介護・福祉の最新ニュース

ヘルパーの指名料等料金設定提案 東京都

2017-02-15 22:00

2018年度より豊島区でモデル事業
2月10日(金)に第15回東京圏国家戦略特別区域会議が開催された。東京都は同会議で、国家戦略特区の枠組みを利用して「混合介護」を2018年度よりモデル事業を豊島区で始めることを政府に伝えた。

混合介護の推進と付加価値サービスへの料金設定
東京都が提案したモデル事業では、現行制度では同時に提供できない介護保険サービスと保険外サービスの同時・一体的な提供。そして、介護保険サービスに付加価値をつけた部分への料金の設定を提案した。

訪問介護サービス提供時に同居家族分の調理、洗濯等を一緒に実施することにより、実質的にヘルパーの業務時間が短縮され、介護家族の利用料の負担が軽減される。

付加価値をつけた部分への料金設定としては、現在認められていない指名料の導入を提案。健康づくりに質する資格・技能を持っている人、外国語や方言等の技能を有するヘルパーの指定料を検討。付加価値をつけることにより、高齢者・家族の不安が減り、多彩なニーズに対応することができる。

忙しい時間帯には上乗せ料金も
また、ヘルパーの需要が集中する食事の時間帯には利用料を上げ、需要が少ない時間帯には下げることにより、需給バランスを調整し、人手不足を補うことも協議。介護スタッフの確保と処遇改善につながり、時間帯に応じた柔軟な料金設定ができる。

今後、利用者の自由な選択と自己決定ができる利用者保護の仕組み、上乗せ料金等が介護職員の処遇改善に確実につながる仕組み、上乗せ料金等の負担が困難な低所得者への配慮等を検討し、2018年度より豊島区と連携してモデル事業を順次実施していく。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

首相官邸 国家戦略特別区域会議 東京都提出資料
http://www.kantei.go.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

介護職員勤務環境改善支援事業「介護ロボット」を実施 熊本県

労働環境の改善を熊本県では、「熊本県介護職員勤務環境改善支援事業(介護ロボット)」を実施すると発表した。これは、介護職員らの労働環境を改善するために、県が介護ロボット導入費用の一部を補助するもの。 現在、ホームページにて実施方針・交付要領を…

続きを見る

認知症普及啓発講演会「認知症の身近な相談場所について」 笠岡市

地域全体で支えよう岡山県笠岡市長寿支援課では、認知症に関する普及啓発講演会を開催する。 「地域全体で支えよう!~認知症の身近な相談場所を紹介します~」 日時:平成29年7月14日(金)13:30~15:30(受付13:15~13:30) 場…

続きを見る

情報を共有して行方不明者の早期発見に繋げる

大槌町行方不明高齢者等早期発見事業2017年6月19日、 岩手県上閉伊郡大槌町は、「大槌町行方不明高齢者等早期発見事業」を、ホームページで紹介した。 「大槌町行方不明高齢者等早期発見事業」では、徘徊の可能性がある人の情報(名前や特徴、写真…

続きを見る

地域住民の支援による介護予防事業がスタート!豊中市

介護予防・日常生活支援総合事業2017年6月15日、大阪府豊中市は、「介護予防・日常生活支援総合事業」をホームページにて、紹介した。 2017年4月から始まった「介護予防・日常生活支援総合事業」では、これまでの介護サービスと介護予防サービ…

続きを見る

警察庁は特殊詐欺への対策を紹介

特殊詐欺への取り組み2017年6月16日、警察庁は、特殊詐欺に対して行っている、取り組みをホームページにて、紹介した。 2014年8月に発足した、「特殊詐欺根絶オール東京プロジェクト」では、東京都内の全自治体が、特殊詐欺による被害を防止す…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る