介護・福祉の最新ニュース

介護関係者から高評価!移乗アシストロボット「Robin-T」のテスト販売をスタート

2017-02-09 15:30

介助負担を軽減
ZMPは、2月7日、韓国唯一の真空移送ロボット専門企業である「ティーイーエス社」の移乗アシストロボット「Robin-T」のテスト販売を、日本にてスタートしたことを明らかにした。

同製品は、すでに韓国約20カ所の大学病院等で導入検証済み。利用者をはじめ、医師、看護師、介護関係者から介助負担の軽減につながると高い評価を得ている。

「Robin-T」の特徴
「Robin-T」は、車椅子などを必要とする人に対して、車椅子からベッド、または車椅子からトイレへの移乗のアシスト機能を備えた製品で、病院や介護施設、住居への機器据え付けの土台設置工事を必要としないため、機器導入後、直ちに利用することができる。

また、内蔵バッテリーを搭載しており、約5時間でフル充電可能。導入検証を行った韓国の病院では、院内における日常利用で、約1週間使用することができた。

価格は60万円(税別)
ZMPはロボット事業を展開中。今回「Robin-T」を手掛けることは、介護、ヘルスケア分野へ参入する足掛かりとなった。

なお、同社は、60万円(税別)にて受注を開始。対象は、同製品の機能評価を依頼できる利用者だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ZMP プレスリリース
http://www.zmp.co.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

生活的なことをちゃんとやる!「生活リハビリ講座2017」 東京都

七七舎によるリハビリ講座東京都豊島区の有限会社 七七舎では、認知症に関するリハビリ講座を開催する。 「生活リハビリ講座2017 人間学的認知症介護論 全6回」 日時:前期5月19日(金)、6月9日(金)、7月14日(金) 後期9月15日(金…

続きを見る

安心して暮らすための遺贈・遺言セミナー

遺言の書き方や遺贈制度に関する知識を学ぶ朝日新聞厚生文化事業団は、安心して暮らすための遺贈・遺言セミナー「おひとりさまの老いじたく」を東京都他3会場で開催する。同セミナーは、おひとりさまや夫婦だけの世帯を主な対象とする老いじたくに役立つセミ…

続きを見る

アルツハイマー型認知症高齢者に対するケアの知識と技術を学ぶ 名古屋

適切なケアのために日本健康医学会賛助会員 お茶の水ケアサービス学院では、アルツハイマー型認知症高齢者に関する講座を開催する。 テーマは「アルツハイマー型認知症高齢者へのケアの知識と技術」。日時は、2017年5月15日(月)9:30~16:…

続きを見る

介護職員としての態度を身につける「接遇研修」 沖縄県

介護福祉士会主催一般社団法人 沖縄県介護福祉士会では、接遇研修を開催する。 「介護職員のための接遇研修」 日時:平成29年5月1日(月)9:30~16:30(9:00~受付) 会場:沖縄県総合福祉センター 東棟4階 401研修室(予定) 受…

続きを見る

パナソニック 「聞き間違えない話し方講座」ウェブサイトを無料公開

高齢者と関わりのあるサービスに向けてパナソニック株式会社は、4月21日、『聞き間違えない話し方講座』のウェブサイトを無料公開した。 同サイトは、高齢者と関わりのあるサービス業務において、聞き間違えやすい言葉とそれを避ける言い換え方法などを…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る