介護・福祉の最新ニュース

「色と高齢者に関する実態調査」加齢による視覚機能の低下「自覚がない」という結果に

2017-03-13 21:00

公益社団法人 色彩検定協会
公益社団法人 色彩検定協会は、「色と高齢者に関する実態調査」を実施。その結果を公表している。
調査対象は60代以上の男女1,000人と30代の200人。インターネットによる調査を実施した。

「色の見えづらさを感じない」
調査の結果、60歳以上の93%の人が「色のみえづらさを感じない」と回答。視覚機能は加齢によって低下しているはずだが、それを「自覚していない」という驚きの結果となった。

さらに、60代、70代、80代と年齢が上がる毎に、「見えづらさを感じたことがない」と回答する人が多くなっており、高齢者の自覚が低くなる実態がわかった。

見間違いのエピソード
「色が見えづらい」「色を見間違えた」などの経験をした人(60台以上)の具体的なエピソードは、信号機・道路標識など「自動車運転など交通関連」のカテゴリーが最多。

回答の中には「夜間、歩行者用信号が赤か青かわかりづらかった」「青矢印が見えづらく、ブレーキをかけてしまうことがある」など、事故を引き起こしかねない内容もあった。

一般財団法人日本色彩研究所は、「日常生活での危険を回避できるよう、『視覚能力の低下』の自覚を促すと共に、企業や自治体が、色のユニバーサルデザインに取り組む必要がある」と述べている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

60歳以上の93%が『色の見えづらさを感じない』と回答  加齢で視覚機能は低下するはずが 『年齢を重ねるにつれ、自覚がなくなる』結果に
https://www.atpress.ne.jp

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

第一興商 大好評の「健康倶楽部まるごとトレーニング教室」を無料開催…

宇治市からの受託事業第一興商は、7月11日、グループ会社である京都第一興商が、宇治市が指定する施設12会場にて、「健康倶楽部まるごとトレーニング教室」を実施することを発表した。 大好評のプログラム「健康倶楽部まるごとトレーニング教室」は、…

続きを見る

調布駅近に有料老人ホームが誕生

利便性の高い商業地に立地する有料老人ホームヒューリックは7月10日、東京都調布市小島町1-14-3に有料老人ホーム「ヒューリック調布」が、今年3月に完成したと発表した。 都心へのアクセスが良好な京王線「調布」駅から徒歩約5分の商業地に立地…

続きを見る

アンガーマネジメントで高齢者虐待を防止

高齢者虐待防止研修会2017年8月8日(火)、都城市は、高齢者虐待防止研修会を開催する(13:30開始、15:30終了)。 今回の高齢者虐待防止研修会のテーマは、「高齢者虐待防止とアンガーマネジメント~自分のアンガータイプを知ろう~」。江…

続きを見る

さわやか倶楽部 被災高齢者をグループ施設へ無償受け入れ

豪雨被災者を施設に受け入れウチヤマホールディングスは、7月6日、主要連結子会社である「さわやか倶楽部」が、九州北部地域の記録的豪雨で被災した、高齢者の人々を、同社の介護施設にて無償で受け入れることを発表した。 主な受け入れ条件「さわやか倶…

続きを見る

ケアパートナーなど「折り紙活用とQOL向上に関する実証研究」をスタ…

折り紙の効果を検証大東建託は、7月6日、子会社であるケアパートナーが、折り紙業界の草分け的存在である「トーヨー」ならびに「静岡県立大学短期大学部社会福祉学科」と連携し、「高齢者施設における折り紙活用とQOL向上に関する実証研究」を、6月より…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る