介護・福祉の最新ニュース

コンビニやスーパーが地域見守り活動を実施 茨城県

2017-02-11 18:30

高齢者も安心して暮らせる町に
セブン-イレブン・ジャパンとイトーヨーカ堂、ヨークベニマルは2月10日、茨城県と高齢者等の見守り活動を行う「茨城県の地域見守り活動に関する協定」を締結した。

高齢化社会の進展や一人暮らし世帯の増加、地域拠点の減少といった社会環境の変化によって、高齢者の孤立化などが社会的な課題となっている。

そこで小売業の3社が茨城県、茨城県警察本部、茨城県民生委員児童委員協議会と連携し、高齢者や児童などの見守り活動を行う。

また認知症に対する正しい理解を広めるための取り組みとして、「茨城県認知症普及啓発企業連携事業協定」も締結する。

お届けサービスなどで見守り活動を実施
見守り活動では店舗営業時やお届けサービスを行いながら高齢者や児童などを見守り、異変があった場合は自治体や関係機関と連携して対応を行う。

さらに従業員に対して、認知症サポーターを養成するための教育も実施する。

セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、ヨークベニマルは
商品・サービスの提供だけでなく、地域拠点としての店舗づくりを推進してまいります
(プレスリリースより)

と述べている。

(画像は、茨城県のホームページより)


▼外部リンク

株式会社セブン-イレブン・ジャパン、株式会社イトーヨーカ堂、株式会社ヨークベニマルのプレスリリース
http://www.sej.co.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

明治安田生命保険「高齢者が元気に過ごせる社会」に協力 愛媛県

県と連携して地方創生明治安田生命保険は、3月23日、愛媛県と、地域社会の連携や地域活性化に向け、「愛媛県と明治安田生命保険相互会社との包括連携協定」を複数分野で締結したことを発表した。 高齢者が元気に過ごせる社会に今回両者が協定を締結した…

続きを見る

認知症介護研修の受講者を募集 宮崎県

認知症介護の専門職員を養成する研修宮崎県は3月23日、「平成29年度認知症介護研修」の受講者の募集を開始した。 認知症の介護を行う実務者やその指導者、認知症介護を提供する事業所の管理者などを対象とした研修で、認知症介護の専門職員を養成する…

続きを見る

高齢者虐待の状況を発表 千葉県

家庭での虐待は1,309件厚生労働省が3月21日、平成27年度の高齢者虐待に対する対応状況についての調査結果を発表したのに合わせ、千葉県も同日、県内の調査結果を発表した。 これによると千葉県内で「家庭での高齢者虐待」に関する相談や通報があ…

続きを見る

認知症介護指導者養成研修の受講者を募集 熊本県

認知症介護の指導者を目指す人、募集中熊本県は3月17日、「平成29年度認知症介護指導者養成研修」の受講者の募集を開始した。 この研修は認知症介護の指導者を要請するもので、認知症の専門知識や介護技術を修得するための研修を4週間にわたって実施…

続きを見る

エーザイと認知症に関する連携活動を開始 三重県

三重県とエーザイが認知症に関する連携活動三重県は3月17日、エーザイ株式会社と「認知症とともに生きる地域づくりの実現に関する連携協定」を締結すると発表した。 三重県とエーザイが連携して、認知症についての正しい理解を普及させるための活動を行…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る