介護・福祉の最新ニュース

「健康と保健医療に関する世論調査」の結果を発表 東京都

2017-03-09 20:15

今後の保健医療施策の参考に
東京都は、3月7日、平成28年10月に実施した「健康と保健医療に関する世論調査」の結果を発表した。

なお、この調査に関する標本数は3,000標本、有効回収標本数(率)は1,680標本(56.0%)であった。都では、この調査結果の内容を踏まえ、「東京都保健医療計画」の次期改定等、今後の保健医療施策の参考にしたいとしている。

「自宅療養は難しい」が55%
保健や医療に関する情報の入手方法を尋ねたところ、「テレビ」と答えた人が78%にのぼり、「インターネット」や「SNS」と答えた人は50%だった。

長期の療養が必要になった場合、自宅で療養を続けたいと思うか尋ねたところ、「そう思う」と答えた人が32%、「そう思わない」と答えた人が38%だった。

また、自宅で療養を続けたいと答えた人に、自宅での療養が実現可能かを聞いたところ、「難しいと思う」と答えた人が55%にのぼり、在宅療養の実現は難しいと思う理由については、「家族に負担をかけるから」が74%で最も多かった。

行政への要望
保健医療対策に関しての行政への要望を聞いたところ、「夜間・休日診療や救急医療体制を整備する」と答えた人が51%にのぼった。

また、「高齢者などが長期療養するための病院や介護施設を整備する」と答えた人が39%、「地域の中心となる病院を整備する」と答えた人が37%と続いた。

(画像は東京都のホームページより)


▼外部リンク

東京都 プレスリリース
http://www.metro.tokyo.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

10月8日に介護支援専門員実務研修受講試験を実施 兵庫県

昨年の合格率は13.2%兵庫県は4月21日、「第20回介護支援専門員実務研修受講試験」について詳細を発表した。 試験実施日は10月8日、試験に先駆けて5月15日から「受験の手引」の配布を開始する。受験申請の受付期間は、5月15日から6月1…

続きを見る

認知症の人との関わりを学ぶセミナー参加者の感想を発表 広島県

知識がないと難しい、認知症の人との関わり広島県は4月19日、県立三次看護専門学校が3月22日に開催した公開講座「認知症の人と幸せに暮らすためのヒント」の様子を発表した。 地域で認知症の人との関わりに悩んでいる人や、認知症の人との関わりに興…

続きを見る

家庭でもできる「介護食づくり教室」を今年も開催 佐世保市

介護食づくりに挑戦長崎県佐世保市は、4月19日、普段の料理をやわらかく、食べやすく調理する「平成29年度 介護食づくり教室」の日程を発表した。 開催概要「介護食づくり教室」は、講話と調理実習、試食にて構成。在宅高齢者の食事づくりにかかわる…

続きを見る

「認知症をみんなでささえるまちづくり連携協定」を締結 横須賀市

横須賀市・横須賀市医師会・エーザイ株式会社の連携協定神奈川県横須賀市とエーザイ株式会社、横須賀市医師会が「認知症をみんなでささえるまちづくり連携協定」を4月20日に締結する。認知症に対する理解の促進等、認知症の人が安心して暮らせる地域づくり…

続きを見る

福祉・介護職員の合同入職式の参加者を募集 岡山県

職場の枠を超えて、同期の仲間を作ろう!岡山県は4月6日、福祉・介護職員の合同入職式の参加者を募集した。福祉職や介護職に新規採用された職員を対象に、事業所を越えて同期の仲間づくりを支援するのが目的。 対象となるのは、現在の職場に就職して1年…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る