介護・福祉の最新ニュース

研修資料に使える 「へるぱる春号」 大幅リニューアルして発売開始

2017-02-17 17:15

すぐ使えて本当に役立つ
世界文化社は、2月16日、介護情報誌「へるぱる2017春号」の内容を、訪問介護事業所内の研修資料にそのまま使えるよう、大幅にリニューアルし、発売開始したことを発表した。

イラストも含めた解説を掲載
「へるぱる」は、訪問介護事業所で働くサービス提供責任者・ホームヘルパーが、日々直面する訪問介護の悩みを解決する介護情報誌で、春号では研修を3項目に分けて特集。

例えば研修特集1では、テーマを「接遇を知って介護サービスをスムーズに」とし、介護現場での節度ある適切なマナーや利用者から信頼される接遇マナーを紹介するとともに、基本のマナーとして、身だしなみ・挨拶・態度・表情・言葉づかいの5つの観点から、イラストを交えた分かりやすい解説を加えた。

その他、研修特集2では「認知症ケア1 ホームヘルパーにできること」、研修特集3では「プライバシーの保護できていますか?」をテーマに、訪問介護に役立つ情報を多く掲載した。

そのまま研修資料に
春号の研修特集のメリットは、事業所内の研修にそのままコピーして使えること。また、1年間の必須研修項目を全て取り入れ、1時間で研修を終える進行方法も盛り込んだことにある。

なお、春号の価格は1,900円(税込み)。夏号は5月16日に発売する予定だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

世界文化社 プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000253.000009728.html

へるぱる ホームページ
http://helpal.jp/

世界文化社 ホームページ
http://www.sekaibunka.com/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

高齢者の「衣服の駆け込み寺」サービス開始 兵庫県加古川市

『「ユニユルク」シニアの衣服なんでも相談ラボ』20日スタート株式会社Sydecas(シデカス)が『「ユニユルク」シニアの衣服なんでも相談ラボ』を20日より開始する。第一弾として、兵庫県加古川市の寺家町商店街内のコミュニティスペースに開設する…

続きを見る

離れて暮らしていても安心の「脳にいいアプリ」登場

脳機能を向上させ認知症を予防するアプリベスプラは2月16日、認知症を予防する「脳にいいアプリ」をリリースするとともに、アプリの活動状況や脳の状況を家族と共有できる「家族用サイト」(ベータ版)を開設した。 「脳にいいアプリ」は脳科学の観点か…

続きを見る

認知症予防の最新研究事例と事業における将来性に関するセミナーを開催…

一般社団法人 元気人福井県鯖江市の一般社団法人 元気人では、認知症予防に関するセミナーを開催する。 「認知症予防事業の将来性と最新の認知症予防研究事例セミナー」 日時:2017年3月12日(日)14:00 〜 17:00(開場13:00) …

続きを見る

「親と子で終活に備える」「5つの臓器を老化から守れ」注目の記事が電…

月間文藝春秋株式会社文藝春秋では、文春e-Books『親と子で終活に備える』 『5つの臓器を老化から守れ』の配信を開始する。電子書籍オリジナル作品となるもので、配信開始は2月10日より。 販売価格は、各200円(電子書店によって異なる場合も…

続きを見る

オリックス・リビング 介護ロボット導入好事例として優秀賞を受賞

「介護ロボット導入好事例表彰事業」東京都港区のオリックス・リビング株式会社は、厚生労働省・公益財団法人テクノエイド協会主催の「介護ロボット導入好事例表彰事業」において、優秀賞を受賞したことを発表した。 「介護ロボット導入好事例表彰事業」は、…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る