介護・福祉の最新ニュース

介護関係者から高評価!移乗アシストロボット「Robin-T」のテスト販売をスタート

2017-02-09 15:30

介助負担を軽減
ZMPは、2月7日、韓国唯一の真空移送ロボット専門企業である「ティーイーエス社」の移乗アシストロボット「Robin-T」のテスト販売を、日本にてスタートしたことを明らかにした。

同製品は、すでに韓国約20カ所の大学病院等で導入検証済み。利用者をはじめ、医師、看護師、介護関係者から介助負担の軽減につながると高い評価を得ている。

「Robin-T」の特徴
「Robin-T」は、車椅子などを必要とする人に対して、車椅子からベッド、または車椅子からトイレへの移乗のアシスト機能を備えた製品で、病院や介護施設、住居への機器据え付けの土台設置工事を必要としないため、機器導入後、直ちに利用することができる。

また、内蔵バッテリーを搭載しており、約5時間でフル充電可能。導入検証を行った韓国の病院では、院内における日常利用で、約1週間使用することができた。

価格は60万円(税別)
ZMPはロボット事業を展開中。今回「Robin-T」を手掛けることは、介護、ヘルスケア分野へ参入する足掛かりとなった。

なお、同社は、60万円(税別)にて受注を開始。対象は、同製品の機能評価を依頼できる利用者だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ZMP プレスリリース
http://www.zmp.co.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

【新刊】状態に応じた介助方法を写真でわかりやすく紹介『福辺流 力と…

義足の理学療法士が提案する、利用者・介助者双方にやさしい介護技術を紹介中央法規出版は、8月に『福辺流 力と意欲を引き出す介助術』を刊行した。介助される人の可能性を広げるために、状態に応じた介助方法を写真でわかりやすく紹介した一冊となっている…

続きを見る

いざという時のために「災害時の高齢者への対応」 和歌山県

市民公開講座一般社団法人日本認知症ケア学会は、市民公開講座を開催する。 「災害時の高齢者への対応」 日時:2017年 9月30日(土)13:00~15:00(受付開始 12:00~) 場所:和歌山商工会議所 大ホール(和歌山県和歌山市西汀丁…

続きを見る

介護福祉施設向けデリバリーサービス「スマート介護」が「国際福祉機器…

体感コーナーやセミナーで紹介・提案を行うプラス株式会社は、9月27日から29日までの3日間、東京ビッグサイトにて開催される「第44回 国際福祉機器展 H.C.R.2017」に出展し、同社の「スマート介護」事業を紹介する。 「国際福祉機器展…

続きを見る

住民3名が資格取得 レクリエーション介護士2級の団体研修を実施 四…

就労支援制度を使用する住民が取得BCC株式会社の社内カンパニーであるスマイル・プラスカンパニーは、9月12日、三重県・四日市市役所にて実施したレクリエーション介護士2級の団体研修についてのプレスリリースを発表した。 同社は、レクリエーショ…

続きを見る

NISSHAが介護施設向け見守りシステム「ケアワン」を開発・販売開…

無線の見守りセンサーとクラウドを利用日本写真印刷株式会社(以下「NISSHA」)は、9月14日、独自のセンシング技術を用いた介護施設向け見守りシステム「ケアワン」を開発・販売開始した。 「ケアワン」は、特別養護老人ホームや有料老人ホームと…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る