介護・福祉の最新ニュース

ヘルパーの指名料等料金設定提案 東京都

2017-02-15 22:00

2018年度より豊島区でモデル事業
2月10日(金)に第15回東京圏国家戦略特別区域会議が開催された。東京都は同会議で、国家戦略特区の枠組みを利用して「混合介護」を2018年度よりモデル事業を豊島区で始めることを政府に伝えた。

混合介護の推進と付加価値サービスへの料金設定
東京都が提案したモデル事業では、現行制度では同時に提供できない介護保険サービスと保険外サービスの同時・一体的な提供。そして、介護保険サービスに付加価値をつけた部分への料金の設定を提案した。

訪問介護サービス提供時に同居家族分の調理、洗濯等を一緒に実施することにより、実質的にヘルパーの業務時間が短縮され、介護家族の利用料の負担が軽減される。

付加価値をつけた部分への料金設定としては、現在認められていない指名料の導入を提案。健康づくりに質する資格・技能を持っている人、外国語や方言等の技能を有するヘルパーの指定料を検討。付加価値をつけることにより、高齢者・家族の不安が減り、多彩なニーズに対応することができる。

忙しい時間帯には上乗せ料金も
また、ヘルパーの需要が集中する食事の時間帯には利用料を上げ、需要が少ない時間帯には下げることにより、需給バランスを調整し、人手不足を補うことも協議。介護スタッフの確保と処遇改善につながり、時間帯に応じた柔軟な料金設定ができる。

今後、利用者の自由な選択と自己決定ができる利用者保護の仕組み、上乗せ料金等が介護職員の処遇改善に確実につながる仕組み、上乗せ料金等の負担が困難な低所得者への配慮等を検討し、2018年度より豊島区と連携してモデル事業を順次実施していく。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

首相官邸 国家戦略特別区域会議 東京都提出資料
http://www.kantei.go.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

認知症の人と家族を応援 「カシワニオレンジステッカー」が目印 柏市

ステッカーを目印に安心を千葉県柏市は、5月22日、「認知症サポーター養成講座」を受講した「認知症サポーター」がいる事業所や店舗等に、「カシワニオレンジステッカー」を交付中であることを発表した。 「カシワニオレンジステッカー」は、認知症につ…

続きを見る

介護現場のエピソードを募集 「介護の絵本」を制作 香川県

介護の仕事の魅力を絵本に香川県は、5月22日、「介護の絵本」を制作するにあたり、介護の現場で出会った心温まるエピソードの募集をスタートしたことを発表した。 高齢者人口増加に伴い、「介護職」はますます必要とされる仕事。しかし、児童にとって、…

続きを見る

安全な車社会を目指して!静岡県警察は「高齢者講習」を義務付け

新しい高齢運転者制度2017年5月19日、静岡県警察は新しい高齢運転者制度について、ホームページで発表した。 静岡県警察による、新しい高齢運転者制度では、免許の更新の際、70歳以上の運転者に対して、「高齢者講習」又は、「特定任意高齢者講習…

続きを見る

自分らしく終末期を過ごすための「ターミナルケア講座」 兵庫県

ターミナルケアの手法を学ぶ講座を開講ひょうご震災記念21世紀研究機構は5月19日、県民向け講座“ひょうごヒューマンケアカレッジ「ターミナルケア講座」”の受講生の募集を開始した。 いのちの尊厳と生きる喜びを高めるヒューマンケアの理念に基づい…

続きを見る

高齢者の社会参加を幅広く支援!広島市

高齢者いきいき活動ポイント事業2017年9月より、広島市では、高齢者の社会参加を幅広く促進する、「高齢者いきいき活動ポイント事業」を開始する。 「高齢者いきいき活動ポイント事業」では、ボランティア活動や健康づくり、介護予防に取り組む高齢者…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る