介護・福祉の最新ニュース

高齢者虐待の通報・相談窓口を告知 高知県

2017-03-10 21:00

高齢者虐待に悩んだら、相談を
高知県は3月8日、高齢者虐待に関する相談・届出・通報窓口についての告知を行った。

「高齢者虐待」とは高齢者が他の人から不適切に扱われ、人権侵害、生命や健康などが損なわれる状態に置かれることをいう。

暴力や身体拘束など肉体的な虐待だけでなく、暴言や無視などの心理的な虐待、介護や世話の放棄、勝手に資産を使うといった経済的な虐待など、さまざまな形の虐待がある。

なかには自分が虐待を行っていることに気づいていないケースもあり、高齢者虐待に対する理解を深め、周囲が見守ることが大切だ。

介護施設の職員も安心して相談を
高知県では高齢者虐待を防ぐために、虐待の相談・通報ができる窓口を告知した。

虐待の連絡先は、高知県 地域福祉部 高齢者福祉課、電話番号は088-823-9630。高知県のホームページでは、住んでいる地域の相談窓口一覧も公表している。

相談窓口に誰から届け出や、通報があったかを外部に漏らされることはない。

また、介護施設などの職員が、自分が働く施設で虐待が行われていることを通報した場合、そのことを理由に運営者が解雇など不当な取り扱いを行うことは法律で禁じられているので、安心して通報してほしいと呼びかけている。

(画像は、高知県のホームページより)


▼外部リンク

高齢者虐待に関する相談・届出・通報窓口 - 高知県
http://www.pref.kochi.lg.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

認知症の人と家族を応援 「カシワニオレンジステッカー」が目印 柏市

ステッカーを目印に安心を千葉県柏市は、5月22日、「認知症サポーター養成講座」を受講した「認知症サポーター」がいる事業所や店舗等に、「カシワニオレンジステッカー」を交付中であることを発表した。 「カシワニオレンジステッカー」は、認知症につ…

続きを見る

介護現場のエピソードを募集 「介護の絵本」を制作 香川県

介護の仕事の魅力を絵本に香川県は、5月22日、「介護の絵本」を制作するにあたり、介護の現場で出会った心温まるエピソードの募集をスタートしたことを発表した。 高齢者人口増加に伴い、「介護職」はますます必要とされる仕事。しかし、児童にとって、…

続きを見る

安全な車社会を目指して!静岡県警察は「高齢者講習」を義務付け

新しい高齢運転者制度2017年5月19日、静岡県警察は新しい高齢運転者制度について、ホームページで発表した。 静岡県警察による、新しい高齢運転者制度では、免許の更新の際、70歳以上の運転者に対して、「高齢者講習」又は、「特定任意高齢者講習…

続きを見る

自分らしく終末期を過ごすための「ターミナルケア講座」 兵庫県

ターミナルケアの手法を学ぶ講座を開講ひょうご震災記念21世紀研究機構は5月19日、県民向け講座“ひょうごヒューマンケアカレッジ「ターミナルケア講座」”の受講生の募集を開始した。 いのちの尊厳と生きる喜びを高めるヒューマンケアの理念に基づい…

続きを見る

高齢者の社会参加を幅広く支援!広島市

高齢者いきいき活動ポイント事業2017年9月より、広島市では、高齢者の社会参加を幅広く促進する、「高齢者いきいき活動ポイント事業」を開始する。 「高齢者いきいき活動ポイント事業」では、ボランティア活動や健康づくり、介護予防に取り組む高齢者…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る