介護・福祉の最新ニュース

2016年「老人福祉・介護事業」の倒産が急増 東京商工リサーチ調べ

2017-01-12 20:00

昨年の統計を取りまとめ
東京商工リサーチは、1月11日、2016年(1-12月)の「老人福祉・介護事業」の倒産状況の調査結果を発表した。

なお、この調査対象の「老人福祉・介護事業」は、有料老人ホーム、通所・短期入所介護事業、訪問介護事業などを含む。

結果の概要
2016年1月から12月における倒産件数は、前年比42.1%増の108件。2000年から調査を開始したが、今回最多件数となった。負債総額も前年比47.2%増の94億600万円にのぼり、前年を大きく上回ったことが判明した。

業種別でみた場合では、「訪問介護事業」が前年比65.5%増の48件で最多となった。次いで、施設系のデイサービスを含む「通所・短期入所介護事業」が38件、「有料老人ホーム」が11件と続いた。

また、地区別では、関東が39件で最多。次いで近畿23件、九州16件と続き、これらの地域では、同業他社との厳しい競争を反映していることがうかがえた。

深刻な介護人材不足
倒産の増加理由として、同業他社との競争激化や介護報酬の実質マイナス改定、人件費の上昇が挙げられる。しかし、深刻な人手不足からサービス提供が困難になり、経営に行き詰まったケースも見受けられたという。

特に、介護業界の人手不足は、国内の景気が好況になると人材が他業種へ移ってしまうといった傾向もあり、なかでも、小規模事業者は、業績停滞だけでなく、資金的な制約も課題。深刻さが増していることが判明した。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東京商工リサーチ プレスリリース
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20170111_01.html

キーワード: 総合

関連ニュース

アルツハイマー型認知症予防 「スペアミントのロスマリン酸」に期待大

認知症予防への有効性を検証わかさ生活は、12月7日、鳥取大学との共同研究「アミロイド線維形成抑制に働く天然物化合物の探索」を、学会にて発表したことを明らかにした。 認知症の中でも「アルツハイマー型認知症」患者は、およそ5割を占める。その主…

続きを見る

ケアサービスが合弁会社を設立 中国

中国にて顧客をさらに獲得ケアサービスは、11月24日、中国の上海金盛隆養老服務有限公司とリブラとの共同出資による新会社「上海保原健康管理諮詢有限公司(予定)」を、12月下旬を目途に設立することを発表した。 平成27年8月、ケアサービスでは…

続きを見る

世界初!介護者も助けるデジタルメディスン「エビリファイ マイサイト…

新しい価値を提供する製品が誕生大塚製薬は、11月14日、世界初のデジタルメディスン「エビリファイ マイサイト(Abilify MyCite(R))」が、米国FDAにて承認されたことを発表した。 3者間の円滑なコミュニケーションを促進「エビ…

続きを見る

市販の介護食利用者は約40%「介護にまつわる意識調査」の結果を発表

「介護の日」に向けた取り組みキユーピーは、11月8日、「介護にまつわる意識調査」の結果を発表した。 食事に関する困りごとを持つ人は約30%介護の必要な同居家族がいる人に対し、「介護にどの程度携わっているか」を尋ねたところ、「主に携わってい…

続きを見る

アルツハイマー型認知症に伴う行動障がい向け 「追加フェーズ3試験」…

さらに次のステップへ大塚製薬は、11月1日、抗精神病薬「ブレクスピプラゾール(一般名)」のアルツハイマー型認知症に伴う行動障がい(アジテーション)を対象とした「追加フェーズ3試験」を実施することを発表した。 過去の結果はいまひとつブレクス…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る