介護・福祉の最新ニュース

健康寿命の延伸に 「カープ坊や」仕様のHMカードでポイントを獲得 広島県

2017-02-16 16:00

広島県の健康寿命は全国的に低位
広島県は、2月14日、健康診断の受診や健康イベントへの参加等でポイントが貯まり、特典を受けられる「ひろしまヘルスケアポイント」の取り組みを、3月10日からスタートすることを発表した。

同県の平成25年時点における健康寿命は、男性が全国33位、女性が46位と低位。県では、県民自らが行う健康づくりを全力でサポートしたい考えだ。

「ひろしまヘルスケアポイント」の概要
参加希望者は、まず、「HMカード」をオンラインで申請し、カード発行のできる薬局等で受け取る。

次に、広島県医師会が整備を進めている医療情報ネットワーク「HMネット」に加入したうえ、指定された数々の健康づくりに向けた取り組みを実践。

「HMネット」の「ひろしま健康手帳」に入力してポイントを獲得すると、貯まったポイントに応じ、協賛事業者のポイント獲得や協賛店での割引を受けることができる。

ゲーム感覚でポイントを獲得
このプロジェクトに参加するメリットは、対応するウェアラブル機器等を導入すれば、歩くだけで手軽にポイントが貯まること、また、消費カロリーや順位など、頑張りを「見える化」することで、ゲーム感覚で進めることができることにある。

なお、取り組み開始にあたっては、広島東洋カープとコラボした「HMカード」を発行する期間限定キャンペーンを実施。県では、疾病予防・社会参加・健康づくりの実践を促し、県民の総合的な健康づくりを推進していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

広島県 プレスリリース
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

明治安田生命保険「高齢者が元気に過ごせる社会」に協力 愛媛県

県と連携して地方創生明治安田生命保険は、3月23日、愛媛県と、地域社会の連携や地域活性化に向け、「愛媛県と明治安田生命保険相互会社との包括連携協定」を複数分野で締結したことを発表した。 高齢者が元気に過ごせる社会に今回両者が協定を締結した…

続きを見る

認知症介護研修の受講者を募集 宮崎県

認知症介護の専門職員を養成する研修宮崎県は3月23日、「平成29年度認知症介護研修」の受講者の募集を開始した。 認知症の介護を行う実務者やその指導者、認知症介護を提供する事業所の管理者などを対象とした研修で、認知症介護の専門職員を養成する…

続きを見る

高齢者虐待の状況を発表 千葉県

家庭での虐待は1,309件厚生労働省が3月21日、平成27年度の高齢者虐待に対する対応状況についての調査結果を発表したのに合わせ、千葉県も同日、県内の調査結果を発表した。 これによると千葉県内で「家庭での高齢者虐待」に関する相談や通報があ…

続きを見る

認知症介護指導者養成研修の受講者を募集 熊本県

認知症介護の指導者を目指す人、募集中熊本県は3月17日、「平成29年度認知症介護指導者養成研修」の受講者の募集を開始した。 この研修は認知症介護の指導者を要請するもので、認知症の専門知識や介護技術を修得するための研修を4週間にわたって実施…

続きを見る

エーザイと認知症に関する連携活動を開始 三重県

三重県とエーザイが認知症に関する連携活動三重県は3月17日、エーザイ株式会社と「認知症とともに生きる地域づくりの実現に関する連携協定」を締結すると発表した。 三重県とエーザイが連携して、認知症についての正しい理解を普及させるための活動を行…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る