介護・福祉の最新ニュース

平成27年度の介護事業所の指定取り消しなど処分が過去最高に

2017-03-14 19:15

27年度に処分を受けた介護事業所は227件
厚生労働省が3月10日に実施した、全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議で資料が公表された。これによると平成12年度以降、指定取り消しや効力の停止といった処分を受けた事業所は合計で1,944件に上ることがわかった。

特に平成25年度以降が高い数値を記録しており、平成25年度で218件、平成26年度で215件と推移。そして平成27年度には227件と、過去最多を記録した。

平成27年度に処分を受けた介護事業者の法人種別をみると、営利法人がダントツで194件。次いで社会福祉法人の14件、医療法人の10件と続く。

処分の内訳は、介護サービス事業所の指定取り消しが119件、全ての効力停止は42件、一部の効力停止は66件だった。

訪問介護が最も多く83件
平成27年度に処分を受けた事業所の、サービス種別の内訳をみると「訪問介護事業」が最も多く83件。次いで「通所介護」の52件、「居宅介護支援」の28件、「認知症対応型共同生活介護」の14件と続いた。

平成27年度の主な指定取り消しの理由で最も多かったのは、「介護給付費の不正請求」。次いで「設置・運営基準に従って運営できない」、「書類提出命令に従わない、または虚偽の報告をした」となっている。

(画像は、厚生労働省のホームページより)


▼外部リンク

全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議審議会資料 - 厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000154636.html

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

老人ホームで「昭和時代のスター写真展」を開催 神奈川県

昭和を懐かしむ展覧会長谷工シニアホールディングスは、6月1日の「写真の日」に合わせ、同社が運営する老人ホーム「メディカルケアセンチュリーハウス溝の口」にて、5月29日(火)~6月28日(木)の期間に「昭和の輝き、銀幕のスター展~写真家・早田…

続きを見る

本来やるべき仕事に集中できる環境作りを支援 介護事務センター7月設…

事務に手を取られることがない環境を作る株式会社オーボックスは、2018年5月18日、大分県大分市にて介護事務センターを本年7月に設立すると発表した。 この介護事務センターは、介護事業者の加算獲得による経営支援や事務代行などに特化する施設。…

続きを見る

全コンテンツをリニューアル 「デイと介護の経営と運営」Vol.42…

介護事業関係者のための専門誌株式会社QOLサービスは、2018年5月15日、介護事業関係者のための専門誌『デイと介護の経営と運営』Vol.42を刊行した。 同誌は、奇数月5日発行の介護・医療に関する隔月刊誌。全コンテンツのリニューアルが実…

続きを見る

「リハビリ特化型デイサービス」新規参入セミナー

全国各地で>新規参入セミナーを6月に開催 QLCプロデュース株式会社は、「介護事業」(リハビリ特化型デイサービス)新規参入セミナーを2018年6月1日(金)東京、6月8日(金)名古屋、6月15日(金)大阪、6月22日(金)岡山、6月29日(…

続きを見る

プラウドライフ 介護付有料老人ホームなど14拠点にインカム導入を完…

業務負担を低減、情報伝達時のストレスも解消プラウドライフ株式会社は、2018年5月8日、同社が運営する介護付有料老人ホームなど14拠点にてインカム導入を完了したと発表した。 同社は、ソニー・ライフケアグループの一員であり、『はなことば』ブ…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る