介護・福祉の最新ニュース

「色と高齢者に関する実態調査」加齢による視覚機能の低下「自覚がない」という結果に

2017-03-13 21:00

公益社団法人 色彩検定協会
公益社団法人 色彩検定協会は、「色と高齢者に関する実態調査」を実施。その結果を公表している。
調査対象は60代以上の男女1,000人と30代の200人。インターネットによる調査を実施した。

「色の見えづらさを感じない」
調査の結果、60歳以上の93%の人が「色のみえづらさを感じない」と回答。視覚機能は加齢によって低下しているはずだが、それを「自覚していない」という驚きの結果となった。

さらに、60代、70代、80代と年齢が上がる毎に、「見えづらさを感じたことがない」と回答する人が多くなっており、高齢者の自覚が低くなる実態がわかった。

見間違いのエピソード
「色が見えづらい」「色を見間違えた」などの経験をした人(60台以上)の具体的なエピソードは、信号機・道路標識など「自動車運転など交通関連」のカテゴリーが最多。

回答の中には「夜間、歩行者用信号が赤か青かわかりづらかった」「青矢印が見えづらく、ブレーキをかけてしまうことがある」など、事故を引き起こしかねない内容もあった。

一般財団法人日本色彩研究所は、「日常生活での危険を回避できるよう、『視覚能力の低下』の自覚を促すと共に、企業や自治体が、色のユニバーサルデザインに取り組む必要がある」と述べている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

60歳以上の93%が『色の見えづらさを感じない』と回答  加齢で視覚機能は低下するはずが 『年齢を重ねるにつれ、自覚がなくなる』結果に
https://www.atpress.ne.jp

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

パーキンソン病患者に特化した「デイサービス」が誕生 岸和田市

パーキンソン病患者は増加傾向かなえるリンクは、1月17日、岸和田市西之内町に、パーキンソン病患者に特化した通所介護(以下、デイサービス)を、昨年9月1日にオープンしたことを発表した。 我が国のパーキンソン病患者は、10万人以上にのぼると推…

続きを見る

第二弾公開! 3DVRの没入感で「カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢」を体…

ケアサポート・イノベーション施設を建設中社団美心会は、1月11日、3DVR(バーチャルリアリティ)による施設の体感・体験の第二弾として、施設の1階共用部分を、3DVRウォークスルー360度ムービーとして再現したことを発表した。 現在、社団…

続きを見る

さわやか倶楽部 障がい者を支援する2事業所を新たに開設 岡山県

2施設を新規オープンウチヤマホールディングスは、12月29日、連結子会社の「さわやか倶楽部」が、岡山県内に、生活介護事業所、ならびに相談支援事業所を新規に開設することを発表した。 施設概要今回、オープンするのは、「さわやか愛の家さいだいじ…

続きを見る

シニアのためのテーマパーク 「アイリーデイサービス」が誕生

おしゃれで先進的な介護保険施設アイリンクスは、12月25日、兵庫県伊丹市に「シニアのためのスタイリッシュなテーマパーク」をコンセプトとする介護保険施設「アイリーデイサービス」を、2018年1月8日に開業することを発表した。 なお、オープン…

続きを見る

ロングライフ医療福祉専門学院 介護資格講座の申し込みを受け付け中

介護技術や知識を短期間で習得ロングライフホールディングは、12月22日、連結子会社である「エルケア」が運営する「ロングライフ医療福祉専門学院」において、介護資格の取得講座を開講することを発表した。 ロングライフグループは、介護事業をはじめ…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る