介護・福祉の最新ニュース

世界初バンドサイズ高齢者見守り「みまもーら」開発

2017-02-10 14:00

認知症高齢者の徘徊見守り対策
株式会社みまもーらが認知症高齢者の徘徊見守り対策として、世界初バンドサイズのLoRa+GPS搭載の高齢者見守りデバイス「みまもーら」を開発した。携帯性に優れ、電波は最長10Km飛び、バッテリーは約10年間交換不要である。

近い将来、認知症高齢者が500万人になると言われ、現在警察に届け出がある高齢者だけでも2万人の行方不明者がいる。親子の同居率も低下し、別居している親世代の見守り需要は増すばかりだ。また、認知症高齢者が関連する事故も多発しており、高齢者の行動見守りは急務となっている。

携帯性に優れ、電波は10Km飛び、バッテリーは10年間交換不要
従来の見守り機器、3GやBluetooth仕様の一つであるBLEでは、大きさや電波距離、バッテリー持続時間等の弱点がある。みまもーらでは、LoRaに注目し株式会社EASELとともに開発を進め、特殊構造を持つ基盤の開発に成功し、世界最小サイズで提供できることとなった。シリコンバンドで装着し、重さは30g、電波は10Km届き、バッテリーは約10年持つ。

生活防水にも対応しているので、日常生活を送りながら、緊急時にはGPSで正確な位置を把握、早急に対応できる。今夏よりサービスを開始する予定。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社みまもーらのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000020294.html

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症への理解を深めよう

認知症サポーター養成講座2018年9月11日、盛岡市は「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」では、認知症の症状と診断、治療と予防など、基礎知識を学ぶ。認知症への理解を深めることで、認知症の人や家族、介護者の…

続きを見る

認知症の治療法「リコード法」を日本人向けにした1冊

最新認知症治療法株式会社主婦の友社は、日本における認知症研究の第一人者、白澤卓二医師が執筆した「Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる」を2018年7月11日に出版した。 同書は、米国で9割が改善した認知症の治療法「リコード…

続きを見る

高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー開催 島根

7月17日に松江市で、7月18日には浜田市で開催有限会社 齋藤アルケン工業は、2018年7月27日、高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー『高齢者介護の性について考えよう』について、開催レポートを発表した。 同社は、介護事…

続きを見る

歩行分析から認知症の予防につなげる仕組みを開発

3社が共同開発ZEROBILLBANK JAPAN株式会社(ゼロビルバンク ジャパン)・沖電気工業株式会社・株式会社no new folk studio(ノーニューフォークスタジオ)の3社は、靴にセンサーや無線通信機能を組み込むことで歩行時…

続きを見る

「介護のしごとinまつど 合同就職相談会」8月8日開催 千葉・松戸

千葉県介護人材確保対策事業として開催千葉県松戸市は、2018年8月8日、『介護のしごとinまつど 合同就職相談会』を開催する。 同相談会は、千葉県介護人材確保対策事業として、松戸市特別養護老人ホーム連絡協議会が主催するもの。同市内に立地す…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る