。

深刻な介護人材不足
倒産の増加理由として、同業他社との競争激化や介護報酬の実質マイナス改定、人件費の上昇が挙げられる。しかし、深刻な人手不足からサービス提供が困難になり、経営に行き詰まったケースも見受けられたという。

特に、介護業界の人手不足は、国内の景気が好況になると人材が他業種へ移ってしまうといった傾向もあり、なかでも、小規模事業者は、業績停滞だけでなく、資金的な制約も課題。深刻さが増していることが判明した。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東京商工リサーチ プレスリリース
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20170111_01.html

キーワード: 総合

関連ニュース

畳敷きの和室にて「エンゼルケアサービス」の提供をスタート 中国

上海でエンゼルケアサービスを拡大ケアサービスは、4月25日、同社中国子会社「上海福原護理服務有限公司(以下、上海ケアサービス)」が、5月11日より上海市閔行区葬儀場にて、エンゼルケアサービスの提供をスタートすることを発表した。 より日本に…

続きを見る

見守り機能で更なる安心感!新しい詐欺対策電話機が発売

高齢者の見守り機能を搭載シャープ株式会社は、高齢者の見守り機能を搭載した、デジタルコードレス電話機「JD-AT82CL/CW/CE」を発売する。 2015年3月、シャープ株式会社は従来機である、詐欺対策電話機「JD-AT80CL/CW」を…

続きを見る

介護やケアに関するイベントを開催 インドネシア

ケアサービスを紹介ロングライフホールディングは、4月7日、ASLI(Asosiasi Senior Living Indonesia)が、「Senior Festival & ASLI EXPO 2017」をインドネシアにて開催することを発…

続きを見る

マッチ箱サイズで持ち運びが簡単!高性能追跡システム「Snowfox…

携帯型追跡システム「Snowfox」STマイクロエレトニスのモーション・センサ、並びに32bitマイクロコントローラ(マイコン)は、Haltian社のSnowfoxに採用された。 子供や高齢者などユーザが、携帯型追跡システム「Snowfo…

続きを見る

ケアサービス子会社「エンゼルケアサービス」の2拠点目をオープン 中…

中国にてエンゼルケア事業を積極展開ケアサービス(以下、同社)は、3月17日、同社の中国子会社「上海福原護理服務有限公司(以下、上海ケアサービス)」が、4月下旬より上海市閔行区葬儀場にて、エンゼルケア事業をスタートすることを発表した。 上海…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る