介護・福祉の最新ニュース

研修資料に使える 「へるぱる春号」 大幅リニューアルして発売開始

2017-02-17 17:15

すぐ使えて本当に役立つ
世界文化社は、2月16日、介護情報誌「へるぱる2017春号」の内容を、訪問介護事業所内の研修資料にそのまま使えるよう、大幅にリニューアルし、発売開始したことを発表した。

イラストも含めた解説を掲載
「へるぱる」は、訪問介護事業所で働くサービス提供責任者・ホームヘルパーが、日々直面する訪問介護の悩みを解決する介護情報誌で、春号では研修を3項目に分けて特集。

例えば研修特集1では、テーマを「接遇を知って介護サービスをスムーズに」とし、介護現場での節度ある適切なマナーや利用者から信頼される接遇マナーを紹介するとともに、基本のマナーとして、身だしなみ・挨拶・態度・表情・言葉づかいの5つの観点から、イラストを交えた分かりやすい解説を加えた。

その他、研修特集2では「認知症ケア1 ホームヘルパーにできること」、研修特集3では「プライバシーの保護できていますか?」をテーマに、訪問介護に役立つ情報を多く掲載した。

そのまま研修資料に
春号の研修特集のメリットは、事業所内の研修にそのままコピーして使えること。また、1年間の必須研修項目を全て取り入れ、1時間で研修を終える進行方法も盛り込んだことにある。

なお、春号の価格は1,900円(税込み)。夏号は5月16日に発売する予定だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

世界文化社 プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000253.000009728.html

へるぱる ホームページ
http://helpal.jp/

世界文化社 ホームページ
http://www.sekaibunka.com/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

広島で「日本通所ケア研究大会・認知症ケア研修会」開催

デイ・デイケアに強く求められるものは何か株式会社QOLサービスの研修部門である日本通所ケア研究会は、地域包括ケアシステム構築に向けた2018年度同時改定後のデイの役割をテーマに「第16回日本通所ケア研究大会(合同開催)」「第13回認知症ケア…

続きを見る

こだわりぬいた「正月二段重セット」「愛知県三河一色産 うな重」が誕…

独自技術を駆使した摂食回復支援食イーエヌ大塚製薬は、10月13日、「あいーと」の季節限定商品として、「正月二段重セット」と「愛知県三河一色産 うな重」を日本全国で、10月23日(月)より販売開始することを発表した。 「あいーと」は、通常の…

続きを見る

転倒危険度評価システム「Step+」にトレーニング機能追加

「転倒予防の日」である10月10日より販売株式会社日本シューターが、「転倒危険度評価システム『Step+(ステップ プラス)』」にトレーニング機能を追加した。 「Step+」は、転倒リスクと相関性があるとされる、二つ以上の課題を同時にこな…

続きを見る

介護職員を支援する「職場環境向上支援員認定講座」開催

介護職員に必要とされる人材を育成するための講座一般社団法人日本元気シニア総研が、11月4日に「職場環境向上支援員認定講座〈介護事業編〉」を開催する。同講座は、GTI、元気で楽しく、生きがいを持ってをコンセプトに、介護職員が必要とする支援がで…

続きを見る

「介護作文・フォトコンテスト」 応募総数720件から入賞者決定

9月27日(水)に開催した最終審査会で決定公益社団法人全国老人福祉施設協議会は、今年で10回目を迎える「介護作文・フォトコンテスト」の応募を行った。 同コンテストは「Cheers!(チアーズ)誰かがあなたを応援してる」をテーマに、年齢・性…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る