介護・福祉の最新ニュース

返還額は約140万円 「有限会社伸栄介護サービス」を処分 横須賀市

2017-03-10 22:00

半年間の停止処分
横須賀市は、3月8日、介護保険法(平成9年法律第123号)の規定に基づき、「有限会社伸栄介護サービス」が運営する指定訪問介護事業所に対し「指定の効力の全部停止処分6か月」の行政処分を下したことを明らかにした。

6回にわたって監査を実施
市は、平成28年8月に実地指導を行ったが、常駐していなければならないサービス提供責任者が、他の施設に常駐していたことから、監査をスタート。平成28年11月から合計6回実施した監査の結果、人員基準違反、運営基準違反および不正請求の基準違反が判明したという。

人員基準違反については、市より改善指導を受けたにもかかわらず、改善することはなかった。また、運営基準違反については、実際には勤務していない訪問介護員等が指定訪問介護を提供したとする虚偽のサービス提供記録を作成したほか、他の指定訪問介護事業所の訪問介護員等が、指定訪問介護を提供していた。

なお、市では、これらの事業所について、現在利用者がおり、他の事業所へ引き継ぐ必要があると判断。従って、処分の発効日を、平成29年3月22日とした。

返還額は約140万円
今回の処分における不正請求の総額は約103万円。しかし、介護保険法の規定により時効は2年と定められており、約3万円については既に時効扱いとなる。

なお、時効をまだ迎えていない返還額約100万円については、40%の加算金を加えた合計、約140万円となり、今後、返還事務作業を進めていく方針だ。

(画像は横須賀市のホームページより)


▼外部リンク

横須賀市 プレスリリース
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/

キーワード: 事件・事故

関連ニュース

夫婦で虐待 居宅介護支援事業所「オネスト」を処分 神戸市

妻のケアマネも一緒に経済的虐待神戸市は、9月15日、介護保険法に基づいて、居宅介護支援事業所「オネスト」の指定取り消し処分を行ったことを発表した。 この事業所の代表者とその妻で同じくこの事業所の管理者兼介護支援専門員(ケアマネジャー)は、…

続きを見る

「高齢者虐待の状況」を発表 前年度より虐待件数は減少 山形県

今年も引き続き公表山形県は、9月4日、平成28年度の「高齢者虐待の状況」について発表した。 平成18年度、「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」が施行された。県ではこの施行以来、毎年公表を実施している。 結果の概…

続きを見る

「悠久の郷」で職員が入所者を暴行 和歌山県

暴行事案が発生和歌山県は、9月4日、生活保護法第38条に基づく救護施設で、社会福祉法人紀之川寮が運営する「悠久の郷」において、職員による入所者への暴行事案が発生したことを明らかにした。 事件の経緯県福祉保健総務課は、8月10日、「悠久の郷…

続きを見る

「死亡」と誤入力され年金受け取れず 大阪市住吉区

年金を受け取れなかったA氏には一時的に保護費を給付大阪市住吉区役所保険年金課で、区内の後期高齢者医療の被保険者資格喪失手続きを行った際、誤入力のため年金が支給停止となり、該当者が年金を受け取れない事態が発生した。同課ではシステムの理解が不十…

続きを見る

「オー・ハッピー・デイ」など2事業者の指定を取り消し 神奈川県

2事業者を行政処分神奈川県は、6月13日、介護保険法に基づく監査の結果、指定居宅介護支援事業所「オー・ハッピー・デイ」ならびに、指定訪問介護及び指定介護予防訪問介護事業所「太陽の手 亀井野事業所」に対し、「指定の取り消し」を行うことを発表し…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る