介護・福祉の最新ニュース

セントケア・グループが「ふくしのまち大袋」をオープン 越谷市

2017-02-07 12:45

同施設内で2つのサービスを提供
セントケア・ホールディングは、2月3日、子会社である「福祉の街」が、小規模多機能型居宅介護施設とグループホームの2つのサービスを提供する「ふくしのまち大袋」を、埼玉県越谷市内にて、3月に開設予定であることを発表した。

なお、今回の「ふくしのまち大袋」の開設により、セントケア・グループが手掛ける小規模多機能型居宅介護施設は計30カ所、グループホームが計38カ所となった。

新施設の概要
「ふくしのまち大袋」は、東武スカイツリーライン「大袋駅」徒歩5分の好立地に建設。

同施設では、高齢者の人とその家族の状況を踏まえ、専門的な認知症ケアも含めたサービスを提供するだけでなく、地域住民がいつでも利用できる地域交流スペースを設置することで、住み続けたいまちづくりに貢献していく考えである。

地域に根差したサービスを提供
「福祉の街」は、埼玉県に特化した事業を展開中で、平成25年1月には、県より「認知症サポート企業」として認定を受けている。

また、越谷市では、在宅サービスの充実を図るべく、訪問介護や福祉用具レンタルサービスを提供。今後も、地域密着型企業として、同地域での在宅生活継続に努めていく方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

セントケア・ホールディング プレスリリース
http://v4.eir-parts.net/

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

訪問看護ステーション成城が機能強化 世田谷区

機能強化型訪問看護ステーション目指すソフィアメディは6月28日、規模拡大のために世田谷区指定のソフィア訪問看護ステーション成城を移転した。機能強化型訪問看護ステーションに移行するのが目的。多様化するニーズに対応できるよう、内部環境を整備する…

続きを見る

おしゃれな介護用品の販売店が病院内にオープン 沼田市

ケア・介護用品をもっとおしゃれに!群馬県沼田市久屋原町の内田病院に、TOKIMEKU JAPANがプロデュースする介護用品のセレクトショップ「『ORANGe』 by TOKIMEKU JAPAN」がオープンする。 「命輝く、お洒落で心安ら…

続きを見る

高齢者向け住宅のモデルケース 大阪府吹田市

パナホームグループ 優先交渉権者に選定パナホームグループが、高齢者向けウェルネス住宅の整備・運営を行う優先交渉権者に吹田市より選定された。高齢者向けウェルネス住宅は、大阪府吹田市と摂津市にまたがる北大阪健康医療都市「健都」2街区を吹田市より…

続きを見る

介護職員の負担を軽減!Pepperを「ケアパートナー大泉」に試験導…

デイサービスに試験導入大東建託は、6月21日、同社の100%出資子会社であるケアパートナーが、東京都練馬区内のデイサービス施設「ケアパートナー大泉」 にて、6月26日より、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper(ペッパー)」の…

続きを見る

介護ロボットのコンサルティング事業を開始 埼玉県

介護が楽になるロボットの普及を目指す埼玉県産業振興公社は6月13日、介護ロボット導入のコンサルティングを開始すると発表した。介護ロボット導入を促進するのが目的で、公募に応じた県内の2施設に専門家を派遣し、介護ロボット導入のコンサルティングを…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る