介護・福祉の最新ニュース

「色と高齢者に関する実態調査」加齢による視覚機能の低下「自覚がない」という結果に

2017-03-13 21:00

公益社団法人 色彩検定協会
公益社団法人 色彩検定協会は、「色と高齢者に関する実態調査」を実施。その結果を公表している。
調査対象は60代以上の男女1,000人と30代の200人。インターネットによる調査を実施した。

「色の見えづらさを感じない」
調査の結果、60歳以上の93%の人が「色のみえづらさを感じない」と回答。視覚機能は加齢によって低下しているはずだが、それを「自覚していない」という驚きの結果となった。

さらに、60代、70代、80代と年齢が上がる毎に、「見えづらさを感じたことがない」と回答する人が多くなっており、高齢者の自覚が低くなる実態がわかった。

見間違いのエピソード
「色が見えづらい」「色を見間違えた」などの経験をした人(60台以上)の具体的なエピソードは、信号機・道路標識など「自動車運転など交通関連」のカテゴリーが最多。

回答の中には「夜間、歩行者用信号が赤か青かわかりづらかった」「青矢印が見えづらく、ブレーキをかけてしまうことがある」など、事故を引き起こしかねない内容もあった。

一般財団法人日本色彩研究所は、「日常生活での危険を回避できるよう、『視覚能力の低下』の自覚を促すと共に、企業や自治体が、色のユニバーサルデザインに取り組む必要がある」と述べている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

60歳以上の93%が『色の見えづらさを感じない』と回答  加齢で視覚機能は低下するはずが 『年齢を重ねるにつれ、自覚がなくなる』結果に
https://www.atpress.ne.jp

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

もっと魅力のある施設に「浜名湖エデンの園」の建て替え工事がスタート

新たに魅力ある施設に聖隷福祉事業団は、3月22日、介護付き有料老人ホーム浜名湖エデンの園1・2号館の建て替え工事を、2018年10月よりスタートすることを明らかにした。 同法人では、1973年に1号館を、1976年に2号館をそれぞれ開設し…

続きを見る

介護報酬の不正請求と虚偽の報告で指定停止などの処分 島根県

松江テクノサービスの「出雲すずかけの樹」に処分島根県は3月17日、訪問介護事業所の指定取消しと、居宅介護支援事業所の指定の一部効力の停止処分を行ったと発表した。 指定処分となった事業者は、松江市の株式会社松江テクノサービスで、訪問介護事業…

続きを見る

ソフィアメディが27か所目の「訪問看護ステーション」をスタート 港…

27か所目は港区内にソフィアメディは、3月17日、27か所目となる訪問看護ステーション「ステーション白金高輪」を、白金高輪にてスタートすることを発表した。 新施設の概要今回開設する「ステーション白金高輪」の訪問エリアは、顧客ニーズが旺盛な…

続きを見る

腰痛に効果的な対処法とは何か アンケート調査の結果を発表

腰の痛みの対処法は健生は、3月17日、「半年間、腰痛対策として通うなら何を選ぶか」というアンケート調査の結果を発表した。 なお、この調査対象は、20代~50代の契約派遣社員、会社員、会社役員、公務員、医師、士業(弁護士・会計士など)、その…

続きを見る

インターン受け入れで「介護事業」の海外展開を促進 さくらコミュニテ…

介護から「KAIGO」へさくらコミュニティサービスは、3月13日、経済産業省国際化推進インターンシップ事業にて、同社の取り組みが紹介されたことを明らかにした。 同社は昨年10月から12月の3カ月間にわたり、インドネシア大学生のモハメド ハ…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る