介護・福祉の最新ニュース

「在宅高齢者支援フォーラム」を開催 岩手県

2017-02-04 21:30

地域包括ケアシステムに欠かせない訪問看護
盛岡広域振興局保健福祉環境部は2月18日、住民や医療・介護関係者を対象に「在宅高齢者支援フォーラム」を開催する。

高齢者が住み慣れた地域で人生の最後まで暮らすためには、訪問看護が不可欠となる。

盛岡保健医療圏域では40か所余りの訪問看護ステーションが設置されているが、ほとんどが盛岡市内に集中しており、訪問看護ステーションが未設置の市や町もある。

そこで盛岡広域振興局では、高齢者が在宅で療養するために、医療と介護のつなぎ役となる訪問看護ステーションの役割を理解してもらうことを目的としたフォーラムを開催する。

樋口恵子氏による基調講演
開催日時は2月18日、13時30分~16時30分。会場は、岩手広域交流センター プラザあい1階 多目的ホール(岩手町大字江刈内第6地割1-4)。参加費用は無料。

当日はNPO法人高齢社会をよくする女性の会・理事長で評論家の樋口恵子氏による基調講演「大介護時代、ファミレス(家族縮小)時代 ~介護をどう担うか~」が行われる。

その後、樋口恵子氏を助言者に在宅高齢者の支援のあり方を考えるパネルディスカッションを実施する。

参加希望者は電話、ファクスまたはメールにて岩手県盛岡広域振興局保健福祉環境部 医療介護課まで申し込む。電話番号は019-629-6566または、019-629-6572。

(画像は、岩手県のホームページより)


▼外部リンク

在宅高齢者支援フォーラム - 岩手県
http://www.pref.iwate.jp/morioka/hoken/iryo/052383.html

キーワード: 地域

関連ニュース

認知症サポーターになりませんか? 佐賀県

養成講座の受講を呼びかけ佐賀県は6月23日、「認知症サポーター」の養成講座の受講を呼びかけた。 年々増加する高齢者の認知症が、社会問題となっている。誰もがかかりうる病気である認知症について理解を深め、偏見を持たずに認知症の人やその家族を温…

続きを見る

介護職員勤務環境改善支援事業「介護ロボット」を実施 熊本県

労働環境の改善を熊本県では、「熊本県介護職員勤務環境改善支援事業(介護ロボット)」を実施すると発表した。これは、介護職員らの労働環境を改善するために、県が介護ロボット導入費用の一部を補助するもの。 現在、ホームページにて実施方針・交付要領を…

続きを見る

認知症普及啓発講演会「認知症の身近な相談場所について」 笠岡市

地域全体で支えよう岡山県笠岡市長寿支援課では、認知症に関する普及啓発講演会を開催する。 「地域全体で支えよう!~認知症の身近な相談場所を紹介します~」 日時:平成29年7月14日(金)13:30~15:30(受付13:15~13:30) 場…

続きを見る

情報を共有して行方不明者の早期発見に繋げる

大槌町行方不明高齢者等早期発見事業2017年6月19日、 岩手県上閉伊郡大槌町は、「大槌町行方不明高齢者等早期発見事業」を、ホームページで紹介した。 「大槌町行方不明高齢者等早期発見事業」では、徘徊の可能性がある人の情報(名前や特徴、写真…

続きを見る

地域住民の支援による介護予防事業がスタート!豊中市

介護予防・日常生活支援総合事業2017年6月15日、大阪府豊中市は、「介護予防・日常生活支援総合事業」をホームページにて、紹介した。 2017年4月から始まった「介護予防・日常生活支援総合事業」では、これまでの介護サービスと介護予防サービ…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る