介護・福祉の最新ニュース

神奈川県住宅供給公社と大塚家具 家具のリユースに関わる協定締結

2017-02-08 20:00

介護付有料老人ホーム「ヴィンテージ・ヴィラ」での家具のリユース
神奈川県住宅供給公社と株式会社大塚家具が2月2日(木)に協定を締結した。公社が展開している介護付有料老人ホーム「ヴィンテージ・ヴィラ」での家具のリユースに関する連携・協力協定である。

「ヴィンテージ・ヴィラ」は公的住宅機関初の介護付有料老人ホームとして平成2年に開設した。今年で28年目となり、現在神奈川県内に5施設818戸を展開、入居率は95%以上を維持している。「ヴィンテージ・ヴィラ」は元気なうちに入居する「入居時自立」が特徴。公社独自のプログラムにより、自立した生活を続けることを目的としている。

思い出の家具と暮らす家具のリユースを提案
「ヴィンテージ・ヴィラ」の大半の入居者は長年住んでいた自宅、使用していた家具類を処分して入居している。昨年9月、大塚家具がリユース事業本格化を発表した。「大塚家具のライフスタイルの変化に応じた住環境を提供したい想い」に、入居者の「愛着のある家具など家族との思い出を大切にしながら、新たな生活をスタートしたい」という思いを感じていた公社が共感し、今回の協定となった。

今後「ヴィンテージ・ヴィラ」の入居希望者に家具の価値や思い出を残すリユース提案をする。生活スタイルの変化に合わせ、新たな価値の創造、資源の有効活用、環境への負担軽減等の取り組みをしていく。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

神奈川県住宅供給公社 ニュースリリース
http://www.kanagawa-jk.or.jp/chintai/pdf/0202ootuka.pdf

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

高齢者見守り支援システムが進化!ロボット IoT機器との連携で介護…

ロボットとIoT機器にも対応が可能に株式会社RTC(アール・ティー・シー)は株式会社生活革命と協力、これまで提供してきた、見守り支援プラットフォーム(スマートフォンと離床検知センサーを利用)の機能拡大を実施。 見守り支援プラットフォームで…

続きを見る

2つの暮らし方が選べるサ高住「グレイプス立石」オープン 葛飾区

体の状態や要介護度で選べるフロアタイプ東京都葛飾区に2月28日、2つの暮らし方が選べるサービス付き高齢者向け住宅「グレイプス立石」がオープンする。 「グレイプス立石」は総戸数96戸の、葛飾区では最大規模のサービス付き高齢者向け住宅。施設の…

続きを見る

県内初!「パナソニック エイジフリーケアセンター松山福音寺」をオー…

複数の介護サービスを提供パナソニック エイジフリーは、2月14日、在宅介護サービス拠点「パナソニック エイジフリーケアセンター松山福音寺」を、2017年3月1日にオープンすることを発表した。 新施設の概要「パナソニック エイジフリーケアセ…

続きを見る

ソニーグループの技術・コンテンツ活用し高齢者の生活向上

介護付有料老人ホームで「Life Focus ACTIVITY」を開始ソニー・ライフケアグループのライフケアデザイン株式会社が、運営している介護付有料老人ホーム「ソナーレ」シリーズを中心に「Life Focus ACTIVITY」を開始した…

続きを見る

セントケア・グループが「ふくしのまち大袋」をオープン 越谷市

同施設内で2つのサービスを提供セントケア・ホールディングは、2月3日、子会社である「福祉の街」が、小規模多機能型居宅介護施設とグループホームの2つのサービスを提供する「ふくしのまち大袋」を、埼玉県越谷市内にて、3月に開設予定であることを発表…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る