介護・福祉の最新ニュース

ヘルパーの指名料等料金設定提案 東京都

2017-02-15 22:00

2018年度より豊島区でモデル事業
2月10日(金)に第15回東京圏国家戦略特別区域会議が開催された。東京都は同会議で、国家戦略特区の枠組みを利用して「混合介護」を2018年度よりモデル事業を豊島区で始めることを政府に伝えた。

混合介護の推進と付加価値サービスへの料金設定
東京都が提案したモデル事業では、現行制度では同時に提供できない介護保険サービスと保険外サービスの同時・一体的な提供。そして、介護保険サービスに付加価値をつけた部分への料金の設定を提案した。

訪問介護サービス提供時に同居家族分の調理、洗濯等を一緒に実施することにより、実質的にヘルパーの業務時間が短縮され、介護家族の利用料の負担が軽減される。

付加価値をつけた部分への料金設定としては、現在認められていない指名料の導入を提案。健康づくりに質する資格・技能を持っている人、外国語や方言等の技能を有するヘルパーの指定料を検討。付加価値をつけることにより、高齢者・家族の不安が減り、多彩なニーズに対応することができる。

忙しい時間帯には上乗せ料金も
また、ヘルパーの需要が集中する食事の時間帯には利用料を上げ、需要が少ない時間帯には下げることにより、需給バランスを調整し、人手不足を補うことも協議。介護スタッフの確保と処遇改善につながり、時間帯に応じた柔軟な料金設定ができる。

今後、利用者の自由な選択と自己決定ができる利用者保護の仕組み、上乗せ料金等が介護職員の処遇改善に確実につながる仕組み、上乗せ料金等の負担が困難な低所得者への配慮等を検討し、2018年度より豊島区と連携してモデル事業を順次実施していく。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

首相官邸 国家戦略特別区域会議 東京都提出資料
http://www.kantei.go.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

認知症について学ぶセミナー開催 大阪市

市大病院が認知症をテーマにしたセミナーを開催認知症は誰もがかかりうる病気といわれており、加齢が危険因子ともいわれていることから、誰もが大きな関心を寄せている。 そこで大阪市立大学医学部附属病院は一般市民に向けたセミナー、「第1回認知症セミ…

続きを見る

特許出願「河内晩柑果汁飲料」が認知症改善に効果あり 愛媛県

河内晩柑の皮が認知症に効果愛媛県は9月15日、「河内晩柑果汁飲料」が認知症改善に効果があることが認められたとして、愛媛県、松山大学、愛媛大学、えひめ飲料が共同で特許出願を行ったと公表した。 河内晩柑の皮には、オーラプテンという機能成分が多…

続きを見る

高齢者の家庭内事故にご注意 東京都

事故は家庭内のいたるところで起こる可能性あり高齢者は身体機能の低下などにより、住み慣れた家庭内でも転倒などの事故を起こしやすい。家庭内の事故は骨折など重篤化する恐れも高く、それが原因で寝たきりになる事例も少なくない。 このような背景から東…

続きを見る

最高齢は110歳!百歳以上の高齢者の状況を発表 大阪府

女性が圧倒的多数大阪府は、9月15日、府内の百歳以上高齢者の状況(9月1日現在)について、取りまとめた結果を発表した。   これは、高齢者保健福祉月間期間中に実施される取り組みの一環。府内百歳以上高齢者数は、男性が344人、女性が3,215…

続きを見る

認知症カフェの開催状況を発表 大分県

認知症カフェとは?大分県は9月12日、「大分県内の認知症カフェの開催状況」を発表した。 認知症は誰もがなる可能性のある病気といわれている。現在、認知症の人が安心して暮らせるためのサポート活動の一つとして、全国に多くの「認知症カフェ」が誕生…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る