介護・福祉の最新ニュース

幅広い年代層から大好評!「福祉のお仕事ジャーナル」を発行 奈良県

2017-02-14 21:00

福祉の魅力をアピール
奈良県は、2月13日、同県社会福祉協議会が、福祉・介護の仕事の魅力や、やりがいを伝える広報紙「福祉のお仕事ジャーナル」の第2号を発行したことを発表した。

人目を引く表紙デザインにも注目
「福祉のお仕事ジャーナル」は、福祉の仕事の「カッコ良さ」を伝えるモノクロの表紙デザインが目を引く広報紙。

福祉の仕事で活躍している人が、仕事の面白さを熱く語るインタビュー記事を掲載し、第2号では、障がい者分野の仕事で輝いている若者にスポットをあてた。

また、福祉の就職総合フェアの紙上体験を掲載したほか、福祉の仕事探しに役立つ情報やイベントを多く盛り込んだという。

ぜひ手にとって
同協議会では、「創刊号」を昨年10月に発行。幅広い年代層より支持され、福祉のイメージアップにもつながると期待を寄せる。

なお、「福祉のお仕事ジャーナル」は主に、大学・短大・専門学校・高等学校等の学校、ハローワーク、市町村社協、福祉人材センター登録者等に1万7,000部配布される予定。同協議会ではぜひ手にとって見てもらいたい考えだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

奈良県 プレスリリース
http://www.pref.nara.jp/secure/173888/fukusijanal.pdf

キーワード: 地域

関連ニュース

明治安田生命保険「高齢者が元気に過ごせる社会」に協力 愛媛県

県と連携して地方創生明治安田生命保険は、3月23日、愛媛県と、地域社会の連携や地域活性化に向け、「愛媛県と明治安田生命保険相互会社との包括連携協定」を複数分野で締結したことを発表した。 高齢者が元気に過ごせる社会に今回両者が協定を締結した…

続きを見る

認知症介護研修の受講者を募集 宮崎県

認知症介護の専門職員を養成する研修宮崎県は3月23日、「平成29年度認知症介護研修」の受講者の募集を開始した。 認知症の介護を行う実務者やその指導者、認知症介護を提供する事業所の管理者などを対象とした研修で、認知症介護の専門職員を養成する…

続きを見る

高齢者虐待の状況を発表 千葉県

家庭での虐待は1,309件厚生労働省が3月21日、平成27年度の高齢者虐待に対する対応状況についての調査結果を発表したのに合わせ、千葉県も同日、県内の調査結果を発表した。 これによると千葉県内で「家庭での高齢者虐待」に関する相談や通報があ…

続きを見る

認知症介護指導者養成研修の受講者を募集 熊本県

認知症介護の指導者を目指す人、募集中熊本県は3月17日、「平成29年度認知症介護指導者養成研修」の受講者の募集を開始した。 この研修は認知症介護の指導者を要請するもので、認知症の専門知識や介護技術を修得するための研修を4週間にわたって実施…

続きを見る

エーザイと認知症に関する連携活動を開始 三重県

三重県とエーザイが認知症に関する連携活動三重県は3月17日、エーザイ株式会社と「認知症とともに生きる地域づくりの実現に関する連携協定」を締結すると発表した。 三重県とエーザイが連携して、認知症についての正しい理解を普及させるための活動を行…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る