介護・福祉の最新ニュース

「色と高齢者に関する実態調査」加齢による視覚機能の低下「自覚がない」という結果に

2017-03-13 21:00

公益社団法人 色彩検定協会
公益社団法人 色彩検定協会は、「色と高齢者に関する実態調査」を実施。その結果を公表している。
調査対象は60代以上の男女1,000人と30代の200人。インターネットによる調査を実施した。

「色の見えづらさを感じない」
調査の結果、60歳以上の93%の人が「色のみえづらさを感じない」と回答。視覚機能は加齢によって低下しているはずだが、それを「自覚していない」という驚きの結果となった。

さらに、60代、70代、80代と年齢が上がる毎に、「見えづらさを感じたことがない」と回答する人が多くなっており、高齢者の自覚が低くなる実態がわかった。

見間違いのエピソード
「色が見えづらい」「色を見間違えた」などの経験をした人(60台以上)の具体的なエピソードは、信号機・道路標識など「自動車運転など交通関連」のカテゴリーが最多。

回答の中には「夜間、歩行者用信号が赤か青かわかりづらかった」「青矢印が見えづらく、ブレーキをかけてしまうことがある」など、事故を引き起こしかねない内容もあった。

一般財団法人日本色彩研究所は、「日常生活での危険を回避できるよう、『視覚能力の低下』の自覚を促すと共に、企業や自治体が、色のユニバーサルデザインに取り組む必要がある」と述べている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

60歳以上の93%が『色の見えづらさを感じない』と回答  加齢で視覚機能は低下するはずが 『年齢を重ねるにつれ、自覚がなくなる』結果に
https://www.atpress.ne.jp

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

「木下の台所」が「味彩」の匠の技を獲得

「味彩」の全営業権を取得「木下の介護」のグループ企業である「木下の台所」は、4月17日、寿司店を発祥とする「味彩」より、全ての営業権を取得したことを発表した。 「味彩」の強み「木下の台所」のテーマは「おいしさで、笑顔と健康を」。介護付き有…

続きを見る

中京圏にて初出店 JR西日本グループがデイサービス事業所をオープン…

店舗網をさらに拡大JR西日本グループの「ポシブル医科学」は、4月11日、スポーツ施設やデイサービスの経営・運営受託を手掛ける「ザ・ビッグスポーツ」から愛知県東海市のデイサービス事業所2施設の事業を譲り受け、4月1日付けにて「ポシブル太田川」…

続きを見る

高齢者住宅「OUKAS船橋」10月開業

生涯の在宅・自立生活を支援する野村不動産株式会社と野村不動産ウェルネス株式会社が、生涯の在宅・自立生活を支援する高齢者住宅の新ブランド「OUKAS(オウカス)」の第一弾として、「OUKAS船橋」を2017年10月に開業する。「OUKAS」の…

続きを見る

自動排せつ支援ロボット「ドリーマー」 無料お試し利用付き新提携モデ…

無料お試しを文字通り実現株式会社えがおは、4月11日、同社が日本総販売代理店を務める自動排せつ支援ロボット「ドリーマー」について、貸与事業所との無料お試し利用付き新提携モデルを発表した。 この新提携モデルは、製品の特性上難しい「ドリーマー…

続きを見る

「かんでんライフサポート」が誕生 関西電力が京阪ライフサポートを子…

京阪電車の介護サービス事業が電力会社傘下に関西電力は、4月11日、同社と関電セキュリティ・オブ・ソサイエティが、京阪ホールディングスが保有する京阪ライフサポートの全株式4,000株を、京阪ホールディングスより取得したことを明らかにした。 …

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る