介護・福祉の最新ニュース

健康寿命の延伸に 「カープ坊や」仕様のHMカードでポイントを獲得 広島県

2017-02-16 16:00

広島県の健康寿命は全国的に低位
広島県は、2月14日、健康診断の受診や健康イベントへの参加等でポイントが貯まり、特典を受けられる「ひろしまヘルスケアポイント」の取り組みを、3月10日からスタートすることを発表した。

同県の平成25年時点における健康寿命は、男性が全国33位、女性が46位と低位。県では、県民自らが行う健康づくりを全力でサポートしたい考えだ。

「ひろしまヘルスケアポイント」の概要
参加希望者は、まず、「HMカード」をオンラインで申請し、カード発行のできる薬局等で受け取る。

次に、広島県医師会が整備を進めている医療情報ネットワーク「HMネット」に加入したうえ、指定された数々の健康づくりに向けた取り組みを実践。

「HMネット」の「ひろしま健康手帳」に入力してポイントを獲得すると、貯まったポイントに応じ、協賛事業者のポイント獲得や協賛店での割引を受けることができる。

ゲーム感覚でポイントを獲得
このプロジェクトに参加するメリットは、対応するウェアラブル機器等を導入すれば、歩くだけで手軽にポイントが貯まること、また、消費カロリーや順位など、頑張りを「見える化」することで、ゲーム感覚で進めることができることにある。

なお、取り組み開始にあたっては、広島東洋カープとコラボした「HMカード」を発行する期間限定キャンペーンを実施。県では、疾病予防・社会参加・健康づくりの実践を促し、県民の総合的な健康づくりを推進していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

広島県 プレスリリース
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

認知症について学ぶセミナー開催 大阪市

市大病院が認知症をテーマにしたセミナーを開催認知症は誰もがかかりうる病気といわれており、加齢が危険因子ともいわれていることから、誰もが大きな関心を寄せている。 そこで大阪市立大学医学部附属病院は一般市民に向けたセミナー、「第1回認知症セミ…

続きを見る

特許出願「河内晩柑果汁飲料」が認知症改善に効果あり 愛媛県

河内晩柑の皮が認知症に効果愛媛県は9月15日、「河内晩柑果汁飲料」が認知症改善に効果があることが認められたとして、愛媛県、松山大学、愛媛大学、えひめ飲料が共同で特許出願を行ったと公表した。 河内晩柑の皮には、オーラプテンという機能成分が多…

続きを見る

高齢者の家庭内事故にご注意 東京都

事故は家庭内のいたるところで起こる可能性あり高齢者は身体機能の低下などにより、住み慣れた家庭内でも転倒などの事故を起こしやすい。家庭内の事故は骨折など重篤化する恐れも高く、それが原因で寝たきりになる事例も少なくない。 このような背景から東…

続きを見る

最高齢は110歳!百歳以上の高齢者の状況を発表 大阪府

女性が圧倒的多数大阪府は、9月15日、府内の百歳以上高齢者の状況(9月1日現在)について、取りまとめた結果を発表した。   これは、高齢者保健福祉月間期間中に実施される取り組みの一環。府内百歳以上高齢者数は、男性が344人、女性が3,215…

続きを見る

認知症カフェの開催状況を発表 大分県

認知症カフェとは?大分県は9月12日、「大分県内の認知症カフェの開催状況」を発表した。 認知症は誰もがなる可能性のある病気といわれている。現在、認知症の人が安心して暮らせるためのサポート活動の一つとして、全国に多くの「認知症カフェ」が誕生…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る